プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
車の意思と400ホイール
s-11-10-29.jpg
ホイールはこの前ペーパー掛けて適当に塗っておしまいにしようとお手伝いしてもらったばかりだったのですが、
FBMに400ホイールがあったとか…ishiharaさん情報ありがとうございます。
そしてはなから諦めていたAZ用のホイールが偶然にも手に入りました…
右が普通の、左が今回手に入れたホイール。
状態はレストアされていて非常に良い。裏は元々のが残ってますが本当に状態がいいのです。
ホイールの大きさは一目瞭然です…
s-11-10-29 (2)
もう本当にうれしいです。まさか手に入ると思ってませんでした!
普通ので我慢…のつもりが車が許してくれなかったか…ホイールはこれにしなさいと言われた様なもんです。
勿論もう殆ど残っていないんです。めちゃくちゃ手に入れるのが難しいアイテム…
それ故選択肢として考えてなかったんですよね。
もちろん、手に入らない事はありませんが高額なホイールです。
それが5本で2万円ってちょっと考えられん値段だったのだ。
もちろん普通ので節約しようと思っていたので苦笑い!笑

不思議な物で絶対に手に入らないアイテムも、作業しているうちに揃ってくるものですね…
しかも状態がめちゃくちゃいいじゃん。
s-11-10-29 (9)
ただでさえ細すぎる2CVのホイールがぶっとく感じる!!!笑
つまりホイールが変わればタイヤもそれ用を探さなきゃいけない…
のですがもう話がトントン拍子に進んでタイヤはSACHIOさんの所にあった日本のミシュランの最後の在庫4本を譲ってもらう!もうホイールの事は悩む事無しという状態に…!
はやくシャーシにくっつけたいですね。
スポンサーサイト
Citroen 2CV | 2011/10/29(土) 14:13 | Trackback:(0) | Comments:(6)
買い物
11-10-28.jpg
これこそ幸せのひと時を切り取った写真のよーな感じになっちゃいましたけど、
買い足したんですねぇ~1/18の…笑
車作るんでこんな出費してられんかよと本当に食い留まっていたにも関わらず。
大事にしていたって身を張って外に持ち出し写真撮ってたくらいですから、痛みました。
ボディは綺麗なんだけど、お手入れしている時にエンブレム欠落させちゃってね。
どのみち必要でしたもう1台。で、今まで大事にしてきたブルーのこれ、
どうするかというと、そうですその通りにします。
1/18で言えば904とか未だ完成の日を見てないのに危険な話ですけど、どうしてもやってみたい事です。
67年かプロトタイプかどちらか…

後ろのペーパーバックの本は潰れる?吸収前に行ったリンドバーグで買いました。
71年と分け方が微妙にボーラ/メラク以降な割に表紙はギブリ。
でも中身はとんでもなく良い気がします。最高だと思います。ハッキリ言って安い買い物だったな。
これより前の57-70みたいなやつにこそ僕の求めている情報があり、それは今待ってるところ。
この日Kenzo君えんす―君と東京へ行きアウトレーブ見学に行きました。楽しかった日曜日でした。
パナール24BTは初めて見た。それ以上に嬉しかったのが、いつかは…!のジュリア・スーパーに乗せてもらった事だった!エンジンは1300のままですべてノーマル。
ボディの立てつけもしっかりしてて306のギシギシとか2CVのバタバタとか一切なく本当に驚いた…
カメラ忘れさみしい思いしましたが…なにしろ走ってる時のあの心地よいサウンドはなんだあれ!

そうそうリンドバーグの駐車場なんてアングリアだのモンテカルロだの!
一番驚きは泣いて喜べアバルト・ダブルバブルの路駐だからね!

凄い一日だったな~
Maserati Ghibli | 2011/10/28(金) 00:24 | Trackback:(0) | Comments:(2)
Matra M530 LX
matra2011.jpg
大分更新が遅くなってしまったのですが、今年もフレンチブルーミーティングへ出かけてまいりました。
kenzo君と知り合いのMさんと2CVに4人乗っかって行きました。途中でえんすー少年さんと待ち合わせ。
今年の目玉と言ったらこれでしょう、僕が何年間もずーっと実物を見てみたいもんだと、この時を待ちにまったマトラM530。なにしろこの形ですが、サイズも想像通りで良かった。
突っ立ったピラーからも想像できるようにこれなら乗り心地もよさそうだし、ふらーっとグランドツーリングが出来る感じの車なのでしょうか。個人的にはジェットよりも大好き、好きな車の中でもトップクラスです。
いつかは…と昔むかし思っていましたが見ることが達成出来たことで少しほっとしました。
matra2011 (1)
フランスのスポーツカーはアルピーヌだけではないですね。しかしこのフランス製スポーツって言うのはイタリアとかドイツとかイギリスのそれとはまったくキャラが違うんだよね。もっと別の言い方が無いかな…
このリアフェンダーが骨盤みたいなんだよなぁ~。
matra2011 (2)
生産台数は決して多い物ではありません。現存数は明らかに少なく今や世界的に見ても珍しい車で程度の良いオリジナル状態の物も一握りなんだろうと思います。
さてフレンチブルーミーティング、今年は以前も来てたジェットもおり2台マートラが揃い。
ぜひ2台並んでほしかったと思いました~。久しぶりに大好きだと思う1台に巡り合え嬉しいひと時だったな。
本当、これは見れて良かったのだ。

が、しかしだ、僕は最近のフランス車まるっきり興味が無いために、フランス車だけのイベント!という感じが無く…
そう、こう、昔僕が幼稚園小学校だった頃並んでた車たちのあの感じがまるっきり無かった。
マトラに出会えた嬉しさの半面なぜかむなしくも思えたのが事実なのだ…
この微妙な心の内のニュアンスは伝えにくいのだが、フランス車が人ごととは思えない人の一意見と思ってほしい。

フランス車系 | 2011/10/27(木) 23:45 | Trackback:(0) | Comments:(4)
Maserati Ghibli 4.9SS
s-_CSC0920.jpg
実物を見れる人は何台も作った中からこの色を選ぶんだよね。
それくらい綺麗な色なんだけど、その鮮やかさが上手く出ません。
でも、実物は本当に綺麗な色ですよ!
s-_CSC0922.jpg
タイヤも若干小径なものに変えてあるし、さっきの67年式よりも車高が低いです。
これは味付けというかなんというか。
このバランスも好きです。後期型っぽい感じします。
車高の前後のバランスで車の形が変わるんですよ!!

s-_CSC0923.jpg
67年式も4本でしたが、こっちも4本のマフラータイプ。
これはオプションか何かだと思うんだけど、乗り手の好みでしょう。やはり特徴的な横に向かって終わる2本タイプが印象的なんだけれども、たまにはイタリアンGTな雰囲気抜群の4本出しも良いんじゃないでしょうか。
良いんじゃないと言いつつですね、なるべくならメンドいので4本だしは勘弁してほしいです本当。笑
カスタムミニカー完成車両 | 2011/10/06(木) 15:57 | Trackback:(0) | Comments:(0)
1967 Maserati Ghibli U.S
s-_CSC0880.jpg
もう割と前から完成していましたが、ようやく載せられました。
1967年式の、アメリカに輸出された仕様です。
67年辺りだと、どの車種もアメリカ仕様特有の仰々しい物は付いていないです。
ただしランプ類には違いがあります。
s-_CSC0885.jpg
今回悩んだ末にやっぱりワイヤーホイールで完成にしました。
s-_CSC0888.jpg
整えたボディラインと車高のバランスが上手く出来たと思います。
s-_CSC0889.jpg
こうしてみると、少しフロントのトレッド張り出させ過ぎたかなー…
s-_CSC0890.jpg
s-_CSC0897.jpg
比べてみてください。ワイヤー/タンのシート、マグネシウムホイール/ホワイトのシートです。
白いシートの方がアメリカ的ですが、ワイヤーホイールも流石にアメリカ風に仕立てやすいといったところ。
同じモデルだけどこれだけ雰囲気を変えられます。
s-_CSC0905.jpg
最後にカンパのホイールバージョンで。
s-_CSC0899.jpg
ちなみにあちらの国でも人気の高いカルフォルニアのブループレートですが、
実は67年は黒プレートだったりします。つまり中古車かー!笑
カスタムミニカー完成車両 | 2011/10/06(木) 12:25 | Trackback:(0) | Comments:(0)
250,275
s-11-10-5 (3)
250GT Lussoはそろそろ、塗装出来る状態に近づいた。
これは大きな成果であり、206GTやギブリスパイダーに並びかなり大がかりな改造を施した。
あまり使わないパテ工作であったが、その甲斐はあってようやくルッソらしい量感を得たと思う。
s-11-10-5 (7)
ホイールの精密感もあってこそであるが、車体の重みが伝わるようなモデルになりそうだ。
ちなみに現在で3度目のサフ。何度も整え、最後に1000番で塗装の境界をすべてスムージング。
勿論塗装の厚みは増すが、仕方ない。ちなみにこれで最後のパテ工作の段階で、
目をつむり塗装するつもりだったんだけど、雨が降ったので思い切ってリア周り、それから傷の部分にパテを盛り付け。これで最後。
s-11-10-5.jpg
これはライトを装着した仮組状態で、ボディやバンパーにはまだ荒が残っている時の写真だけど、
こんな感じ。
この状態で仕上げることができたら、オリジナルの状態と比べるのが楽しみである。
s-11-10-5 (2)
275GTBは、ショートノーズとロングともに製作中。
250の顔に近いショートノーズ、これは大好きな形です。
250系と並べ275を置いたとき、やはりショートノーズを置いたうえでロングノーズと来たほうが、繋がりがあると思う…
250と275にはこだわりがあるので、これも完成を早く見たいところです。
自分はやっぱりショートの方が好きだな。
s-11-10-5 (4)
ロングノーズはバンパーの整形中で、塗装はまだ剥がしていません。
塗装をはがしたらフロントのアンダーパネルを作り、フロントランプの辺りを整えたら完成かな、
ちなみにロングとショートどちらもワイヤーホイールですが、違うタイプのホイールであるところもひねりです。

ロングからショートへ変更したわけだけど、その違いは見て考えるより、作りながら考えていく方が正解に近づけました。
カスタムミニカー | 2011/10/05(水) 10:49 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2CV⑩
KC3S0955.jpg
ベースとなる69年式のパーツも使います。フロントフェンダーなんかは片側しかなかったので、
69年式のを片方使用します。この、日本仕様のフェンダーミラーとかウィンカーもそれはそれで好きなんですよね。しかも残ってる車体が少ないから、こういうのをそのまま使うのも良いと思うけど…
まあまだ悩む時間はあります。
グレーのほうはAZタイプで、話によればフェンダーの形が違うはずなんですが、うーん、色の違いもあり難しい。
もしかしたら当てて60年代のものに変えたかも知れないし…
でもウィンカーがビートルみたいに上に付くタイプなので古いと思うんだけど?

バンパーは勿論AZ仕様のタイプが良いんだけど、あるものは使うべき。植民地仕様の奴でも十分だね・・
こういうのは後からでも変えられるから取り敢えずこれで行きます!
リアバンパーも69年式のがあり、完璧な後期よりはいいんだけど、AZには似合わなそうな…汗
取り敢えず節約…笑
っていうかすげえ贅沢な話ですが。
KC3S0961.jpg
ちなみにこの灰色の塗装はオリジナルではなく、これはこれで再塗装された個体のもの!
こうして、生き残る物なんですねぇ。
剥いでると刃を当てて引っ掻いた跡が残っていて、うーん歴史を感じる…笑
KC3S0964.jpg
状態はそんなもんで割と良いし、こうしてベアメタルの状態にすればなかなか決まってる。

KC3S0966.jpg
塗っちゃうと普通なんだよね。笑
片側でも結構時間かかりますし、まだ部分的に裏側もやっておきたいし、
金属疲労でてっぺんの淵の部分は割れてるし、まだやるべきところがあります。
ちなみにこの状態に持ってくまで、3時間掛かりました。
Citroen 2CV | 2011/10/01(土) 17:15 | Trackback:(0) | Comments:(0)
matra m530 lx 19702


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。