プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ルノースポールへ
クリオ16Vを買って2年弱
車検取得後の実働20日間。工場に預けるも音沙汰無し…僕だって車好きなわけですから、自らの車を運転したいに決まっております。2年間のブランクをもろに解消するのも矢張りルノーでしょう。僕とルノーの汚名もこれで晴れる事が出来るのか!?
既に一台目より長い月日が経ちましたが変なところはありません。たぶん
整備記録を追うとタイベルが交換時期だったので破壊するまえに速攻でディーラーへ持って行きました。流石に二倍と騒がれるだけある値段ですがこの2年間のブランクを考えたら時間に変えられるものは無いのです。安心して乗っています。

フランス車系 | 2017/06/19(月) 20:48 | Trackback:(0) | Comments:(2)
ペイント

この肌触りはやっぱり同年代のマジョレットそっくり。。
フランス独特の安っぽさ、特に塗装の質感、かなり似た表情です。
ちょうどいい事に、同年代のSMの、似た色を持っていたので比べて見ましょう。

まず銀を塗ってからなんだと思うんですが、その上から色のついたクリヤーが吹かれてて、こんな色になる。
SMのが濃いけど、やっぱりだいたい同じ。なにしろ、爪を立てればペキペキと勢いよく剥がれ飛ぶ塗膜の弱さが…笑
この自転車は新車だっただけに気をつけているけど、それでもフォークに車輪を初めて組み付けた時は血の涙でしたよ…そういえば去年みたオリジナルペイントの304も、こんな風合いの塗装でした。薄っぺらくて、梨っぽい肌!

フランスの自転車、プジョーが好きになったのは、昔~から慣れ親しんでいるマジョレットの作りに似てるからだと思うと、ふとマジョレットのDSが欲しくなってきた!
自転車のパーツに紛れてebayウォッチしてみよう。

フランス車系 | 2016/03/07(月) 22:18 | Trackback:(0) | Comments:(0)
新年

あけましておめでとうございます。
新年のご挨拶を頂いておきながらこちらからのご挨拶が遅くなって申し訳ありませんでした。
それでは、今年もよろしくお願いします。今年は去年より文章を残しておきたいですね。


買って間なしにエンジンを壊して今年に入って友人の御父様の修理工場へ行ったところです。
多分、オイル上がりで車検時に入れ替えたオイルが全部なくなってて気づかず走ってたらメタルの異音を聞き取りようやく気づいたという訳です。

そんなわけで車に対して特に書くこともなくなり(たくさんあるわけですが)
これも多分僕が買った時には既に載せ変わっていたと思うので、三つ目!?のエンジン。。

壊れてる最中でもそれ用のホイールを見つけたのでとりあえず変えておきました。ウィリアムズレプリカ。

自転車はとりあえず純正のリムがかなりへこみがあったりしてブレーキにも影響があるので最近のアルミをとりあえずはめておきました。
Rigida製のクロームリムなのですが、
これが調べてみると中々ない…!
年式でブレーキが当たる部分の模様が異なるために、僕の年式の模様のはいつまで探して待てばいいのか見当がつきません。
買ってから違いを知ったり奥が深い…
へこみがあっても、部品が高年式に変えられてた…よりもオリジナルであれば手元にあってほしい感じ。

で、泥除けは亀甲模様でクラシカルなのが良いけどこれはオリジナルではありません。黒いラインが入ってるとこまでは一緒なんですけどね。これも兼ねなんだか独特の雰囲気が出ちゃってて、これはオリジナルじゃない!だの程度が悪い!とか散々気にして今まで購入に踏みとどまってたのに結局雰囲気で買ってしまうという。
向こうの自転車やさんが外されてた泥除けなんかをできる限り近い状態に戻してくれたって感じが滲み出ててちょっと好きなのです。
ライトはあんまり見ない白いシビエだし、泥除けの上に着くキャリアも形同じだし!!

年代違いでもいいので真っ直ぐなリムがあったら、欲しいなあ。
ウィリアムズのホイール履かせたりオリジナル意識がかなり落ちているこの頃…こんな事も少し前じゃ考えらんない事なんですが。。
いずれにせよ、乗り物は走らなきゃ意味がないということで、とりあえず走れるようになった自転車に乗って車が治るのを待つことにします。
フランス車系 | 2016/01/09(土) 23:54 | Trackback:(0) | Comments:(2)
クリオのミニカー

1/43のミニカーです。手前がソリド、奥のはユニバーサルホビー。
出来はどっちもどっちですけど、どちらかと言うと出来の良くないソリドの方が愛嬌あります。形も格好いいし。

紺色のこのカラーリング、かなり格好いいですね。
フランス車系 | 2015/11/04(水) 20:58 | Trackback:(0) | Comments:(2)
クリオ

無事に車検も取得し、乗るのに必要なあれこれ手続きも済まし。
ようやく落ち着いて乗れるようになりました。
結構硬派な車でキャンバー角が純正でも見るからに寝てる。こうもネガキャンな車に乗ると慣れなくて切り込み過ぎちゃう。その恩恵かクルクル回って面白いです。
なんか安定感が良い感じです。11万キロの中古車でもまだまだ元気みたい。

内装外装、樹脂の経年劣化がひどく、少しずつリフレッシュできれば良いんですが。ホイールも、当分このままだろうな。。
なにしろ、乗り始めでどこが壊れるかわからなくて外見にまで手が回らなそうな気がしますねえ。今のところバッテリー弱いのと、ファンのセンサーが壊れて付きっぱなしです。壊れて動きっぱなしなので走ってる時にオーバーヒート気味にはならなくなって助かってますが…
フランス車系 | 2015/07/08(水) 13:16 | Trackback:(0) | Comments:(3)
ルーテシア16V

僕の新しい車。。
91年式のクリオを買いました。必然的に今年車検の2CVは経済的に冬眠させなければならないと言う、長くのるつもりだったのにたった一回の車検で切る事になるとは自分が一番驚いてますが…
クリオ16S、じつはちょっとした憧れの車でした。兄が106なら僕はクリオに乗るのも、当然の流れというか…笑
この時代のフランス車はどれも気になるものばかりでしたね。懐かしのあの頃のフレンチブルーミーティング。この頃ってフランス車を街中でみる事は滅多にありませんでした。今とは違って正に外車自体が趣味の世界という。405や21ターボ…変わった格好良さがフランス車のいいところだったな。

小型車に1.8の大きなエンジンを積んじゃうところがルノー流、ちょっとしたストップアンドゴーでオーバーヒート気味になるのもルノーらしいというか…笑
車検は予備検査までうけて帰ってきました。心配していた内装のごっついのとかデビルマフラーの音量も問題無し!後はもう一回陸自いけば路上へ繰り出せるのですが、帰り道パンクしてタイヤ待ち…まさかタイヤが最初とは思いにも寄らなかった。。

買ってきた時は流石に値段相応な外見でしたがコンパウンドかけまくったらめちゃくちゃ綺麗になりました。こういう微妙な年代の車は痛んだまま乗っていてもドア当てられたりぞんざいにされていい事ないですからね。
なにより満足感もありますけど。

来週中にはナンバーが付いたらいいなぁ~
フランス車系 | 2015/06/25(木) 23:51 | Trackback:(0) | Comments:(2)
905

スパークから。905です。
いー車です。大好きなクーペボディではありませんが、この傑作フェイスの初期モデルなだけでも有難い!
値段が1100円というのは買わないわけにはいきません。笑
すっごい安い他のお店でも4900円とかで売ってたもの。。

それにしても良い時代です。
205に始まりこの時代のプジョーって自分にとってとても馴染み深く懐かしい気持ちにさせられます。
その昔プジョーの小さな本に載っていたり、チョロQになっていたり。
明らかに市販車のイメージを狙ったこの顔だったり、プジョースポールの洒落たライン。もうこれも一昔もふた昔も前の話なわけですな。

幼稚園小学校と欠席無しのフレンチブルーミーティング。
昔のこのイベントは良かった!何がいいかって、最近気づいたんだけど、405だったり21ターボだったり、205、AXにサンク!自分ちの306もそうだし106も、皆個性的でとにかくカッコよかったわけか!と。
とにかく皆カッコいい車たちだったんだと今更ながら憧れの的となっています。
今年も少なからず居た106xsiやクリオ16V、うちのと同じマイナーチェンジ前の306なんかを中心に、あの時代の生き残りばかり写真に収めました。
途中すれ違った赤い405Mi16の何と綺麗なこと!末長く維持して欲しいと思いました。
80~90年代、フランス車が花咲いた時代だったんですね。
フランス車系 | 2014/10/21(火) 00:32 | Trackback:(0) | Comments:(0)
matra m530 lx 19702
next