プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ボーラとかメラクとか
s-_CSC0855.jpg
作業してる机にポツンと埃かぶったままノーマルの状態で放置してた黒いボーラが目にとまったので
そのまますぐさま剥離して黄色に塗装。1日で5割ほど進み、
次の日にはもうモールドなんかも黒く塗ったのでこれで8割くらい完成。
黄色いボーラは前からやりたかったんですけどね。他にもやりたい色沢山あって…
なかなか綺麗な黄色に塗りかえる事ができたと思います。サイドシルは何色にしようか、
または同色のまま、と考えを巡らせつつ、やっぱりここが同色だとモッサリしますね。
なので写真みて銀か黒か決めます。
s-_CSC0856.jpg
ターコイズのソリッドがいいと思いつつも、まずはベーシックカラーから行くか…と。
メラクはあまり台数作っていませんし。
でも…この色は微妙だったなぁ…
s-_CSC0854.jpg
かなり透明度の高い赤で写真にうまく写らないんですけど、もう少し明るめ・・・
色に透明度が高く若干最近レストアしました、みたいな色合いになってしまい落ち込みます。
もっと色がパリッとしてて良かったんだけど。
ちなみにメラクが少ないと思ったので3台剥がしました。以降はまた今度…
ターコイズのソリッドやりたいなぁ~。
s-_CSC0848.jpg
これも放置していたメラクの、屋根を切ったやつ。
ほっといたらピラーがそろそろやばそうだったので、完成までは行きたいしさっさと塗ってみました。
U.S仕様にして、真っ白に真っ赤のシートのほうが雰囲気だったんだけど、
下品には変わりないのでヨーロッパ風さらっときめました。
s-_CSC0847.jpg
割とありそうな感じに出来た!
ヘッドフェアリングの辺りはありきたりですが自分のオリジナルデザイン。
このパーツがミソで、シートのヘッドレストからボンネットのルーバーまで一直線に続く所なんかみると、
スパイダーもあってもよさそうだなとか思いました。
もちろん、オリジナル派の自分はクーペであってこそメラクだと思うんだけど、
アメリカに錆々のメラクが多くある事を思えば、向こうの人、1台くらい屋根切ってもいいんじゃないのかね。
実在する、カムシンのスパイダーよりはカッコよく出来上がりそうかな…?笑
カスタムミニカー | 2011/09/29(木) 00:01 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2CV⑨
KC3S0925.jpg
土曜の話ですけど、外見の部分には大分手が入りました。
フロアーのやり残しもやって、だいたいは出来てきたかな、
KC3S0930.jpg

KC3S0928.jpg
こういう部分にはんだが使用されており、かなりぼっこぼこですけど、ここは表面をできるだけ平らにしたらパテで修正をします。
次くらいからはようやくパテもりもりでしょうか!
4ライトの裏っかわのあれは錆ではなく、接着剤なのです。だから良かった!
ではなく、あのこびりつきをすべて剥がすのは大変ですねぇ。
Citroen 2CV | 2011/09/28(水) 19:27 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ディノ
s-_CSC0742.jpg
機嫌がいいのでたまには外に持って行ってみました…

s-_CSC0750.jpg
このホイールは格好いいですね。
形に良く合うホイールだとおもいます。クロモドラ。しかも初期型のセンターロック仕様がいいねぇ。
206もディノスパイダーを流用しているので同じホイールです。ただし色が違います。
s-_CSC0737.jpg
スパイダーはグリル周りがやけに不細工な作りでしたので、こうして作り直してみると別の模型のような雰囲気になりました。
s-_CSC0763.jpg
この2台が並びしかもフェラーリのほうも206GTである事が大事なんですよね。
無理してでも作った甲斐ありますね。ディノスパイダーの製品化もかなり嬉しかったんだけどね。
s-_CSC0780.jpg
s-_DSC0794.jpg
s-_CSC0764.jpg

カスタムミニカー完成車両 | 2011/09/25(日) 05:38 | Trackback:(0) | Comments:(2)
Dino206/Spider
s-_DSC0663.jpg

s-_CSC0676.jpg

s-_CSC0670.jpg

s-_CSC0698.jpg

s-_CSC0679.jpg

s-_DSC0685.jpg

製作中に言いたいことはもう全部言っちゃったような感じなんですよねぇ。
フェラーリ・ディノ206GT フィアット・ディノ スパイダー
完成しました。そもそも246からの改造とは言えかなり実物に近い物であることと、
それに曳けることなくディノ・スパイダーも魅力を尽くしだせたと思います。ここがポイントでした。
そりゃあ勿論、ディノって言ったらフェラーリって人が殆どでしょうけど、この個々の魅力どちらがいいかは自分次第。
僕は、そうですねー、これ聞かれたらたぶん答えられないです。
どちらが良いか!
これはその時の気分だろうな。


ちなみに246GTからの削りだし程、大きな改良点は見えてこないけれど、実際には同じくらい時間掛かかりました。
カスタムミニカー完成車両 | 2011/09/23(金) 00:46 | Trackback:(0) | Comments:(6)
2CV⑧
KC3S0862.jpg
今日4人集まったら、着地させてみよう、そしたらドアをつけて・・・・
このボディを持ってきたとき、2人で持ったが、その時点で持てることは分かっていても、
もしもの時のこと、それと無理して持ったところでこのおじいちゃんみたいなボディにも負担が掛かってしまっては可哀そうなので、ね。
今日、僕をいれないで3人、来てくれたのでこうして着地させる事ができた。

組んだ屋根の高さでは上から差し込み式のドアは装着する事ができない。
かといってドアのフィットも悪いので、塗装剥いだり塗ったりする前に、様子を見たかったのです。
KC3S0865.jpg
ちょっと、いつも見る景色と違う、この様子は良い刺激。
しかもドアが付いただけなのに、安心感がある。ちょっとだけだけど、車の様な気分がする。

心配だらけの車作り、飛んだばくちを打って出た不安が毎日続く。
こうした見た目の発展は妙な安心感につながる。それは作業の進み具合にだって、大きく影響する様に思います。
KC3S0868.jpg
今日は背が低くなったこともあり、高い部分の作業が良く進みました。
ここ、高いと結構大変なんですよね。なにしろ機械が顔の近くで回転してるし、手が揺すられぶるぶるして怖いことだらけなんだもん・・・
裏側まで綺麗にはがれるもんですねぇー流石。
実はフロントガラスの押さえの部分は穴だらけなんだけど、考えとしては穴をどんどん開けて鉄板をL字に折り込み、裏から補強しようと思います。もちろん、完璧なやり方ではありませんが、自分に出来る範囲の作業はこれくらいかな…

KC3S0876.jpg
メーター周りも少し落としましたが、入り組んだこのⅤ字部分なんか機械じゃ無理だから
手作業なわけ。ちょっと大変だからこれは別の日に。
KC3S0881.jpg
今日ボディを下せたら、ぜひ掃除したかったんですよね。
台がだんだん塗装カスで埋まって、埃もひどく、それに道具まで散らかっちゃっててさぁ…
汚い所では良い仕事できないもんね。毎日やりたい事だけど、帰る頃には疲れきってもういいや…になる。
KC3S0879.jpg
今日は掃除も出来て満足した感じ。夏休みもそろそろ秒読みの時期で、
この段階でどこまで行ってるかがすごい重要だったんだけど、割と目標に近い感じ。

夏休み中応援に来てくれた皆様ありがとうございました。
Citroen 2CV | 2011/09/15(木) 18:56 | Trackback:(0) | Comments:(0)
いくつも作れば、
s-11-9-15.jpg
ワイヤーホイール+タン・シート。
組んでる状態ではマグホイールに白シートと、アメリカンなラグジュアリー感をいやってほどプンプンさせているんだが、原案ではたしかにワイヤーホイールだった。
67年式で赤で、ワイヤーホイールだとどのくらい古典的なイタリアンGTって感じになるのか、やってみたかった。そして、何十台も作っていれば同じ車種なわけで、シャーシを変えればこのとおりあっけなくそして簡単に着せ替えが出来ちゃうのである!
で、感想はというと、やっぱりこっちのがいいなぁ、こっちのが馴染むなあ、
やっぱり白いシートは僕、ムリしすぎたかなぁ笑
という具合でしたね。

GT350との2ショットが終わったら、シート色変えてこの仕様で完成させようかなぁ。
s-11-9-15 (1)
ライトカバー最高だねぇ、ああやっぱり良いねぇ新造は。
DB5とか言う車はそのまんま007が与えた価値の影響が出ちゃってて少し超車好きの僕としては頂けない話なんだけど、まぁレーシングカーにするんならフツーにDB4GTが良いんです。
京商も、少しヒネリいれてDB4で出せばいいんだよ、ショートホイールベースだよ!?
でも、個人的にはイタリアンテールな、DB6がかなり好みなんですよねえ。
DB5は、そのまんまオリジナルで乗るのが一番かな、うん。

あ。でも日本でレーサーしてる水色のあのDB5、かっこいいなぁ…
カスタムミニカー | 2011/09/15(木) 08:48 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2CV⑦
KC3S0848.jpg
窓枠の作業
KC3S0849.jpg
携帯電話の写真なので写りは悪いですが…
結構綺麗な状態になりました。
なにしろ、
窓枠の部分の塗装は厚塗りでめちゃめちゃにひび割れしてたんですもの。
KC3S0850.jpg
刷毛塗りの2層塗りですが、割といい感じにぬれました。
KC3S0851.jpg
両側完了させたので、かなり今日だけで進んだ感じです。
やはり機械でガリガリ落としていくのは早いなぁ~
Citroen 2CV | 2011/09/14(水) 18:41 | Trackback:(0) | Comments:(2)
11-9-8-1.jpg
こんなに大きさが違うもんなのか?
まぁいいんですけど。3個のベントのうち真ん中だけ閉じてるのも間抜けな感じするけど、ストライプが入るまで仕方ないか。いや、赤にしたい気持ちもありましたし、この車体も赤だったときくらいあります。
でも我慢だ、あのカラーリングは決まれば格好良いから・・・
とりあえず、出来上がる前に一度並べてみたんだけど、もはやZベースのレプリカと本物くらいの違いがあるんだよね。
うん、そうそうあれは250GTOではない。
カスタムミニカー | 2011/09/08(木) 00:33 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コッパー・オレンジと€2900
今日もAZ見てきました。台風平気でした。
カメラ忘れて写真撮ってないんだけど・・
11-9-7.jpg
クリヤーを噴けばこのとおり。かなり良い線いってるかも~?
まぁもともとある色に失敗とかあまり無いんですけどね。
参考にしてるのはオーバーライダーもついてる後期型の車体だけど、ボディは前作った68年式だから、
グリルの周りも口を変えてあったりして、そうには出来ないのでワイヤーホイールかませて様子みてます。
実物の銅色感が若干強めのオレンジになってるのは味付けですよ。
後々、飽きるのかもしれないんだけど。
11-9-7 (1)
€2900とはこれのことです。そういえば、免許取ったら何乗るか想像してワクワクしてた時も、あったのだ。
ティグラや、145とか、なんか少し古くて今のより割りとスマートでMTで、ちょっと懐かしい感じのを・・・
で、結局お金ないじゃん、無理じゃんと自問自答してこんな日にも終焉が来たわけだけど、
クーペフィアットも割りと良い線いってたんだよね。
GTVと同じシャーシで、GTVより素直(つまりそういうこと)
でもGTV、好きだなぁ・・・笑
このボディ、今見ると普通じゃないですね。いやーすげぇ、これって関心しますね
クリス・バングルやるな。

で€2900って、安い中古車のミニカーを作る計画です。面白そうでしょう笑
サンクが良かったんだけど、大きさの良い物が無くてさぁ、トミカのX1/9使ってベルトーネ時代のとかも良かったんだけど・・・
で、悩んでたらそういえば何で京商こんなの出したの?っていうクーペフィアットになりました。
これ、小さい頃黄色が眩しかった。
そういやこれ、このシリーズだけ凝った事してて、金型の繋ぎ目消してあるんだよ。
クーペフィアット出すくらいだし、相当凝った人が担当してたのかな?
色は原色系は見飽きたから、何か日本に入ってきて無さそうな紫がかったシルバーを選択。
この色の写真探すのも結構苦労したのよ!形は好きなんだけど好みの色探すほど、色数が少ないのが残念…

カスタムミニカー | 2011/09/07(水) 00:51 | Trackback:(2) | Comments:(0)
ルッソとオレンジ
11-9-5-1.jpg
はんだもやったんだけど、結局ちゃんと止まらないのでパテで後ろをつけたしました。
形は2層目で大体の長さはきまりましたが、形の成型には足りてません。
もう一度アルコールで脱脂したら3層目やってみます。
リアを延ばしたお陰でかなりフォルムがまとまってきました。
この車はこれで塗装に入ったとしても、バンパーなど小さいパーツにも悩まされます。
とりあえず色です。色を決める段階まで来た嬉しさは感じますが、
シルバー以外浮かばない、でもSWBとGTOがシルバーなので・・・

こんなに凄い大掛かりにやっちゃうと275のパープルみたいな、発想が浮かばないしなぁ。
11-9-5-1 (1)
是非やってみたかった色がオレンジです。
車の色の、似合う似合わないっていうのは固定化されたイメージによるもの?
それとも、形にあった色合いがあるから?

とはいえこのオレンジはいわゆるコッパーメタリックです。
この色は実際にあって、それはもう綺麗ですから、上手く塗れてるかどうかは明日クリヤー塗ってのお楽しみです。
これは以前塗装して諦めてた1台ですが、塗装剥離して2回目に挑戦してるところです。
カスタムミニカー | 2011/09/06(火) 00:19 | Trackback:(0) | Comments:(0)
Tipo61
11-9-5-.jpg
っていうかこんなところに足突っ込んで運転するの!?鬼畜じゃない??

あぁまあ、とりあえず始めちゃったんだよね。
こんな凝り所満載のこういう車は本当に本当に拘って作っちゃいたいよね。
今まで本気になるには中々気分が乗らなくてさぁ、
だってあれでしょう、こんなステキな車本格的にやらないで完成させられるわけないじゃない!

っていうことで意味わかんない泥沼もう一つみっけ。
カスタムミニカー | 2011/09/05(月) 01:19 | Trackback:(0) | Comments:(2)
ギブリT
11-9-4-1.jpg
夏授業がシルクスクリーンだったんだけど、その最後が自由課題とかいって。
最後は自由課題と知ってもうこればっかり頭に浮かんで離れず、鉄の夜をして版の原画を作り、
で、出来たのがこれ。
いやーこういうのもいーんですよねぇ。自由課題はやっぱり皆も趣味に走ってたけど、
一生懸命になればなるほど、9時20分に始まる授業もアッとも言えないうちに6時半とな。
カッコいいアングルに、僕のシルクスクリーンの技術と何枚も刷ることを考え1色にしぼり、
一番黒いところとか大事なところだけで、後はTシャツの色が車の色という、一番効率が良くて綺麗に見える方法を選択。これはまた正解ともいえたかも。
11-9-4-2.jpg
黄色のこのシャツはユニクロ製。赤と白とこの黄色を買いましたが、
色だけ選んでさっさと帰ってみればこの黄色XLじゃん?
しかも他の赤と白もLだし、着れそうなのは余分に買っておいた赤のMと、良いオチも付いております。
黄色はこうして記念に飾って、あとはイベント用!?笑
いやまだこの歳ならオーナーと勘違いするヒトもいなかろうしねぇ笑

シルクスクリーン楽しくて、いやーこれは面白いですね。
授業で使ったサイズの枠だと2万3万かね。そういや高校の先生もシルクスクリーンのもうじゃだったけど、
今日文化祭で聞いてみたら学校のを使ってたと。
あー貸してくれないか期待してしまった。

ちなみにこれが1枚目、2枚目から目詰まりが始まりました。
専用のスプレーも見当たらないしとっとと完成させちゃったけど、やっぱり徹底的に拘る必要があったね。
Maserati Ghibli | 2011/09/04(日) 22:42 | Trackback:(0) | Comments:(0)
250GTO3769GT
11-9-4 (2)
250GTOです。今日も天気が悪く、本塗装にはいかずサフで止めてあります。
しかしあんな出来の悪いミニカーもやろうと思えば良くなりますね。
もちろん足元のボラーニがこうにでもなっていなかったら全然ボディいじっていても見栄えはしていなかったことでしょうが・・・
11-9-4.jpg
赤にしようと思っていたんですが、シルバーになりました。
モデルにしたとき絶対有利なのは赤だけど・・・
シャーシナンバー3769のシルバー/ブルーが結構格好いいので、それに的をあてました。
よく1台1台が仕様が違うと、言われる車なわけであるが、実際近年になって整ってきてしまっていないか?
おおげさだけどデイビッド・パイパーのチョップトップGTOとか、そういうのは元に戻しちゃった?
でも1台1台がちがうとか大げさな気がしますけども。
3769の写真を見ていてもエアインテークは閉じたり開けたりしてるんですが、
特徴的なカラーリングにマッチする、真ん中だけ閉じた状態にしました。
11-9-4 (1)
フロントもリアも綺麗に見える様に結構いろいろやりましたが、
最後にウィング、これが後付けタイプのだったんですよ。
ウィング一体成型のタイプが作りたかったのでかなり流麗にここまで決めてたので後付けの段差を作るのはなんとも無力感がありましたが。。。笑
ウィングが後付けタイプは単純に製作の古い物なんだろうと思うんですがどうなんだろう?
ちなみにGTOナンバー1は当初、リアスポイラー無しのデザインでした。

ベアメタルの時は男らしくて格好よかったのに、サフふいたらなんともカッコ悪くなりやんの。
早いトコ色塗りたいなぁ、サフがここまで似合わない車も珍しいぞ。
Citroen 2CV | 2011/09/04(日) 02:20 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コレクトし、並べるのが良し
11-9-3-1.jpg
いやー揃ったんですよねー種類。
ワイヤーホイールの新登場によりクラシックフェラーリの最大の壁が溶けていくように、
そしてそんなワケでご覧のとおりこんな様子になったんですよと。
やっぱり車種が豊富なのはイイなぁ、マセラティも第2弾いってほしいなぁ。。。

今度はこんな企画展示に向けて作業開始となる予定!
166MMから、250TR、lusso、SWB、GTO、LM、275、206、365GTB/4までのクラシックフェラーリ。
BBも作りかけあるけど、やはりデイトナどまりが美しいのかな。
166もバルケッタ入れたいところだし、デイトナもGTSでは無くGTBで行きたいところなんだけど、
とりあえず250系が全て出来上がってないので範囲を広げないようにしようと・・・

カスタムミニカー | 2011/09/03(土) 09:34 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2CV⑥
11-9-3 (1)
これは今週に入る前にやった部分ですが、室内は2度塗りします。
室内の塗装はある程度ボテッとさせてドロッとする濃さを本塗りに使うといいと。

ちなみに1度目は大分汚らしい細工だったんだけど、2度目はかなり良い感じなんだよね。
今度ほうき欲しいなぁー
11-9-3.jpg
バルクヘッドはとりあえず半分をやりましたがバッテリーの辺りはやっぱり酷く錆びますね。
バッテリーの何かが気化して錆びるそうですが、とは言えこの局地的な部分であるなら、そんなに悩まずに済みそう(済まそう)

それにしてもこの日もだけど雨が悩ましいですね。
そして今週も先週も学校があったのであまり行けてませんが。
今度行ったら中途半端な部分をちゃんと細工してこようと思います。
Citroen 2CV | 2011/09/03(土) 00:14 | Trackback:(0) | Comments:(4)
458スーパーイタリア
11-9-1.jpg
たまには新車だって作る時があるもんなんですねぇ。自分でもびっくりする様な車種ですが。
458イタリアです。題に書いてある”スーパー”は自分で勝手にくっつけてますが、
やはり400スーパーアメリカという車が格好良い物でして、その、あの姿を見て400”凄いアメリカ”というネームセンスにすら惚れ惚れする物があるわけです。どこが凄いアメリカだったのかわからないけど、あのスポーツカーは
何処と無くホッソリとしたフロントライトカバーが見せる表情がたまらなく好きなんですよね。
その後のえぐりライトの車より一足先なだけはあり、カタチが何処となく愛嬌があるんです。
で、そんなオマージュの意味を込めて?????お送りいたします今回の458スーパーイタリアは、珍しく新しい車にしてはフォルムとシルエットだけは綺麗だなと素直に受け入れられるスタイルだと思います。
11-9-1 (1)
だけは!と言うのにはやはりワケがありますね。何しろライト類が全体をバラバラにしちゃってるのは少し残念なポイント。細かいディテールはやはり昔の車のようには上手くいかないのでしょうか。
うすべったいフロント周りが余計にそれを惜しく見せてしまいますね。それとアピールポイントであろう、ライトの形にそって折り目を入れたボンネットとバンパーの間に出来る隙間は眉毛効果を狙ってるんでしょうが勿論いただけないポイントです。最近のフェラーリのトレンド、円柱テールランプも個人的にはどうかな。
でもそれにしてもこれは魅力がある車ですね。3台くらい見ましたがやはり全体の形が格好いいっていうのは、大事だからね。発売当初のスタイルが一番流麗な事を考えると、今このモデルを手にしておくのは正解だったと思います。

ところでこれが何で2台も同じ色に塗られてるかと言うと、
友人と模型作りして遊んでいる途中彼に注文しておいた458をゴールドに塗ってみたらたいそう気に入ってもらえたので、もう1台もはがして2台ともゴールドにしたっていう訳。
1台は既に生乾き状態で旅立ちましたが、次に会う時にはどちらも完成して並ぶ事を期待していてください。

カスタムミニカー | 2011/09/01(木) 23:15 | Trackback:(0) | Comments:(2)
matra m530 lx 19702