プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
削った
12-8-31 (1)
削ってみました。
牛乳パックちょいギリギリぐらいで寸法とると1/30くらいです。
もう楽しくて楽しくて夢中になって彫ったら割りと形がみえてきました。
あとはもうちょっと左右を整えたり、まだ横幅が膨らんでるので削ったり。
素材的に細かいところを作るのは無理があるのでリアバンパーは無くフォルムだけで仕上げようと思います。
12-8-31 (2)
ちとタイヤが無理があるがまぁまあ。
ホイールアーチもフロント・リアでちぐはぐだし、ここらはノミやカッターで荒削りしてる限界か。
どっからが細かい作業なのかと言うのをしっかり考えておけばよかった。
少し早まりすぎた感じ。
12-8-31 (3)
で、今日削った後ミニカーと比べて見るとそれなりにずんぐりむっくりな所あるんですよね。
もう少し削ってしまっていいのでしょう。

カスタムミニカー | 2012/08/31(金) 23:49 | Trackback:(0) | Comments:(2)
石膏
12-8-30.jpg
学校の先生が牛乳パックで型取りした石膏をくれました。
前から石膏でなんか作りたいと思ってましたが買うにはいたりませんでした。
明日で夏の授業は最後なので、あまり時間に今度こそギブリを掘り出して見ようと思います!
石膏はやわらかくカッターなんかで切り出せますがパサパサだからすぐに欠けるんですよね。
だから製作中あるいは作り終えた後落としたりしなければいいんだけど…

まぁ出来たらまた記事にしようと思います。
カスタムミニカー | 2012/08/31(金) 00:04 | Trackback:(0) | Comments:(0)
レーシングカー
ギブリのレーシングカーがヤフオクで売ってる!
まさかギブリがヤフオクに出るなんて考えてなかったから全く見てませんでしたが、海外のサイトでもこれ売ってますね。
やはり他の外で写ってる写真なんか見ると景色が日本ぽいと思ったらやはり日本にあったんですねぇ。
当時レースに出てなかった車なだけにヒストリックカーレースに参戦できるのか判りませんが、
格好はいいですしかなり本格的にチューニングされているので凄そう。

Maserati Ghibli | 2012/08/27(月) 23:22 | Trackback:(0) | Comments:(2)
ハチロク
12-8-27 (3)
サークルKに行ったら自衛隊シリーズの隣にハチロクが置いてありました。
えぇーたけーっとか思いつつ三色の中から好きな色選べるふうになってたので、
結局買っちゃったんだよね。

僕も最近友達の車に乗っかって箱根とか行くんだけど結構峠道でも見かけますね。
新車でここ来るかーみたいな感じは割りと好きです。
12-8-27 (1)
形は妙な飾りつけが多くて日本人臭い感じがするけど、たぶん年数が経つごとに無意味さが増して残念なかんじになっちゃうんだろうなぁ、フォルムは悪くないのに。
チューンドメーカーが格好いいデザインのバンパーなどを作ってくれたら良いかもしれません。

まったく褒めてるんだかこけ落としてるんだか白黒付け難いのにも理由があります。
思わず手にとってミニカーを欲しいと思えるくらいに魅力はあるんですよ実は…笑
12-8-27 (2)
でもねぇやはり新車でこれ買いますかって所なんだよねぇ・・・
まだ学生の身分なだけにつらつらこういう事書くのもあれだけど、
若者狙って作ってるんだったらまず値段がどう考えても買えないもんなぁ。
その値段の車で峠せめるんだなんて言うならエリーゼの中古車買ったほうが満足な感じしませんか?
それにミニカー手にとっての感想だから本物はどうかしらないけどデカいんじゃないかなぁこれでも…


スポーツカー好きだから新型でスポーツカーを売り込もうとしているトヨタの姿勢は悪くないんだけど
やはり新車でスポーツカー売るのって難しいんだなぁ。
自分はなんかますます古い車好きになっちゃってね、
気に入って買ったのに文章書いてるものの数分で複雑な気持ちになってしまったなぁ・・・
ミニカー | 2012/08/27(月) 23:10 | Trackback:(0) | Comments:(4)
Ghibli1973
12-8-25 (2)
ようやく写真撮れましたー。
外で取った割りにそんないい雰囲気で撮れなかったけど、一応完成と言うことで写真を載せます。

1973年式のアメリカ仕様。
大きいオレンジのポジションランプとでっかいサイドマーカーがゆたかです。
渋いメタリックに似合う仕様だと思います。
12-8-25 (3)
ボラーニワイヤーのボルトタイプ。Etypeのものを使います。
センターロックのものよりもリムが浅いので区別できます。

後期型のアメリカ仕様でワイヤーホイール、これが良い組み合わせだと思います。
マフラーはあえて真っ直ぐ向いた2本の奴に。
12-8-25 (4)
4900ccに3ATで、ワイヤーホイールと来れば、どちらかと言えばスポーツカーとしてではなく、ドライブ向けの車みたいなキャラクターが強く、もろにアメリカ的だとおもいます。
これはこれでいいかなと思います。
12-8-25 (1)
このワイヤーホイールにするとトレッドが狭まっている様に思うんだけど、それも再現。
めちゃくちゃかっこよくないですか。
ヨーロッパ仕様の王道もいいですが、こういうのもまた違った視点から見るととてもいいと思います。

そのうちU.S仕様のミニカーとか流行らないかしら?
全く違う車みたいで面白いんですけどね。ボーラのU.Sもまたつくろうかなー。
カスタムミニカー完成車両 | 2012/08/25(土) 23:14 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ドライブ
河口湖自動車博物館へ行きました。
写真はいつのまにか携帯電話でしか撮れない事になっており・・・
一応写真はこの外においてあったフルゴネットで。なんだかすこぶる状態がよく、実働可能な状態だと思います。
602のモデルで一番後期に当たるシリーズのAKバンですけど、ふだん見ぬ後ろ周りに新鮮さをかんじますし、
602ccあれば荷物を積んでもちゃんと走るに違いないです。
12-8-19 (2)
で、館内へは車のスケッチが目的で行って来ました。いつもいつも写真ばかりを見て描いていたので
立体になるとこう見えるんだなぁとつくづくかんじましたね。
とくに館内ですからかなりパースがきつく掛かるわけだけど、写真よりもよく理解できるのは目で見て描いているからなんですねぇ。
とくに戦前型のフェンダーを持つ車は描いてて楽しかった。タイヤが全部張り出している上にキャビンがある、
50年代以降になるとタイヤ同士のつながりが上手くつかめなくなりますから、やっぱり原点を辿ることの重要さにも驚いたな。
お気に入りは勿論ブガッティとアルファロメオが2台並んでいるあのゾーン。
あの組み合わせ、色もそうですがゼータク。最高の空間だと思います。車自体はやはり275GTBやデイトナ。
クアトロポルテSr1もあるのに、申し訳無さそうに向こうに行っちゃってて描けなかった。

描いたクロッキーの中じゃあベベ・プジョーと、ランチア・アプリリアがまだ見れるんだけど、
もー最後のほう、そう275やデイトナなんかの辺りに来ると疲れてとても思うようには描けなかった…人気で人も多いですしね。

とにかく勉強になる一日でした。行ってよかった。これがバブル期だったら、フェラーリ博物館もポルシェ博物館もあったのに。ここら辺は博物館でいっぱいでしたね。
あの財産を残しててくれたらねぇ。残念もいいところですよ。
12-8-19 (1)
帰りは山中湖をとおり御殿場を抜けて到着。
山中湖は晴れていてお客さんも沢山居てにぎやかでした。

そうそう河口湖自動車博物館は8月しかやってないのでお早めに。
結構人が居ますよ。
車・イベント | 2012/08/19(日) 01:29 | Trackback:(0) | Comments:(6)
プジョー106 ラリー
12-8-9 (2)
日曜日の話になるけど、兄が車を買いました。
長野だったのでそこまでは僕が車を運転していきました。しかも家族総出です笑

見に行った車は106の初期のラリー。父が306を新車で買った当時、とても迷った車だそうで、
結局家族4人を想定し4ドアの306と成ったのでした。
そんな事もあってか多いに盛り上がりを見せ、僕も当日は運転手なのに興奮して中々寝れなかった…
っていうか寝なかった…笑

12-8-9 (3)
結構塗りなおし箇所もあって修復暦はありそうですけど、それを含めても楽しめる車であると思います。
なにしろ結構状態は悪くないです。
9月まで車検があるので、当初の思わく通り乗って帰れました。
90年代のプジョー2台で坦々と帰るのも結構良いものでした。

車の性格上飛ばして楽しい車なんだけど、
初期型のラリーはもう立派なレアカーです。購入目的とは違う車になったみたい・・?
12-8-9 (1)
なかなかいい形ですね。乗ってみるとそれなりに車内が広く、
本当はリアシートを取っ払ってロールバーを組む予定だったのに居心地がもう素晴らしいもんなので計画倒れですねぇ。
僕も少し乗せてもらえることになって嬉しく、これを機にマニュアルの運転をしっかり身に付けておこうと思います。
それにしても、こうして見るとプジョーにもこういうマニア向けの車があったんだよなぁ、って思いますね。
206から先どうも面白くないメーカーですが、106のラリーをとめておくと話かけてくる人もいました。
そうか、こういう車の世界もあったのね!盲点だったなぁ・・・
12-8-9 (4)
2台で帰りは楽しかった。
フランス車系 | 2012/08/09(木) 02:34 | Trackback:(0) | Comments:(6)
matra m530 lx 19702