プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
1965 Peugeot PX8



こっちは街が似合いそうな自転車です。
ロードタイプの派生という位置づけか、セミコルス車と呼ばれているようです。
px50の方がまだあまり乗ってないからか、乗り味はこっちの方のがクセがあり面白いように思います。
あまりグローバル意識がなく、国内で発展した感のある妙な感じがいいです。
他の自転車には乗ったことがないから、比べるものがありませんが、
気に入ったものに乗れるのは幸せな事だと思います。
スポンサーサイト
自転車 | 2016/12/18(日) 23:11 | Trackback:(0) | Comments:(0)
1964 Peugeot PX50







フロントバッグも買ったので走ったら楽しそうです。ブレーキレバーがギドネットのままだと、握りが制限されて危ないなと思ったんですが載せて走ってみるとそんなに悪くありません。
なるべく自転車を改造したくないのでロードレーサータイプのブレーキレバーは結局買わなそうです。
譲ってもらった時は、失礼にも水色ともつかぬ実に形容できない色がヘンテコと思ってたんですが、タイヤも付いて、鞄も置いてみるとなかなか雰囲気が良い気がしてきました。見慣れてくるとこれでないと!という具合に奥ゆかしいものがあります。
今日は前輪の振れ取りを行いました。リムはよくてもタイヤが上手く真円をうまく描けません。タイヤ装着ってこんなにたいへんなんですか…笑

当時の状態にしたいので、グリップもオリジナルのsufficit製のゴム製グリップが良くて(バーテープですらないチープさがフランス的)、ようやくバーとステムごと手に入れたものの…
ブレーキレバーどうやって通せばいいのか、通せないからゴムグリップ外さなきゃいけないのか、外れるのか…と考えるうちに使用を断念しました。

が、最近見たら日本のアマゾンにSOYOとかいうメーカーから、ピスト用ロンググリップなるものが売られていました。
これで良いんじゃ!?と期待を込めて必要な4つ分を買ってみました。
模様こそ違いますが、雰囲気はオリジナルに準じております。
このオリジナルのバー一式はそのまま大切に保管して、いま使ってるバーにとりあえずつけてみようと思います。
楽しみ。
自転車 | 2016/12/17(土) 23:01 | Trackback:(0) | Comments:(0)
Peugeot PX50





去年の暮に手にいれてから、実に八ヶ月掛かりました。その間にはやる気がなかったり、部品を待ったり、部品が売りに出るのを遠く首を長くし待ち…
ハブから始め、ボトムブラケットに手を出し、やるならヘッドセットにもと、玉とグリスを新しくやり直しました。使ったグリスは茶色いリカーグリス、古い自転車を専門にしているお店に直接伺いました。
そしたら、隣のPX8よりも調子が出ています。こっちはまだボトムブラケットだけ手をかけてあげてないのだ…こんなに違うとは。勉強になった…
まだ、変速機が調子が悪そうです。スプリングが弱ってるのか?珍しい初期のプレステージの、プラスチックボディ自体に歪みが出ているか…とりあえず走れるので様子を見てるんですけど、初心者にはよくわかりません。自転車に付いて一緒に残って来た物だから、黒い後期で代替したくありませんが、、、
こうして一応は'65 PX8,'64 PX50が揃って外に出せるようになりました。
家に来た日にちが同じで年式がこれほどに近いのも僕としては面白いです。エンブレムのデザインがちょうど変わる過渡期です。この次は横の半手引きピンストがデカールに変わってしまいます。たった二年間程度の出来事だと思います。

春には三浦半島を一周して…と、夢のような完成の日がやってきましたがここから先の微調整が凄い大変そうです。










初代オーナーが昭和40年頃
高校の通学用に買ってもらった自転車だそうです。新車から日本にある、六十年代のプジョー。
ヤマハが輸入を始めたのが1973年だそうだから、この時代のプジョーはどれだけ輸入されて、いくつ残ってるんだろう?

自転車 | 2016/08/08(月) 22:16 | Trackback:(0) | Comments:(0)
Peugeot UE8

クリオが来た頃に買ったのですが、載せてなかったみたいなので載せてみます。
プジョーのUE8です。日本に送られて来た正規輸入の物で、フレームサイズが小さいのです。このデカールは70年から75年頃までの物です。ボロでレストアベースですが
それだけのつもりで買ったらディレーラー、ハブ、サドル(高価…)ペダルが日本の、、、に変わっていて、そこはがっかり。きっと、昔っから乗っていたのでしょう。だめになったら取り替えて…で残って来たのでしょう。ありがたい話ではあります。

UE8はアメリカ等の輸入専用車でした。高級仕様の証メッキのフォークが格好いい。白っていうのも、当時のチームの自転車と同じで尚更良し!
サドルのシート面がママチャリ並みにブヨブヨに柔らかく落ち着かない…

その後すぐに友人に譲って今は手元にありませんが、しっかり整備してくれています。

自分も本国仕様のランドナーPX50か、これと同じようにでかいタイヤのPX8の60年代の奴が欲しくて、
今どれにしようかと毎日売り物とにらめっこ状態です。
程度がよくて年式好みで良いグレードのPX系で、色も好きな色で…なんてやってたら何日探しても決まりませんがな…特に色ってのは無理はわかっていても、この色、ちょっとなあ…とか。塗り直す訳には行かないですし




自転車 | 2015/12/04(金) 20:27 | Trackback:(0) | Comments:(0)
山登り

休みも自転車で出かけました。
家のすぐそこから山になっているので、スピードを出すよりは…と、山に登るようにしています。
しかし、下りは速いですねぇ。。笑タイヤが保管されてたままなのでスポークの歪みを治さないと

新緑の季節、この姿に路肩の緑がよく似合います。
自転車 | 2015/05/06(水) 18:00 | Trackback:(0) | Comments:(0)
取り付いたところ

色々ありましたがなんとか取り付けられました。良い位置まで落とせましたが、ほんとはもうちょい落としたかった!が、なんと引っ掛かりがあってこれ以上は落ちませんでした。まあでも十分低いかな。

ブレーキワイヤー、アウターの白はシマノが普通に使えました。なにも加工しないで付きました(それだけで何と嬉しいことか…)
ブレーキの取り回しは日本と左右で逆なんだそうで、そうにしてみました。慣れません。
ブレーキレバーにワイヤーを固定するアジャスターは困った事にオリジナルのネジ式が使えなかったために家に捨ててある子供自転車から拝借。良い具合にいたんでいます。でも、よくみたらアウターのセットにプラ製のが入ってた。でも結果こっちのがいいんじゃないかなあ。はまんなくてこれも削って…
ようやく組みあがり、ブレーキの調節も済ませて乗ってみたところ、あーこりゃいいなあと。。

ハンドルの持ち手が低いとこんなに空気抵抗少ないのかと改めて感じたところです。
ちなみにデルリン製のギドネットレバーは格好もにぎった感じもいあけど慣れませんねぇ。
自転車 | 2015/04/17(金) 17:04 | Trackback:(0) | Comments:(2)
ハンドル
すっかりご無沙汰してしまいました。
絵は描いているんだけど、模型は全く手をつけてません。。

すこし遊び心でいじってみようと思ったものの、うまくステムがはまらず…
ステム、ランドナーバー、ギドネットレバーと揃えて売られてたものを買っちゃいました。時代もあってるはずだし、なにより値段が手の届く範囲で嬉しかったです。惜しいのは、ブレーキレバーがブランドのマファックなのに対し肝心なブレーキは安物なの笑
ステムがしっかり奥まで入れば、もっと格好もしっかりするとおもうので楽しみです。
バーテープなんかも続いて注文して、いつ組み上がるかなあ~。楽しんでいます。
自転車 | 2015/04/17(金) 00:14 | Trackback:(0) | Comments:(0)
matra m530 lx 19702
next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。