プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ルノー
随分気に入ってたクリオ系も、ルーツを辿れば5を現代で乗るなら…という思いつきでした。
クリオ1は既に現代車では無い事に気がつくには壊してから…でしたが。
で、運のめぐりか、良いご縁に恵まれて、手放すという前オーナー様から譲り受けました。



歴代の持ち主の方々が随分大切にしてきたお陰で、下回りに腐りがありません!
1400ccにキャブ・ターボです。
ターボより先にインジェクション化が一般的だと思うので、似たような内容の車は少ないんじゃないでしょうか…
欲しい欲しいと思いつつも、まさか人生のうちにターボ車乗る事になるとは考えてませんでした。笑
前のオーナーさんが随分気合い入れて対策してくれた甲斐あってオーバーヒートはまだしていません。
が、信号待ちでの水温計は眼を見張るものがあります。箱根を登る時も然り。
踏めば3500回転から先は文字通りドッカンターボです。その下は踏み切っても無反応!
ターボを気兼ねなく回すためにはそのうちオーバーホールは必要になって来ると思います。
今のところ大きな問題はなく走ってますが伊豆帰りにファンベルトが切れて残念ながらレッカーのお世話に。


最近は毎週末乗ってます。
たぶん、夏は無理だから…!?

スポンサーサイト



フランス車系 | 2019/07/03(水) 23:24 | Trackback:(0) | Comments:(3)
ギブリ

妄想でルンルン気分です。
久しぶりに壊したエアブラシから買い揃えて模型を作りたい気分です。
それも、ジウジアーロのレンダリング、1/1石膏モデルの模型、プロトタイプと市販車の4台をケースに入れて揃えたいのです。
どれも資料が十分あるので、前から作りたかったのですが、プロトタイプは作りかけてそのままですし、今年一年はこの4台作れたらいいなあ。
RM オークション
というのも、つい最近久しぶりに超高級中古車ウォッチしてたら、タイヘンなものを見つけちゃいました。
004番て、市販の2台目ですよね。
初めて見るギブリのエンブレムに、テールランプはミストラル用、今まで見てきたどのモデルよりも番号が若いので特徴的です。
こりゃあ大発見です。オークション公式にまだ当車両のうんちくが記されて無いのが残念ですが、こんな物が今出てくるなんて、世界はまだまだ広いですね…
Maserati Ghibli | 2019/02/03(日) 09:06 | Trackback:(0) | Comments:(7)
古い系

買い物に理由をつける必要は無いけど、ウォルマートで見かけるホットウィールズのせいで火がつき、流石と言わざるを得ません。

僕が小学生だった頃、ホットホイールズ日本上陸を果たし、トイザらスも街のおもちゃ屋さんもトミカと並んで売り出すことに。1999年頃でした。当時、トミカからはMR2は出ておらず、アメリカ製のミニカーにMR2があった事をおもちゃ屋で発見した時は驚きました。しかし、色が紫で地味なのでチーターリバーサイドのオープンカーCutapultを買って帰りました。
このミニカーをみて初期型のボテっとしたウィングを街中で見かけたときは本当にあるんだなあと思いましたね。
ところで沢山買い集めたこれらは高校の時の後輩がmr2に乗っているのであげる物です。

懐かしいのはこっちのコルベットです。
僕がホットウィールズを知ったのは上陸を果たした90年代の終わりでしたから、本当はこの90年代初頭のミニカーは馴染みがないはずです。
しかし、同時に売られていたプレイセットの裏表紙にこの青にホワイトリボンのコルベットを見つけてしまいました。
本来ならその時代のミニカーを写真に写して欲しいところですが…もしかしたらあるかもしれないと、トイザらスにある膨大な数のホットウィールズの中からこれを探そうとしたのを覚えています。。

上にあるパッケージに入ってるMR2のオマケをぼーっと探していたところ、
この青いコルベットを見つけて急に思い出しました。その落札価格$2未満。
懐かしい90年代のホットウィールズ。
それはまだおじさんたちがトイザらスの開店にむらがる前の時代です。
なんとなく、おもちゃっぽくて、コレクター性も低いこれらに惹かれるものがあります。
ミニカー | 2018/12/25(火) 01:13 | | Comments:(2)
Hot wheels

ご無沙汰しております。
最近は出張でアメリカにいます。ついついウォルマートへ行くとホットウィールズを目にして買ってしまいます。
今回はギャッサーがシリーズ化。
金型も全て気合の感じる出来栄えで、思わず全て揃えてしまいました。

Mercury Comet Cyclon


Chevy Super Nova


'63 Nova


'55 Bel air


'65 Dodge Coronet

好みはダッジコロネット、それにきてもこの年代のドラッグレーサーはひょつごりしていて良いですね。全て新作なのかなと思ったら、どれも今までに少しずつ出していた集大成のようです。ダッジコロネットの後輪と前輪の位置を随分変更してるのが好きなんですが、なんでわざわざホイールベース短くするんでしょうか。

それにしても、気合に負けました。
格好がいいミニカーは大歓迎です。
特にこういうトラディショナルな改造車は好みです。最近のホットウィールズは、トレンドに乗りがちなのが目が痛い。

いやいや、ホットウィールズがトレンドに乗っていなかったら、今までも全て否定しちゃう!
単純に今の車文化が肌に合わないだけか。
アメ車系 | 2018/12/25(火) 00:55 | Trackback:(0) | Comments:(2)
クリオ
半年以上経ちましたが特に大きな問題はなく実働状態を保っています。エンジンのポテンシャルも多分悪くありません。速い車です。
ウィンカーリレー壊れたり、スピードメーターセンサー壊れたりはします。スピードメーターが止まるのはルノーではよくあるとの事。普通ならあり得ません…
困っているのが渋滞にはまると回転数が勝手に上がってしまう事。カブり気味になると自動的にふかしてるような、不自然なアイドリング。時々カブるのがよくわかりません。プラグ変えたしプラグコードも変えました。インジェクションなのにキャブレター車のように神経質です。
多分、他の人の車はそんな事は無いはず。
それにしてもクリオ1の時からすると、半年好き放題に遊んで壊れない、良い車だなあと思います。ヘンテコな形とポップな内装には中々馴染めませんが、踏み込むと急に恐いサウンドで加速し、二面性があって面白いです。前の車からすると大分フロントヘビーなアンダーステアを感じます。

Citroen 2CV | 2018/01/08(月) 11:01 | Trackback:(0) | Comments:(4)
ルノースポールへ
クリオ16Vを買って2年弱
車検取得後の実働20日間。工場に預けるも音沙汰無し…僕だって車好きなわけですから、自らの車を運転したいに決まっております。2年間のブランクをもろに解消するのも矢張りルノーでしょう。僕とルノーの汚名もこれで晴れる事が出来るのか!?
既に一台目より長い月日が経ちましたが変なところはありません。たぶん
整備記録を追うとタイベルが交換時期だったので破壊するまえに速攻でディーラーへ持って行きました。流石に二倍と騒がれるだけある値段ですがこの2年間のブランクを考えたら時間に変えられるものは無いのです。安心して乗っています。

フランス車系 | 2017/06/19(月) 20:48 | Trackback:(0) | Comments:(5)
Le mans CLASSIC

一番見たいなっていう車を絞るのは難しいけど、やっぱり300S。









ロングノーズのが格好いいと思っていたけど、ショートノーズ!ステキ!
しかもこのビビッドな赤の方はグリルがきらびやかに仕上がってて綺麗でした。
300s以外にも、A6、ティーポ61、63と…豪華でした。
バードケージは流石にかっこいいんだけど、ツボだったのが63で、
残念なことにこれら二台の走行シーンはプラクティスでしか見れなかった…
300sやA6は最後のレースでも元気な活躍が見れて、走行中の写真もたくさん撮れました。
不調で「そういえば」あれ走ってない!みたいな車も、後々写真を見返すとありますねえ…
ブレッドバンも、最終戦で途中で止まっちゃった。。。
車・イベント | 2016/12/27(火) 22:16 | Trackback:(0) | Comments:(3)
matra m530 lx 19702
next