プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Ferrari 250 GT Lusso
13-5-61.jpg
一応完成したので写真撮りに行ってみました。
本当は夜明けぐらいが丁度いいかと思ったんだけど、黄色い日の光と辺りの青みのグラデーションがやわらかいフォルムにマッチしたように思います。
13-5-6 (1)
フロント周りは作業が難航しあまり綺麗に出来たとはいえませんが、
殆ど自分で組み上げたフォルムは僕の物、という優越感が味わえます。
13-5-6 (4)
元々大好きなGTカーではありましたが、こうして作っているうちに更に愛着が湧きました…
スティーブ・マックイーン、エリック・クラプトン、どちらも好きな人物です。
この車を考えるとこの二人も外せませんね。勿論どちらかの車両にしようと考えたんですが、
クラプトンは右ハンドル、マックイーンの車体は左ハンドルだったからかなり有利だった。
そんな中自分の好みの物に仕上げてしまった。
13-5-6 (3)
250GT、ルッソ。250の最終モデルで、351台のみが生産された。
ボディの製造はスカリエッティが担当し、シャーシはLWBではなくSWBだったらしい?
全体に丸みをおびたスタイル、SWBのロードバージョンとでも言える顔つきと、新たな伝統を築くコーダトロンカのスタイル。特徴的なルーフラインと、サイドウィンドウ内に完全に入り込むリアのタイヤハウスから来るバランスが完璧な車だと思います。

モデルでは作っている内にどうしても欠かせない小物である事がわかったグリルの網とか、バンパー、フォグランプ等かなり苦労したパーツが多かった…
でもこの写真で見る限りがんばったなぁ~って感じ。
ちゃっかりステアリングもオリジナルに変えてあるし、結局迷った挙句つけなかったミラー以外は相当やる気に満ちていたと思います…笑
13-5-6 (2)
タイヤはギブリの物を使用。これが本来のスケールであります
ホイールはTRのボラーニ。深いリムに繊細なスポーク表現が最高のホイールです。が、3足スピナーであったら…
更に…

前後のバンパーで実寸よりかなり大きく見えるのがポイントでしょうか。
特にリアのバンパーと、更にマフラーの存在感で、それをいっそう強く感じさせます。
13-5-6 (5)
レトロモービルで見た紺色の美しいルッソ。見た印象は最高でした…
ボディに関しては、大体僕の思ったとおりじゃん!って。それ以外は思ったほど丸々してないっていうのと、
実寸よりかなり大きい(台の上だったから本来の目線とは違うのが残念か)
ただ、これらの問題はバンパーなどの小物類によって全て解消されたと思います。

特に、前後タイヤの位置感覚、前後タイヤハウスが見る角度によってまったく異なる部分はもはやトリックといった様子で、この感じを一切崩さず再現できて嬉しいのです。

レトロモービルで印象に残った車が多すぎて時々整理が付かなくなりますが、ルッソの前に居た時間は相当長かったなー。
13-5-6 (6)
美しいフォルム。これを見たら、ベースがDydoの景品であったなど誰も想像しないはずです。
それほどにルッソのエッセンスを込めて作ったつもりです。
大掛かりな作業、数年かけて作ったモデル。最高のお気に入りがまた一つ増えました。
カスタムミニカー完成車両 | 2013/05/06(月) 15:21 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ROTONDI GTAm
13-3-22 (2)
青いヴィタローニが取り付けられたのでこれにて完成!
口元のROTONDIのロゴがお気に入りです。
13-3-22 (7)
フロントランプもリアもディテールアップしてあるので見栄えがするようになりました。
やらないとちょっと…って感じでした。
ウィンカーと反射板は不透明です。
テールランプ周りの姿は第1弾のGTAのほうが尖っててかっこよかったんですがね。
それでもまあこれもジュリアに見えないわけではないですからね。
13-3-22 (5)
ホイールのゴールドはやり直しました。こっちのが美しい色合いでしょ?
この前のはぼってりしちゃってダメでした…
サイドのゼッケンの前のMOTULはツールオート参戦した回数をそのまま示しています…笑
ミラーはオリジナルのペラペラの奴もかなり出来がいいですが、この車はこっちのタイプでしたので、
プラ棒から削りだしで作って有ります。
13-3-22 (3)
フェンダーのみ黄土色なのが綺麗な色の組み合わせだなぁ。
本当は、もうすこし黄色が明るめなんですけど…
それでもホイールが色が薄くなったので以前ほど違和感はありません。
13-3-22 (1)
結構気に入りました。初めてのデカールでしたが結構面白かったです。
次何作ろうかなー
とりあえずGT40と赤銀のGTAmと、911…
Etypeもライトウェイト・クーペ(とは言わないと思うけど)製作中です。
エランがあればなぁ…汗
エランが無いのがなぁ…同じく現代のレーサーの象徴的な黄緑の26Rが作りたいんですが…
13-3-22 (4)

カスタムミニカー完成車両 | 2013/03/22(金) 13:32 | Trackback:(0) | Comments:(0)
BMW M1 Art Car

12-12-7 (11)
M1完成しました。今回の製作はわりと大きな失敗も無いまま完成しました。
作っている途中、幾つかフェンダーにチップを作ってしまいましたが、何とかタッチアップしてごまかし。
それにしても、いい製作が出来たなと思います。
自分としては大満足です。
アートカーのボディは実車の写真を参考に、細かいディテールにも気を配ったので、ぜひ大きい画面で見てください。
12-12-7 (4)
製作はゼッケンマークと車検シールのベース以外をすべて筆で描きましたが、
筆の味も出たかな。レタリングも製作中は結構アラが目立っていたんだけど、クリヤーを吹いたら違和感が全くありません。
レタリングの微妙なデザインの違いも、筆で思うまま書いちゃえば雰囲気がそのまま写るような気がしました。
この車は79年ですから、そこまで現代の字体とは変わりありませんが、これが50年代の車となればこのアイディアは絶対これ以上に生きます。なにしろ本物も手書きの時代だからね。

12-12-7 (3)
ペイントは不規則なカラーリングを成しているため、引き締めるべき所はしっかりやらないとただのオモチャとなります。なのでオリジナルのパーツをベースにしているけど、実物と雰囲気が変わり無い様に手を加えた部分がいくつかあります。
フロントのウィンカー、ポジションランプの下地の色はオレンジが鮮やかに映えてしまわない様、ポジションよりも明度を落としたシルバーで塗装しました。
テールランプも同様に、裏のボスを切り取った後に下地に工夫を施しました。
M1のテールランプは好きな部分の一つ。このデザインがたまらない。M1は635と同等のランプなんだけど、これは淵が黒ですね。艶の無い黒で淵を塗ってやると一気に見栄えが良くなる。
テールランプではウィンカーのオレンジが目立つように、そしてバックランプが影で赤く染まらないように気を配りました。おかげで1/64とは思えない満足感ある仕上がりです。

12-12-7 (2)
ホイールの一工夫もモデルの出来栄えを大きく左右する部分でした。
リム部分にメタル塗装を施して、ディッシュ部はシルバーを白と黒で割り、金属光沢を落とした色味に塗装しただけで、この様にレーサーらしい重厚感が生まれます。ハイテクを駆使して生まれたレーシングカーの足元には乗用車には見られない細密なディテールが魅力です。
上の写真と比べると、リム部分とデイッシュ部分では、影になった時と光が当たっている時で反射の仕方が違うのがわかります。
それと地面との接着感が劣っていたので、スリックタイヤは紙やすりで丁寧に削っちゃった。
ウォール部分との違う質感が出たので、これまた良い技でした。

12-12-7 (6)
両サイドでまったく異なるキャラクターを見せるパターンがこのアートカーの大きな魅力ですね。
こまかい所まで気を使って、細い筆を丁寧に走らせていきます。
僕はところどころに空気がすり抜けていく様な、細い白の線が一番好きです。
アンディ・ウォーホルが実際にペイントしている映像が残っているのが非常にありがたいですね。
12-12-7 (16)
カラフルなこの面もいいけど、やはり反対側の赤と緑が鮮やかにぶつかりあっているところがこのアートカーのハイライトとも言えましょう。実際、あの強烈な印象こそがM1のアートカーのイメージとして多くの人の記憶の中に留まっているはずです。
こっちの側面はシンプルかつ強烈な反対側と対をなしています。調和というものでしょうか。
12-12-7 (9)
ボンネットにも描かれている白いラインも、平面の塗りも同じ筆でかきましたが、
天然の毛の筆は凄いですね。絵の具の含みが良いので伸びるから、細かい作業もストレスを感じません。
ただし本当に細い線を描く場合は、普通に塗る時よりももっと沢山の水で薄めて筆先で乾かないように、伸びやすい様にした状態で線を引きました。
12-12-7 (12)
模型の出来としてはこういう部分が大事なのかもしれません。
本当ならデカールを使うべき部分でしょうけど、どうしても全て自分の手の作業で完成させたかったので、手書きとなりました。1.1mm程度の小さな文字ですが、IMSAだけでも読み取れる様にしました。字体は少し不安定だけど、肉眼でみるなら問題ないです。ちなみに、さらに細かく見せるように字の色は灰色に近いんです。
全体で見た時も変に部分が浮かび上がってくる事も無いので、見ようと思わなければ目に入らないし、
実際のM1のほうでもこの部分ばかりが目に入るという事は無いはずです。

12-12-7 (13)
リアエンドに、ウォーホルのサイン。完成直後に、サインする姿がとても格好いいです。
この模型に描いたサインはどこまで合ってるか、自信無いかな…笑
雰囲気!
12-12-7 (1)
ドライバーのほうではこのアートカーをヴィンケルホック等がドライブしたそう。
総合6位でIMSAクラス2位だったらしい。

12-12-7 (17)

カスタムミニカー完成車両 | 2012/12/07(金) 23:17 | Trackback:(0) | Comments:(2)
Ghibli1973
12-8-25 (2)
ようやく写真撮れましたー。
外で取った割りにそんないい雰囲気で撮れなかったけど、一応完成と言うことで写真を載せます。

1973年式のアメリカ仕様。
大きいオレンジのポジションランプとでっかいサイドマーカーがゆたかです。
渋いメタリックに似合う仕様だと思います。
12-8-25 (3)
ボラーニワイヤーのボルトタイプ。Etypeのものを使います。
センターロックのものよりもリムが浅いので区別できます。

後期型のアメリカ仕様でワイヤーホイール、これが良い組み合わせだと思います。
マフラーはあえて真っ直ぐ向いた2本の奴に。
12-8-25 (4)
4900ccに3ATで、ワイヤーホイールと来れば、どちらかと言えばスポーツカーとしてではなく、ドライブ向けの車みたいなキャラクターが強く、もろにアメリカ的だとおもいます。
これはこれでいいかなと思います。
12-8-25 (1)
このワイヤーホイールにするとトレッドが狭まっている様に思うんだけど、それも再現。
めちゃくちゃかっこよくないですか。
ヨーロッパ仕様の王道もいいですが、こういうのもまた違った視点から見るととてもいいと思います。

そのうちU.S仕様のミニカーとか流行らないかしら?
全く違う車みたいで面白いんですけどね。ボーラのU.Sもまたつくろうかなー。
カスタムミニカー完成車両 | 2012/08/25(土) 23:14 | Trackback:(0) | Comments:(0)
完成
12-7-28 (4)
セコいですがアメリカ風の空の色になるようにカメラの補正で赤みをおびさせてみました。
結果としては結構いい感じになったんじゃないかな?
これで安心の完成写真が撮れました。
このかんじであればギブリのU.Sモデルにも有効的かもしれないですね。
やはりこういうのは機械の補正に頼るしか無いですね。
12-7-28 (3)
陸に引き上げられた鯨みたいですね。
12-7-28 (6)
色を単色塗っただけですが案外と雰囲気が良かったりして。
ホットウィールの製品だと派手なのが多いから逆にこっちのがリアルだったりして。
12-7-28 (5)
家に飾っておくには”仲間”が全く居ないので寂しい感じですが・・・笑
カスタムミニカー完成車両 | 2012/07/29(日) 00:49 | Trackback:(0) | Comments:(0)
Maserati Bora 1971
12-6-4-2 (11)
実車ばかりになってしまったので、こまごま少しずつ進めてたボーラを。
赤の色あいが大変気に入っている一台です。赤にシートの茶がヤニ臭くってギラギラしたイタリアンなレトロ。これじゃ意味わからないね。
12-6-4-2 (12)
今回はホイールキャップにメッキ追従シートを使用。以前よりシャープさが増して反射がしっかりしました。
中央に向かって吸い込まれているので、見栄えがいいです。
1971年というのはボーラが発売した年、この最初期に存在するモデルがいわゆる安全対策が行われる前のモデルで、何台がこの姿で作られたかわかりませんがリトラクタブルの先端が鋭くとがったタイプを再現しています。
画像でもたまーに見かけますが、その数は殆ど無きに等しく、当時のROAD&TRACKやCAR&DRIVERの記事に出てたような、スクープ写真や最新レビューぐらいでしかその姿は見れません。
12-6-4-2 (10)
この違いは写真で簡単に写せないのが残念ですが、しっかりとそれを再現するように、元のモールドを削って引きなおしています。おかげでシンプルでデザインがわかりやすい素直な顔つきとなります。
この、他とは違うんだ!っていうオーラが存分に味わえるように、赤もボーラによくある朱色に白を混ぜたような色にしたり、サイドシルもメッキタイプにしてちょっとだけ意識的に違いを出しています。
12-6-4-2 (13)
リアのこの雰囲気を出すには、テールランプを考え直すことにしました。
ランプの塗りわけを、オレンジとシルバーの部分だけ色を塗って浮き出しています。本来透明なパーツに越したことは無いんだけど、厚みがありすぎてどの色も区別がつかないんでは意味がありません。
ナンバープレートのCHはどこの県だ?自分で作ってて良くわかりません…笑
車高のバランスは前下がりでリアはトレッドを狭めて調整。いい姿だと思います。
12-6-4-2 (14)
ステアリングはオリジナルに改造してありますが、最近作って無いなあ…
なにしろホーンボタンのHアイズ買いに行かないと…
このアングルが一番このモデルの個性が引き立ってると思います。
他にも沢山ボーラ剥がしましたがこれで十分満足な一台が出来たかも。
ボーラって色数少ないからな…4.9のボンネットダクトつきとかアメリカ仕様だってバンパーも2種類あるから種類は豊富なんだけど、どのモデルの中でも初期型のシンプルさには敵いませんね。
どのモデルも格好良いのは変わらないんだけど、このタイプには美しさとエレガントな雰囲気、
マセラティらしいスーパーカーとは言わせない厳格な高級感なんかが見えています。
12-6-4-3 (1)
IKEAでガラスのコレクションケースを買いました。安っちくて目に余るほどのチープ感がたまらないIKEAですが、
このガラスケースはかえってそれが格好良かったりします。全体像は部屋がなにしろ汚くて見せられないのが残念ですが、全面ガラス張りな上にアルミサッシ代わりにウレタン素材の透明な受けで3枚のガラスを押さえたり、構造が凄くシンプルなので見た感じがすっきり。
組み立ては自分でやるのでめちゃくちゃ神経使って疲れますし、こんなかよ!こんなんで押さえるのか!ありえねぇ!と、苦しみも笑いもごちゃごちゃで楽しい製作だったな。特に、細かいアイディアなんかまるっきり日本とは考え方が違うと思った。面白かった。12-6-4-3 (2)
とりあえず手元にあるマセラティは殆ど入れてみました。
下の段には1/18のTZを置いてます。全4段な癖に高さは自分の身長以上あるし、不経済な飾り方ですがそれがかえってよかったりして。
ガラスケース自体は7000円くらいでした。ついでにオプションで付けられるハロゲンランプも買ったので9000円くらいしたぞ!
買うときはヤフオクで業務用の安いの買おうと思ってたけど、結構いいものが買えました。
カスタムミニカー完成車両 | 2012/06/05(火) 00:03 | Trackback:(0) | Comments:(6)
ナッシュ・クーダ
11-12-31 (4)
ふだんあんまり劇中車とか興味ないんだけど、ナッシュ・ブリッジスに登場するプリマス・ヘミクーダです。
これだけは特別に好きな車です。ナッシュを演じるドン・ジョンソンも大好き!
なにしろ、このドラマのコメディは最高に面白いんです。毎回登場するナッシュの愛車がこれ。
11-12-31 (1)
グリーンライトの1971年式Plymouth'cuda440 convertibleをベースに製作。
リアについているウィングのみの除去で、あとはベースのそのままで製作、あえて作風をミニカーにあわせ、
ナッシュのミニカー!といったイメージでの完成を目標としました。
どうでしょうかこの雰囲気。撮っている場所がふさわしくないけど、ナッシュのくるまといった感じがよく出たと思います。京商みたいにいちいち別パーツになってないからランプ類やグリルの塗りわけは久しぶりにやった気がします。邪魔にならない程度の色合いを意識してライトが塗りであることがわかりにくくなったかな。
11-12-31 (3)
塗りわけには非常に気を使いました。塗装色も細かい箇所の塗りもすべて絵の具ですが、テールランプの横に入るラインとか手書きだし、クーダのエンブレムとかも拘り・・・
一応ベースのモデルにひけをとらないように。
フロントのみのカラードバンパーもドラマのそのままです。
なお、ナッシュの愛車はヘミエンジンでも、426モデル。このモデルは440ベースなので、シェイカーフードに440と細かく入ってたり、劇中で「タイヤはポリグラスジーティーだ!」といってたり。(PolyglasGTは実在しており!グッドイヤー製でした。)
ミニカーでも拘りたかったんだけど、どうしてもここだけは難しいのでBFグッドリッチで我慢…
11-12-31-2.jpg
このドラマを知ったきっかけは小学校だかのころ、黄色いクーダのミニカー(ジョニーライトニング製)の値段がたまげる程高い値がついてたから。その後、これは中学の頃、テストで帰りが早い時期にちょうどテレビで放映されていたのを見たのが初めてでした。ナッシュと相棒ジョードミンゲスのジョークがなにより一番面白く、大好きなドラマです。劇中車でその実車を好きになるという、一番安直な理由で僕としても絶対あってほしくない興味の持ち方だけど、これだけは別だったな。
ナッシュ・ブリッジス、興味のある方はぜひ見てください。僕も全話までは見れてないんだけど・・・

カスタムミニカー完成車両 | 2011/12/31(土) 21:28 | Trackback:(0) | Comments:(6)
matra m530 lx 19702
next