プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
frrari 250lusso 2
250Lussoもまた、作りたい1台としているけど未だに完成する目途がつかない!!!
しかも少しずつミニカーの時間は削ろうと思っているので更に!笑

frrari 250lusso 2 (1)
パテを盛ってサイドを豊かにします。
マッチボックスのルッソの、上から見たらラッコさんも実は間違ってはいないと思う・・・
フロントが思いのほか大きく、続くリア回りはだんだんすぼまっていくのである。
だからこそ角度によってみせる形はいろいろになってくるし、これが真四角状にもしなっていたら・・・

パテの一番盛った部分はフロントホイールアーチ後ろ。
ここを頂点に、フロントオーバーハングへ、そしてリアエンドへと緩やかに円を描きました。
さてまだ終わりません笑
ここからも長いだろうと。

ferrari 250lm 11
特有のスーパーレッドの塗装を剥がして現れた鉄肌は思いのほか正確で、
関心すら出来る1台だと思われる250LM。
完全に目の内にいれていなかったこのミニカーがここまで素晴らしいフォルムだったとは恐れ入った。
それはリメイクの1台と比べれば明らか。
ferrari 250lm 11 (1)
右はリメイクで出た250LMをリペイントした1台。
この紅色は僕のお気に入りの色だっただけに、欠点に気づいた瞬間はショックでした。
この微妙な色合いはいつでも出せる自信が無いだけにへこむ・・・笑
この真上からの目線なら誰だって欠点と思うでしょ、リアの終わり方!!!!笑
こんな真四角だとゾッとしてしまう・・・!!真四角だとどういう見え方になるかと言うと、
斜め前から見たときリアエンドが中々終わってくれません。撃沈。

左と右を比べれば車の枠は大きさなのに!こんなに大きさが違って見えてしまう。
リメイク版とは何だったのでしょうか。ディノといい、あまり良いとは思えないかな・・・
リペイントしてしまっただけにガッカリです。やるならこっちでしたね。
ということで今既に色がはがれているわけですが、
いまさら166mm等必死に探してみています笑
old系は全部色剥がしてみようかな。


※ちなみにこの2台はフロントエンドが違う個体を再現しているんですが、
いまいちリメイク版はどのタイプをモデル化したのかも正確ではないです。
Citroen 2CV | 2010/09/29(水) 21:26 | Trackback:(0) | Comments:(2)
カスタムミニカー記
10-9-28-1.jpg
レンズをまた違うのに変えてみたら、これはパースが効いて写りがまた違う。
近くまで寄れる距離はそう変わらないけど、大分違う。
引越しで頂いたNIKKORのズームレンズ。これはズームを手で動かして35から105まで動きます。
写したのはこれまた完成済みなのに載ってなかったボーラ2台。
そろそろ綺麗にしてから記事にします。

10-9-28 (1)
で、これも引越しで頂いた望遠レンズ!
これがあればサーキットも楽勝なんですよね。これで3つのレンズが天から降ってきたことになります。
レンズも買うとかなり高い、僕には買えない代物です。欲しいと思って買える物でも無いので、非常に嬉しくて、 ついてるぜ!なんて安直な言葉で訳せないほど喜んでいます。
もう一つ、ニコンのレンズがあり、それはカビが侵攻しており使えなかったのは残念です。
写ってるのはこれもまた完成したけど旅行に行っていたので載せてなかった最新3台。
エスパーダは臨時で思いつき、この2台に合わせて作りました。
結局旅行に間に合い持っていきましたが特に写真を撮らなかった…
3台ともまた今度紹介します。

buick50.jpg
不要としてゴミ袋1杯にもらった時に入っていたヤトミンの'50Buick
屋根のピラーが折れていて、普通にこのまんまで良いんですが
buick50 (1)
じつは好きな・・・笑
ホットロッドにしている最中。1949年マークが本当は大好きなんですが、ミニカーがいいのが無いので、
ビュイックでやってみてます。この年代のチョップトップの車はこれはまたそれで美があるとも思いますよ。
buick50 (2)
MARKのチョップしたクーペのカッコよさって非常に気に入っているんですが
そのイメージでビュイック・・・・と言ってもあまりうまくいかない。
特徴的で時代の象徴の様に思うあのクジラ風のグリルが、カスタムになると少しバランスが取れない・・・残念だ。
マークぐらいシンプルな装飾が一番いいんでしょうか。
少し考え中。
'50Buickならクーペのノーマルが一番だ・・・笑


カスタムミニカー | 2010/09/28(火) 22:06 | Trackback:(0) | Comments:(2)
citroen 2cv 1970 running (3)


citroen 2cv 1970 running (2)


citroen 2cv 1970 running (1)


citroen 2cv 1970 running

町並み等も良いが、やはり景色のいいところへ行きたかった。
秋吉台へ行って、2CVの素晴らしいドライブである。前日が暑い中トップをあげて走ったら厚いも熱いも無い!って状態だったので、閉めた状態でしたが、気分のよさと来たら・・・

写真は降ろしてもらい、快走する様子を何度か撮らせてもらったところ・・・
乗員はほぼフルでロールしている気分だったそうだが、実際まだいける笑
このロールに備え荷物の位置の変更など忙しい。

ちなみに凄い横倒れ感を感じるも、よほどのことが無い限り絶対に倒れない車なのだ・・・
まだロールの余裕があるとは言え、
イン側は結構上がってるね。意外と沈むではなく上がる方が強いのでしょうか。。。
フロント泥除けは結構ギリギリ。
Citroen 2CV | 2010/09/24(金) 12:23 | Trackback:(0) | Comments:(7)
2cvの旅





2cv yamaguchi
とくにいくあても無い。

ただ2CVで遠くまで行くという事を達成させるために
山口県まで家族4人行ってきました。
車の構造的にもいつ死ぬか解らぬ。覚悟を決めて、決して油断できない旅、
帰ってこれて何より嬉しいです。

山口県のイベントでちょうどSLが走るということで、並べて写真を撮ったり・・・
SLの汽笛の音が素敵なのを、始めて実感した瞬間でした。
2cv yamaguchi1 (1)
途中、新しい仲間に遭遇した!!!

2CVで大阪を超えた辺りで、なんとCXが後から走ってきた!
屋根全開なのでそのまま手を振る。
次のSAでは初対面も無くそのまま仲間なのである。

こういう車だから有り得る事だけれど、
こういう出会い方は非常に稀だと思う。
そしてそのままお互いに目的地の到着を祈ってお別れをしました。
2cv yamaguchi1 (2)
車検を取る前は1年以上もねてた2CVは、トラブルの予感も無く好調。
心配事は事故が無ければ・・・と言う感じでした。
2cv yamaguchi1 (3)
岡山と広島辺りでは、景色も道路の雰囲気もかなり素敵でした。
旧車にぴったりの状態で、交通量も極端に少なく、のんびり楽しい走行です。
そしてごらんの様な綺麗な夕日と夕暮れを見ながらは本当に素晴らしかったです。
ただ走るだけ・・・
走るためのスケジュールで、宿を指定し、そこへ行くだけです。
そして余裕を見て近くを観光するのです。
よほど車に乗ってるのが楽しくないと出来ない事だと思います…


土産も特に無く・・・
写真だけはあふれる程撮って来ました。また乗せようと思います。
Citroen 2CV | 2010/09/23(木) 01:49 | Trackback:(0) | Comments:(2)
ライト
ferrari 365 gt42+2 2
フロントセクションは、角の効いたボディラインに埋め込まれたランプが特徴的・・・
この部分がボディと上手くスムージングが出来ているかが完成度に大きく影響しそう…
勿論、京商のそれをそのままくっつけるのは×
これも作り直しました。
ferrari 365 gt42+2 2 (2)
紙やすりで一方向に向かって磨いだ透明の板に、ボディラインに合わせて恐ろしく直線的にカットした物です・・・笑
これを片側2枚ずつ、合計4枚作ってようやくいい出来上がりです。
こりゃあ無理があるよね、って作ってて思います。量産品として作るならこの部分は塗装でも良かったんじゃないかな・・・笑

左側の下部分、少しボディ側に塗った塗装のはみ出しがきいてあまり完成度がよろしくないですが
やはり作り直したおかげでもうこれほどの物は無いってくらい気に入りました笑
ボディラインが角なわけですから、いちいちマスキングして各面ずつコンパウンドで磨いだラインです。
それだけ几帳面にやってようやくレジン完成品みたいなキチッとしたものになりました。(それでも塗装が剥げた・・・笑

ferrari 365 gt42+2 2 (1)
あの駄作のミニカーも、これだけ気合入れれば結構見れるじゃないか・・・!
これは嬉しい。何度も作り直したとは言え結果が得れたのはありがたい。
何といっても失敗を繰り返していればそのうち辿り付くところがあるのが、モデルを作っていて楽しい。
並べる事を考えて作っているギブリの方は、今日の雨でクリヤーにたどり着かず・・・
なんでまた並べるのがギブリなのかは個人的な趣味が大きく影響していますが
あと2台くらいシリーズで作りたいなぁ、何がいいかなぁと考え中。
DBSとイスレロがいいなぁ・・笑
どっちもムリだな…
カスタムミニカー | 2010/09/17(金) 01:28 | Trackback:(0) | Comments:(2)
Poli-toy カラー!
maserati ghibli 1972 green
順調な365GT4 2+2に加え、並べられる様に色も隣り合わせて合いそうな色にしてみました。
新しい見方で作ってみたボディはやっぱりいつもと違いがあるし、丁寧に出来た方かと思います。
色に関してはポリトイのアルファ2600からイメージを拝借、
グリーンとキャラメル内装です。
この暗いメタリックカラーも作るのが大変・・・
メタリックを多く入れると色が明るくなっちゃうし、少なくすると不透明でメタリックらしい輝きが無くなってしまう・・・んですね。
ちなみに白を入れるとさらに曇った感じに不透明、
黒を入れると若干色が透き通ります。なので黒をかなり大量に入れました。

ステアしてるフロントホイールは幾つかパターンを作ってみました。
控えめにきっている方が臨場感があります。
カスタムミニカー | 2010/09/15(水) 21:27 | Trackback:(0) | Comments:(0)
365GT4 2+2
ferrari 365gt2+2 (1)
塗装まで行きました。
ボディラインに関しては、流石に鉄製のモデルにけちは付けられませんが、
エッジが無くてもったり気味でした。
ヤスリとカッターの刃の裏を上手く利用し磨いでパテを使わず
さらにサイドシルの長さが足りず!プラ板で付け足しました。
妙にバランスが崩れていたのは長さが足りないだけですみましたが・・・
ferrari 365gt2+2
とはいえつなぎ目は少しグダグダかな。
極めてフレッシュな365のボディラインは削って磨いで行くと上手く再現できました。
F/Rオーバーハングの長さと、それぞれの絞込みがこの車のバランスを完璧なものへ近づけていると作りながら思いました。さらにホイールの位置と屋根の位置の感覚もこれまた絶妙で、広く取った範囲を全て使っている所もイイと思うなぁ。
ferrari 365gt2+2 (2)
ホイールは破損したデイトナから・・・身を切る思いって感じですが、
もう再起不能なので使えるパーツだけは有効活用しようと。
それにしてもこのミニカーは最初から組み立て式、
もちろん面倒なので組み立てていなかった・・・
のでシャーシや内装パーツが見つからなくて大変でした笑
ferrari 365gt2+2 (3)
しかしボディばっかりやっても中々カッコよくならないんですよねぇ・・・
仮組みしているうちに顔は真っ青です笑

そうそうホイールの位置とかもやらないといけないわけです。
いかに足元がポイントなのか、よく分かりました・・・トレッドを適切な位置にするのがホント大事なんですね。
寸法的にではなく。見て確認ですね。。。しかもタイヤサイズも狂っていたので、適度な小ささで、幅も無い308GT4のを。←308には大きすぎ・・・笑
ferrari 365 +
ね、こりゃ無いでしょ。


カスタムミニカー | 2010/09/14(火) 21:48 | Trackback:(0) | Comments:(0)
とうとう道路に?
置いちゃったよ。

ghibli spyder 118
毎朝朝日を見るたび撮るものがなくて切ない・・・なぁと思う笑
なんか無いかと探すも、
最近作り途中の物ばっかりでろくに完成した物が見当たらないし、
ここで1/18の登場・・・!となるわけだ・・・

それにしても、ここまで大きくなると写真に無理がなくていいなぁと思いました。
レンズの一番開放の状態で撮りました。色が綺麗に出るように思います。

スパイダーはテールランプが異なるし、マフラーもタイプが違うので後ろからの見栄えは結構クーペと違いがあって見てていいです。
が、フロントが全く同じなんだよなぁ。ウィンカーの形状も変えたりするだけで製品としての存在感が出たと思うけど。
イタリア車系 | 2010/09/14(火) 02:05 | Trackback:(0) | Comments:(0)
手が抜けない
10-9-10 ghibli
ドア付近の塗装が剥がれてないのはまだ何もしてないからなんですが、
リアまわりとフロントまわり、フェンダーの部分だけで・・・1時間以上経過・・・・
しかもこれがまた片側だけなんですよ~。なんていったって、いつも同じ様に作っていても面白くないから
写真をみて・・・
手を抜くと自分が一番ショックなんですよね笑
しかも最近作った物が意外とコテコテで、そろそろ見直さないと・・・汗
というわけでいかにも慎重な作業してコツコツがんばっています。

フェンダーはいつも落ち着かせていますが、今回は堀を深くしてみました。
同じものを作るにも色々な方法があるのです。
カスタムミニカー | 2010/09/10(金) 16:20 | Trackback:(0) | Comments:(0)
4人のり
10-9-10 (3)
今作ってるのが完成するまで新しいのは止めておこうと思ってたんですが、
これやってみたくて笑

412でしたが
365GT/4 2+2!です。やはりこの車のすべてはこの横のスタイルでしょう。
これだけ大きなマスの中に魅力を余すことなく、しかも何処のバランスも上手く合わせているのですよ!!
大きくなっていった今の車とは違うんです・・・
大きい車を作るからには大きい車らしい間延びしないデザインが大事だと思っています。
すべてが完成なのです!この初期型モデルを見ていると、やはり412はエアロで静かながらも大きく魅力を落としていることに気が付きます。
デイトナと同じ、フィオラバンティのデザイン、しかもエンジンもデイトナと同じ・・・
さてどちらを選ぶかは好みだと思います。

実車も412は人気が出ないし、その通りにミニカーでも人気は出なかった・・・
ただし、不人気車らしく手が抜けてるというか、少し寂しい出来だな、と塗装を剥がして思いました・・・
ギブリで得た?削り術でいくつもの箇所にエッジを加えていきます。
ちなみにこの車の人気が出ない理由のひとつは、フェラーリが好きな人の趣味には合わないから・・・
かなぁと・・・

それにしても時代の波に押され苦心した70年代のピニンファリーナの滲み出る苦労を感じる1台だと、思います。

Citroen 2CV | 2010/09/10(金) 01:45 | Trackback:(0) | Comments:(2)
頂きもの続編
10-9-10 (2)
dinoさんからの頂き物、続編。
コナミのいまや懐かしいミニカーが・・・まさかあんなに早くコナミが「絶版」になってしまうなんて!?
117クーペはミニカー的にはいい選択。間違いなくハンドメイドの魅力は出てるし・・・
組みの甘さは仕方ないけど、細かさと密集感がいいんですよね。
すでにバラけてますので
ホイール交換だけでもやってやりたいところです。やはりコナミは色もこだわってますね。
10-9-10.jpg
いまだ持っていなかった車種がこれです。
ルーチェ・・最近では名前すら聞かないけど・・・先進的なデザインを積極的にしていたマツダの傑作車種でしょう。この頃はファミリアだって、みんな素敵に見えますね・・・
しかしミニカーの方は、あれ、こんなだったかな・・・といった感じ笑
これが送られてきたという事は、目的はひとつしか無いのでしょう笑
研究します。
10-9-10 (1)
これもカスタムベースですね。914です。待望の914、早速カスタムしたのですが、
やはり手強い・・・1/43のミニチャンプスのスタイリング・コピーで、まるで実車の繊細さは無いのが残念ですが、
それでも待望車種、色もいいしミニカーなのでこれでも実際結構イケてます。
でもやっぱりこだわっちゃうな・・・笑
とりあえず製作中のものから完成させていこうと思ってます。

カスタムミニカー | 2010/09/10(金) 01:37 | Trackback:(0) | Comments:(2)
ディノスパイダー
fiat dino spider blu
ディノスパイダー、これはこのボディで3度目の再塗装になってしまいました。
一度目はオレンジ、これは普通に仕上がったんですが普通だったのでそのまま放置。
2度目はこれじゃダメだと、銀に塗り直し。シルバーにブルー内装を予定するも
シルバーがクリヤーにやられプクプクと剥離。問題はクリアーに非ず、下地に吹いた塗装との相性が悪かったようです。

そして今日はディノスパイダーの中でもベイシックな色、青で決めました。
BluMedioです。普通の青?です。普通に青なんですが、これがやはり似合うんですよね。
この色は一般的な青(日本の青とは違います)に白と黒を混ぜて彩度のみ調節して塗りました。
ディノスパイダーとくれば僕としてはイタリアらしさがにじみ出ており大変気に入っています。
しかしこの時代には大中小のスパイダーが揃っていたフィアット恐るべし。
やはり今のフィアットではかんがえられないほどエレガントなこの1台は必ず完成させたいと思います。
カスタムミニカー | 2010/09/06(月) 14:28 | Trackback:(0) | Comments:(2)
ティポ33!!
alfa33tipoShilv.jpg
途中経過が最近サボリ気味なのってやっぱり写真撮る手間が増えたからだと思うんですが。

ただ上手くいくとなんだか撮りたくなっちゃうよねぇ~という。
テェポ33、こいつは中々手強い…ボディはほんの少しの修正でなんとかなったと思うんですが
とうとうライトカバーも両側2枚目に突入。。。、わりと良いんじゃない??
フロント中央に向かって序々に絞られていくライトカバーは、330P4の形したブリスターから切り出し…
これ、うまくいくとやはり気分がいいんですよ、

alfa33tipoShilv (1)
それにしても何故ティポ33がそんなに手強いかというと、実はライトカバー以外にも、車体の小ささが要因。
気持ちは1/64というサイズを作ってるつもりなのに、その大きさときたら1/72ぐらいの物なんですから。

しかもボディカラーはひねくれ精神でシルバーと来たもんだ。イメージカラーどおりレッドしか無い(ほぼ無い)この車・・・
イメージカラーどおり仕上げるなら少しくらい手抜きでもTipo33に変わりなく仕上げることが出来るけど、それ以外の色でその車のイメージに近づけるにはそれ以上に凝った事しないと成果が出ないのです。とんでもなくどうでも良いような所で命がけです。
しかもしかも凝って仕上げれば脳内では
どうせならイメージカラーで作ればよかったのに
ってなるのが…爆




・・・・

alfa33tipoShilv (2)
気持ちがあやふやになりつつHアイズの2.5mmを使ってライト入れました。
ちなみにこうしてあやふやになって何度塗り直し食らった事か、この33は。今回はこのまま仕上げようと思います。多少904になりかかっている気がするのは・・・目を瞑り。
そしてこの写真には衝撃を受けました・・・笑
青ですか。しかも実物で赤以外なんて無いと思ってたのに・・・・
いや、銀よりいいじゃん。青・・・
カスタムミニカー | 2010/09/04(土) 09:06 | Trackback:(0) | Comments:(0)
9/3
10-9-3 (2)
スパイダーにはやはりこのパーツは不可欠でしょう~。
ちなみに3作目のステアリングですが、これも自分用は今のところ無いのです笑
おれも欲しいよ~とかニコニコしながら・・・

なんですけどね。
あの、ダメなんですよ。「もう1度作ったことあるから出来るよな」これダメね。
こういう気持ちで作ると嫌われるね、良く分かった・・・
これでもかってくらい出来ませんでした、くっつきませんでした・・・
気を取り直してまた明日。
10-9-3 (6)
そんなときには以前作ったもので慰めを。。。
これも並べてみたかったんですよね。じつは改造と部品鳥に使いまくってオリジナルのまんまの奴が見当たらなくなってたのでした。大事にしまいこんでた赤とくらべっこ。
206と同じくらいの勢いでもって、かなり激変させた結果が現れてます・・・
グリルの掘り込みがP400チック。アンダーパネル上部分の折込みがよく目立つ、P400。
フェンダーのエッジもよく効かせました。右の奴の顔つきのほうがクールな感じ?笑
10-9-3 (3)
そして1/17のにーしぶいです。
グリル部分にパーティングラインが・・・写真だとこんなもんですが、これが製品の塗装を見てると損してる部分。
これは直さないと。
10-9-3 (4)
削りました。鉄が削れてピカピカ光っていると何故か落ち着きます。
これも時間が経てば消えますが、手をかけたしるしとなって落ち着くのでしょう。
10-9-3 (5)
フェンダーが垂れすぎなんだって。
たしかに誇張されてるかも。まぁ明日にします。
パテは苦手なんですが今回は使います。
10-9-3 (1)



10-9-3.jpg
久しぶりの路上復帰!仮ナンバーで試運転の日でした。
ほんとうに久々、去年のFBMには既に車検切れだったっけ・・・1年以上?
車内のなんの匂いなんだか、オイルっぽい匂いが懐かしいです。

それにしても、前席は暖房の穴から情熱的な温度の空気が・・・笑
アッつい。


レンズは古いのを毎日つけていますが、使用する人の技量がたらずいつも性能発揮してやれなくて可哀想ですが、
夜が透き通って写る・・・素敵なレンズ。


カスタムミニカー | 2010/09/04(土) 01:39 | Trackback:(0) | Comments:(2)
生活必需品のなかのDS
citroenIDsolido nev (1)

citroenIDsolido nev (2)

citroenIDsolido nev (4)

citroenIDsolido nev (3)
じぶんスリッパは使わないけど・・・




DSが終わってない・・・なら終わらせてしまおうと思って内装を組んでみました。
祖母の家にて、いい感じにレトロな雰囲気がDSがよくにあう。
まだパーツも組み込んでない、ネジ止めもしてない、マスキングテープで仮止め中の姿で写真撮って遊ぶ。
これもまた楽しい。

citroenIDso2.jpg

citroenIDsolido nev
こんな状態でも気にならない(とってる人は

カスタムミニカー | 2010/09/02(木) 00:35 | Trackback:(0) | Comments:(0)
まだDSも出来ていないのに・・・
solido 2cv1 c
ジャンクのソリド製2CVの登場~
コカコーラカラーですが、なんとフランス製なんですよ。出来も「made in france」の文字が消えた後のものよりしっかりしています。流石ー。ちなみにオークションで500円くらいだった様です。
フランスの塗装を剥がすのは痛い気持ちでもありますが、剥がします。
パーツの欠品は右サイドウィンカーとタイヤ片方のみ。後者はちと難しい話ですが
いいや何でも・・・笑
そして早速ばらして仮組
solido 2cv1 c (2)
・・・うぉっと間違えたか!?




solido 2cv1 c (1)
かわったパーツ構成、しかしながら設計が光ってます。
ボディを2分割、さらにプラスチックで実車のシャーシを模した物の中にスプリングを詰めてサスペンションを稼動させる仕組みです。関心。
1966年式の最高モデルAZAMですが、家の水色と同じ仕様にします、
変更箇所はホイールキャップ取り外し
バーハンドル化、バンパー交換、あと色々・・・

2cvkaruiza.jpg
たまには写真で楽しみましょう笑
これを作ります。
年代は同じなんですが変更しないといけないところが多いです。
バージョン違いで小物系が大きく変わるのです。
これを作ってフレンチブルーミーティングの飾り物にしようと思うのですが、今から始めて間に合うかなー。作るからには色も揃えないと・・・これプレッシャー。
2cvazam.jpg
だいぶご無沙汰のひとです。最近密閉保管でテールランプしか見えないのです。
かえって65年式のほうはAZAMなので、リアの窓を埋めて、グリルを作るだけ!
バンパーだってこのままで良いのだから、年代違いなのにこっちのほうが楽そう・・・笑
だってホイールキャップ外したら造形作らなきゃならないしなぁ、と悩みます。
とりあえずどっちが先か、というだけでこれも作ると思いますけどね。

しかしツヤ無し2CVのミニカーは作りたい!と思っていたので、この際自分が気に入れるミニカーを作ろうと思います。
結構楽しみなので明日剥離剤買いにいこうと思います。あー楽しみ~笑
カスタムミニカー | 2010/09/01(水) 00:37 | Trackback:(0) | Comments:(0)
matra m530 lx 19702