プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Peugeot PX50
自転車が一同に二台来ました笑
一台は前から挑戦したかったフランスから輸入!!これは当然やってみたくなる行動と言えますが、無事に届いて組み立てました。こっちはまた今度載せます。
で、今回紹介するのはランドナーのPX50。70年代には日本に正規輸入されたので70年代のモデルは結構日本に来てたそうです。
が!
僕の手に入れたPX50はそれより遥か前の63~64年式!

古い街並みが良くてたまたま歩いてた街の駐車場に放置されているのを、僕が自転車を買う前に写真に残していて、気になって写真を見返してみたらプジョーでした。それで、何度かそこを訪れては残っている事を確認し、とうとうこの前持ち主の人と連絡を取り譲ってもらえることになったのです。
バラバラの状態でフレームだけでしたがあとあと詳しくなってみればカンチブレーキなどからPX50とわかって、譲ってもらったということです。

泥よけなどは無いと思って話しかけたら部品は全て大事に残されていて、なんて救われたことか!
とりあえず仮組みしてこんなかんじのモデルです。
高級モデルの特徴フロントフォークがメッキなのが格好いいです。

ということで新車から日本にあるウルトラレアな一台をいずれ乗れるようにするため部品を集めないといけません。
それにしてもこういうのは縁だなあ何て思わされる一台でした。
何でたまたま歩いていた所にあるのか全く不思議です。
そのほか | 2015/12/19(土) 14:23 | Trackback:(0) | Comments:(0)
山北駅前

いいところです。いって来たのはもう先週になるのかな?午後から行ったのでつく頃には日暮れでしたが。。

夏頃にも2CVで散策してきたんだけど、この日もカメラにSDカード入ってなくて撃沈。
この日はダイナモ回して帰りましたが本当に良く回らないので諦めてLEDの小さいの付けました。なんてプライドのないことを…笑
でもダイナモだと止まってる時ついてないし、いつか消えそうなのでこういうのは新しいの頼るべきかな~
そのほか | 2015/01/11(日) 17:07 | Trackback:(0) | Comments:(2)
あけましておめでとうございます。

どうもこんにちは。最近サボリ癖ついててよくないですね。
去年最後の買い物はこれでした。30日に届きました!!
こういう自転車欲しいなぁみたいにぼんやり描いていたそのものが手に入って嬉しい。
プジョーの自転車です。J50だと思います。年式は今年でちょうど40年前じゃないかな!?古いもの、自分よりも年上の物を扱うのは敷居が高く、緊張します。しかもこれは新古車の半未組み立ての状態でした。とくに知識もなく、こういうのに手を出すのは本当に良いこととは思えませんが、乗って見たらよく走ること。
鉄フレームで鉄リム!!重いなりの走り心地?それと妙に軽く感じるような不思議な乗り味。

なにしろ今のセンスじゃないフォルムとカラーリングに惚れ惚れします…笑
沢山写真撮りたいところなんですが、まだスタンドも付けてないので立てられません。でも経済的にも格好的にもつける事はしないかも。。
そのほか | 2015/01/03(土) 13:42 | Trackback:(0) | Comments:(6)
GT40

友人に頂きました。
オートワールドのGT40プロトタイプ


なかなか雰囲気いいですね。
すこし小さめなのもいい感じ。
プロトタイプのシリーズなので、フロントは後の生産型とは違うノーズが特徴的。

このノーズも含めてミウラはこれのコピーなんだなあなんて思わされます…
なかなかいいフォルムで、フェンダーも殆ど張り出しがなくシンプル。
色がアレなのでせっかくの実車に忠実なカラーリングが引き立ってないのが可哀想だけど、手に取るとすっごくいいかんじ!

特定の一台を再現してるだけあって気合の入ったディテール。

細かく穴を開けられたリアには別パーツのマフラーとミッションケースが。
タイヤはこれはグッドイヤーのBlue Streak
アメリカのミニカーなだけあってタイヤまでちゃんとやってあるのがいいですね。
そのほか | 2014/03/09(日) 23:12 | Trackback:(0) | Comments:(0)
トレジャーハント
一昨日買ったパソコン版テストドライブ2。本編は涙が出る程くそつまんない
本編は適当に公道にくまれたコースを何週もさせられたり、一般車のいるとこでスピードトライアルやらされたり。とにかく1分走るのも苦痛なのが逆に凄い。
GTLegendsで906でニュルを60周走っても飽きないしこんな感覚になるのは久々です。
ようするにドライブするゲームとしての能力値を活かしてわざわざレースゲームにする必要はなかった…
本編終えたら楽しいドライブゲームになることでしょう。

なにしろ、隠された廃車をBarn Findして乗ることが出来るのです。これは10台同じ車種をそろえると乗れるんだって。
それがこれで、2CVのしかも66年以降のAZAM
一年違いだったら僕のとおんなじでしたが、レストアされるとホワイトウォールタイヤがついたり仕上がりがアメリカンです。ここが残念
トレジャーハントの車が2CVビートルらへんはわかりますがコブラデイトナクーペやJag Dtypeなどがそのへんに転がってるのは理解し難い現象ですねえ。一台ならまだしも10台集めるんですから…笑
そのほか | 2013/12/23(月) 12:34 | Trackback:(0) | Comments:(0)
レコード
TSUTAYAでCDを借りたんですが、どうしてもレコードが欲しくなり誕生日に自分に買いました。

ジャクソン ブラウンのLate For The Sky
1974年のアルバムです。どうしても欲しくなる程、アルバムに入っている曲の繋がりが綺麗なのです。
これを、レコードを回して聴く贅沢とありがたみ。特にA面の1曲目から最後の4曲目までの流れは最高です。前、レコードを買った時はハードオフにあった知ってるアーティストを見つけて買ってたのですが、これが欲しくて、と言うのは始めて。いかにもレコードらしい時代のアルバムだし、こんなに綺麗なのに送料込み700円ちょっとは安すぎるなと思いました。もちろんこのくらいの値段でなければ手が届きませんが。

表紙はマグリットの絵のオマージュでシボレーが特徴的ですね。歌詞にもでてくるのがまたさ良かったりして。
ジャクソンブラウンはイーグルスのジェームズディーンでもたぶんポルシェの音が入ってるのですが、こっちではシボレーの音を録音してる?車好きですね。
どれも好きな曲ですが2曲目のFountain Of Sorrowがお気に入り。

これもあります。こっちにはRunning On Emptyが収録されています。フォレストガンプがアメリカ横断ランニングする時に流れてた曲で、このシーンに憧れて凄く気に入ってしまったわけです。これがきっかけで知りましたが、80年代の曲はいくつかインターネットラジオで聞き覚えのある曲がありました。
このアルバムではどの曲もスタジオ外録音だったからか、さほど音質の良いものでないみたいです。
こっちはCDが無いのでこれが状態の問題かわかりませんが…
にしても、あの広大な大地を駆けるシーンかっこよすぎ。
他のアルバムも良さそうですが、
良いものを知ると欲しくなってしまう危険性が怖くて笑
そのほか | 2013/12/03(火) 22:46 | Trackback:(0) | Comments:(0)
911SWB

この前フリマに行って最大の収穫がこのホイールでした。
京商の911Rのホイール…400円。FUCHSのホイールはいくつかあるけど初期の奴はこれしかありません。トミカもSを出したけど特有の彫りの浅さが致命的で役目を果たせず、ボディはトミカ、ホイールは京商という何だかお金の掛かる模型です。
京商がボディの横幅寸法間違えなければいい話だし、トミカももう少しホイールに手を加えてやれれば無駄がなくて済むのに。ポルシェにはこのホイール以外手段がないのも凄い。

二個も売ってたのでこうして、手持ちの三台全てにホイールを割り当てることが出来ました。
製作中のFIAと、それと同じスペックでもう一台作るのと、出来たら三台目はノーマル…三台ともレーシングカーでもいいかな?
ノーマルならノーマルのテッチンが好みだし笑
そのほか | 2013/11/25(月) 00:55 | Trackback:(0) | Comments:(0)
matra m530 lx 19702
next