プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ルノーツーリング
11-6-19.jpg
ルノーツーリングにお邪魔しました。走行中に写真撮ってて365で大事故を起した人がいるそうなので例に見習い走行中には写真撮っていませんが、とても楽しかったです。
前にいる5ドアのサンクのロールを見ながら・・・
久しぶりに見た21も最高にカッコいいですね。
後は父の425です。

パンやさんではこんなに集まりました。
キャトル2台、21、クリオにアルピーヌサンクとサンク。
初期サンク率が高い、やはり年を重ねるごとにシュペールより縦サンクが増えていきそうかな?
11-6-19-1.jpg

11-6-19 (2)
箱根と近かったので2台で行って見ました・・・笑
DSと待ち合わせも兼ねていましたが、この日はここでお別れしたので結局会えませんでしたが、
ゴールドのボビンBXははじめてみました。カッコいい、FBM以外で見るのはあまり無いですね。

一緒に走れて楽しかったです。
フランス車系 | 2011/06/20(月) 00:44 | Trackback:(0) | Comments:(2)
グリルメッシュ探す旅
11-6-18-1.jpg
取り付けしてみました。
グリルメッシュの装着はいつかしたい所でした。なにしろグリルパーツ黒く塗っただけだったし・・・
目に見えてみすぼらしいとも思いました。
しかし模型用の金属メッシュは高い・・・しかもほんの少しの大きさだし、
なにしろ大抵1・24向けなんだろうから、実際あまり欲しいと思わない。

ここで目を付けたのが布でした。編み方も種類あるし色々探すには良い素材なはず。
今日2CVのシート用の布を買いに行くついでに僕も行ってみました、布ショップへ笑
11-6-18-1 (1)
買ったのはこういうタイプのきれです。シルクの生地です。
幾つ物種類が置いてある生地屋ですが、探しているのは黒。しかもキメが細かく、透かしの利くもの。
目で凝視して数多い生地の網目とスケールをじっくり観察して、探し出したのがこれでしたがシルクなので値段も1m2000円以上する高価なもの。しかし最小単位が30cmだったので、1m×30で630円でした。
金属メッシュの何倍も安いです。

上のGhibliU.Sではシルバーに塗装して装着してみました・・・
E.U仕様の黒もこのままの状態の黒だと見えないから黒も灰色くらいにしようかなぁと。
11-6-18-1 (3)
やはりメッシュが入ればその分奥行き表現が利くので、一番のお気に入りの水色にフォグランプを付けてメッシュを張り込んで見ました。これが1台め。
ああいい感じじゃんと、作り途中の赤にもやってみました。
が、これだと付いてるか付いてないかわからない笑
11-6-18-1 (2)
想像通りかなり理想的な仕上がりにはなりましたが、何しろ目が痛い作業です。
あまり、やりたくない感じの・・・笑
慣れてきたらデザインの一部である「グリルの中にライトが格納される」の、グリルから覗くリトラクタブルのライトをキラつかせてやろうと思ってましたが、いやぁ辛い!!笑

たしかプロトタイプもシルバー系の目立つグリルメッシュだったように思うので、次はプロトタイプでやろうと思います。そのときはライトも再現してみたい様なやりたくないよーな・・・笑
もちろんこの素材を買ったからにはこの車種以外でも使用したいところ。
カスタムミニカー | 2011/06/18(土) 20:08 | Trackback:(0) | Comments:(0)
変なの作ってる中
11-6-18 (3)
Dタイプのロードカーを見て思いつきでやってみたカーですが、
やってみるとそんなに悪くない?
ただバンパー付けただけだけど、これでも結構がんばって考えたほうなんですが・・・笑
だいたいこんな凄い車をホイール取りにしちゃう人がいるもんだから、こういう事してるんですけどねぇ笑
レースの期間を終えてその場しのぎにロードバージョンにした様な物を思い浮かべて作ってます。
結構多いみたいだよねこういうの。
11-6-18 (2)
リアの雰囲気なんか結構ミストラルに近い感じです。
Dタイプのダークグリーンで相当意識したのにしようと思ってたんだけど、せっかくイタリアのレースカーお下がりなんだから赤にしようかなぁ、イイ赤知ってるしね僕。
実際この後姿悪くないぞ、有りそうだもん。
11-6-18 (1)
これはマトモに作ってるので真面目ですけど、
まだグリル周りにお口汚れが。車体に接着した後グリルの塗り直ししたので付いちゃってますね、
これって目だと見えないんだけどなぁ笑
11-6-18.jpg
これも相当アイディアを練って作った。スパイダーにするなら、無難なヘッドレスト後のスラント。
この出っ張りがあるだけで大分、高揚の後の一直線という感じが消えました。
どうしたってクーペのラインには大抵の場合かなう物ありませんし、そんな意気込みで作ってるので中途半端かもしれませんが、意外と融通の利く形かなと思います。
そもそもがボーラの重厚感を軽快なスポーティさに変換してしまったくらいなんですからね。
あの2台って丸きりキャラクター違うんだもんねぇ圧巻と言った所。

もう屋根切っちゃったら後戻りできないのでとりあえずカッコ悪くても出来る所までがんばろうと思います。
カスタムミニカー | 2011/06/18(土) 01:35 | Trackback:(0) | Comments:(0)
久しぶりのジャンク
116016.jpg
上野まで行ってレンブラントの展覧会を見に行ってきたのですが、そのついでに2年前だったか、
同じく上野に学生美術展を見に行ったとき見つけたジャンクショップに行ってみました。
もう無くなってたりして・・・と思ったりしましたが、意外とコアなファンが多いのか?笑
結構見物してる人がいました。
で、レンブラントはどうだったかというと、版画が多く中でも版画の原版が2枚展示されていてそっちの方が凄かったです。版画の原版が残ってるのって凄いなぁ・・・
116016 (1)
以前と何も変わらずいい雰囲気のお店でしたが、今回念願のシュコー製914を手に入れました。
以前はジクを買ったんです。今となってはあっちの方がお気に入りですが、やはり長年、シュコー版探してましたし、うれしいですねぇ
出来も良いし。フォルムの感じとかバッチリじゃんコレ。
これだけで1000円もしたんだけど、この状態でこの値段ならあったら買ったほうがいいよね、という感じかなぁ。
ヤフオクなんかなら安い時は本当安いのですが、こういうのに市場価値を求めるのが可笑しな話ですと。
116016 (2)
こっちのマジョレットのサンクもついでに買っちゃいました。
これは綺麗だけど500円でした。大分差があるけど、マジョレットのサンク・・・悪くないよね。
アンテナもミラーも綺麗に残ってる~。
このシャンパンゴールドのシャーシが良き時代ですね。
サンクに似てるのかと言われれば何ともいえませんが、可愛いモデルで結構気に入ってます。
カスタムミニカー | 2011/06/16(木) 22:17 | Trackback:(0) | Comments:(6)
窓ガラス
11-6-14 (1)
製作中の傷があったり少し雑さは残りますが大分素敵な感じに仕上がっています。
ということで今度は黄緑でもやってみましたが形があまり美しくありません。
窓ガラスだって透明でもフォルムをみせるには大事な部分ですし、
上手く出来てないのでもう一枚作ってみようと思います。
ただ、塗装後窓ガラスの取り付け面を加工したので少し汚いかな。
形やフィッティングはプロトタイプの物が理想的です。
11-6-14.jpg
ギブリ以外でも275GTBもやってみました。この車、窓ガラスが重症で、窓ガラスが上下に本来とは逆に湾曲しており、更に分厚く見栄えが全くしないというものです。
これがマズくてどうも作る気にならないのが、またこのモデルなわけです。
こうして問題が解決できるのなら喜んで沢山作るんですけどね。
ていうかこの時点で見ての通りかなりイイ線いってるんで再塗装してそのまんま放置中のダークブルーにつけてみようかな。
カスタムミニカー | 2011/06/14(火) 23:20 | Trackback:(0) | Comments:(2)
プロトタイプ④
ついてまわる問題といえば、やはり窓ガラスでしょう・・・汗
土曜ミニカーショップイケダに何年ぶりかに行ってきました。1時間半ぐらいいたというのに、欲しい物がありません笑
何故行ったかといえば1/43等の高価なモデルがどんな雰囲気かを見て関心しに行ったという所でしょう。
高価な為に僕には買えませんし、ああして並べててくれるのならショールーム越しにでも見る価値はあったのかもしれません。
11-6-13-1 (1)
で、欲しいものといえば!自分で作るコレなんですよねぇ、そりゃあ勿論欲しいから自分で作ってるんですもの~。市販がいくら出来よくても時間と技術が欲しいですよ本当。

やっぱり一番目立つのが薄いウィンドウに明るく光の入った内装の良く見える所ですよね。
是非実現したくて、沢山悩みたくさん失敗してきました。
上手く行った物も幾つかあったけど、どうしても作るの?あんな大変なのを???といった状態ですが、
この先何台も作る事を考えれば悩んで失敗しまくるしか無いです。

11-6-13-1.jpg
ところで塗装後に失敗するのだけは気が向かないというか笑
この塗装前の状態で何回か練習しようと思います。

お湯に目薬のキャップにまきつけたPPを入れて熱くしてみたらかなり湾曲したので、この湾曲した物を切り出して窓を作ってみた物。
ただし少ない経験上だと、どっちかと言えば接着が問題です。剥がれるし。
でも取り付ける瞬間がいっちばんの問題です。なにしろヌルヌルして、気が付けば窓ガラスのフチなんてデロデロで・・・笑
ピッチピチに合わせてあるから、どうしてもズボッと落っこちるし。
なので裏打ちの支えを作りました。これがあれば!!プラ板を窓ガラスの真ん中の角度に切り込んだ物を裏から止めて、ボディ側のフチに接着剤をこすり付ける様に塗りつけて、
マスキングテープで止まった両端を両手で持ち、せーの!っでパッと張り込みます。
ボディ側もとっかかりが出来るように上手く削ってあるので合わせも上手く行き隙間も大分減った感じ。

で、結果は接着剤が乾いてからなんですけど。
でも、大分成功が近いかな。

明日は塗装を!と思ってたけどボディもまだまだだなぁ笑
カスタムミニカー | 2011/06/13(月) 23:04 | Trackback:(0) | Comments:(0)
レーシングカー
11-6-12.jpg
水色が良かったんですけど、散々考え込んでも中々カラーリングが思いつかず、
結局赤になっちゃったんですよねぇ。しかしやっぱりレーシングカーは赤が似合う・・・笑
ホイールもかなり真面目に悩んだものですが、どう考えてもオリジナルのカンパニョーロに敵う物が無いんですよね。これは僕がオリジナル思考の人だからとかじゃなくて、ホイールもセットでデザインされてるからだろうねぇ。
レーシングカーを作るんだ!といってバラした物が2台あるので、1台は割りとノーマル風の車にして、
もう一台はビッザリーニを見て思いついた感じの超レーシングカーにして・・・とたくらんでいます。
このビッザリーニ風もアイディアがまとまっていないけど、結構派手に出来るのでこっちは色を水色にしようと思います。
11-6-12-1.jpg
これはフロントにフォグランプをくっつけたいなぁ~。旧車だと窓ガラスを変更するだけでレース風になるので、
これはボディには手を加えない感じ。もう1台の方はボディにも手を加えようと思いますが。
それにしても一番の問題が、ゼッケンサークルが何と似合わないこと!!!!笑
手書きレタリングでゼッケンサークル無しにそのまま書こうと思います。
3ケタにしてアレ風にしようかなぁ。何も案が決まってないんだよなコレって…笑
カスタムミニカー | 2011/06/12(日) 11:58 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ジムカーナ
やっと写真の整理が終わりました~。
望遠カメラ使って写真を撮っていたので、あまり使ったこと無いもんですから慣れるのに苦労…
まず遅刻してもう始まってて、フィアット850の走行シーンやT360も見ること出来なかった…
とりあえずセブンから載せますかね
11-6-11-2 (2)
ステアの切る方向と首の傾ける方向が逆なのが美!
だからこれはシャッターチャンス的には良かったんだけどね。
11-6-11-2 (4)


11-6-11-2 (5)


11-6-11-2.jpg


11-6-11-1 (10)

11-6-11-1.jpg

11-6-11-1 (1)

11-6-11-1 (4)
七の人はとても速かった・・・予選トップタイムでした。更新されてなかったと思うけど?
車・イベント | 2011/06/11(土) 00:55 | Trackback:(0) | Comments:(0)
グリーンメタリック
最初の頃からやってみたかったこの黄緑ですが、これで2台目になりました。
こういう色は表現が難しい、1と2とではかなりの差があります。同じ色をイメージしてるのはわかるけどかなりの違い。でもさすが今回の方が再現度が高いです。
しかしこの手の色合いのものはカメラには難しく、実物に近づけようとすると切がないです。
11-6-10 (1)

色の名前はVerde Gemma Metallizatoだそうです。
シートカラーはアイボリーで決めました。タンと悩むところですが、この色の方が割りと雰囲気をまとめ易いかなー
まだ塗装に艶を出す2層目のクリヤーをしていないので、独特の透明色の輝きがまだ表れていませんが、
艶を出せばそれはまた深みのある色になると思います。
ギア社のテーマカラー?同世代のギアのオリジナルにも似た色があります。
この色も見ればみるほどにいいなぁと思う魅力があって、実は最初この色は無いだろとか思ってたのに、欠かせない色だと感じるようになりました。色という点においてはこれも模型を作る課題の一つでしたし、大分満足です。
11-6-10.jpg
右は最後のクリヤーを噴いたためかなり色が落ち着きました。ふと目を置けばおぉ!という存在感のある地味な色です(矛盾か・・・
リトラクタブルの筋彫りの違いに注目!初期と後期。
角が削れた先端のために丸まっているのが特徴、これはだいたい69年の後半の方からくらいの変更だと思いますが、大量生産とは違いキッパリとした分け目が見つけられないので断言は出来ない所ですね。
右は73年と気まぐれに決めましたが、この緑の方は何年型にしようか、シートもヘッドレスト無いですし、69年の最初らへんとか?笑

さてどっちも魅力を与えた色ですが、2011年モデルは色で勝負!笑
もう半年終わってますがまだ1台も完成してないもんなぁ。
次はオレンジメタリックとゴールドと、まだまだ沢山塗りたい色がある・・・嬉しい悩み・・・笑
でも次は本領発揮というところのプロトタイプの赤メタやろうかと思います。
カスタムミニカー | 2011/06/10(金) 22:44 | Trackback:(0) | Comments:(2)
当たり
11-6-8.jpg
久しぶりに当たり色ですよ~笑
模型作るんでしたら、色はやっぱり大事だね…アメリカ仕様ならこの色!って決めてたんですが、
一度目に塗った色はゴールド過ぎて…こういう微妙な位置の色は難しいですね。
いやぁ簡単な色なんて無いんだけどね。
11-6-8 (1)
シートは、こっちの色にしたかったんだけどね。
茶色の大筆頭である、バーント・シェンナが見当たらなかったので違う色を混ぜて作ったんですが、
色はやっぱりしっかり使い分けないといけませんね。
このボディ・カラーを作るために、わざわざ文房具屋に行ってインクのセピアを買って・・・
これだけで500円弱するんですよ!汗

次はシート塗り直しと、クリヤーの艶出しです。
これはワクワクする1台です。
11-6-8 (2)
こっちは超眩しいレッド、これもアメリカンです。
上の73年式も4本出しにしますが、この67年式もやっぱりアメリカは4本!
2本出しでも走ってるんでしょうが、やっぱりアッチの国は4本が多いみたいですね。
テールは赤1色です。マフラーは角度だけ揃えておいて、シャーシに接着したらマフラーカットの角度は均一になるように後から紙やすりで削っています。4本もあるとね、やっぱり揃ってないとダメですよ・・・
アルミパイプなので後からの作業も簡単でした。
これは本数が多いときいいですね。
カスタムミニカー | 2011/06/08(水) 21:39 | Trackback:(1) | Comments:(0)
大磯
11-6-7.jpg
大磯のヒストリックカーのジムカーナを見に行きました。
見る楽しみと、自分で乗っていく楽しみがありました。
走ってた車の写真はまた明日~
車・イベント | 2011/06/07(火) 02:34 | Trackback:(0) | Comments:(2)
アメリカ仕様とディノ
11-6-2 (1)
バンパーのメッキ塗装がどうしても剥がれてしまうので、フキサチーフで定着させてみました。
こういう塗料はクリヤーとかだと溶けちゃいますが、意外とくっつきました。
ただそれだけですが、このフォルムを楽しんでください。


11-6-2.jpg
こっちはカッコいいU.S仕様、塗装が完了したらサイドマーカーをつけるのでまだ外見はカンペキでは無いんですが雰囲気はまんまだと思います。ホイールの墨入れしました。ちょっとやりすぎてアメリカンなギラギラ感にかけるのでもう少し落とそうと思います。
明日晴れるんだったら塗っても良いと思うのですが、宿題が多くて
いや、でもきっとやるんだろーなぁ・・・笑
カスタムミニカー | 2011/06/02(木) 20:30 | Trackback:(0) | Comments:(4)
matra m530 lx 19702