プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
ランチア2
12-10-21-1 (41)
やはりイベントの代表選手はストラトス。
僕も1~2年前までは全然巡り合えず…
何度か道端であっ!ってことはあったんですけどね。
流石にこのイベントで一生分の台数は見れたかな…笑
中でも僕は水色が前からすきです。
赤も良かったかも。黄色もいいかも?紺もいましたね。
12-10-21-1 (42)
唖然としちゃう台数。数えもしませんでしたから笑
12-10-21-1 (44)
かっこいーねー!!
幼少時代からのうっぷん全てはらしましたからね。楽しかったです。
これだけ台数いるといいように人が散るので見たい放題。
ノーマルが一番好きかな…笑
ウィングレスはいなかったのが残念!
12-10-21-1 (21)
撮影するタイミングも一杯あって満足できました~。
オリジナル度の高いのが多くて個人的にはかなり嬉しいです。
12-10-21-1 (69)
ロスマンスなんかあったのね。っていう。これいいカラーリングだと思う。
広々していて絵になるねぇ。
12-10-21-1 (73)
037!一度ショールームに入ってるの見た事ありましたが、
走ってなんぼでしょ、こういう所で見る方のが気分が踊りますね。
それにしても!この横にあるパラソルの雰囲気が最高!
この青空とすげーマッチしてました。これはよかった。
12-10-21-1 (43)
何台いたの?笑
日本に何台あるのかしら…
12-10-21-1 (39)
赤いシャルドネ!本物だって。
本物のもつこのオーラとか格ってなんでしょう…
12-10-21-1 (70)
デモラン。
12-10-21-1 (71)
エンジン始動直後からこの車だけV8の様に凄い豪快な音だったんだけど…
同じエンジンでもここまで違うかと。
12-10-21-1 (33)
12-10-21-1 (34)
ランチア・モンテカルロ。それなりの台数がいたのは流石でした。
全て後期型でしたけど、その後期型ですらも正規輸入は20台のみと言うのですから、日本でのレアさは桁違いです。
昔っから気になってる1台。1年に一度とか2年に一度とか超気になる車です。
気になった挙句こっそり1/64で作ってみたものの…
シャーシをみっちり作って終わっちゃいました。残念な話。
12-10-21-1 (74)
ううううつくしい…
この、70~80年代のガチガチの規制のなかでこれほどにいいプロポーションを作り上げるのですからね。
規範があるからこその美しさ。
こういうのはリバイバルデザインばかり考えてる現代車が真っ先に見習うべきものじゃないでしょうか?

じつは”いつか”の一台なんですね~。
12-10-21-1 (45)
初めて見たカムシン。
後期型ですね。ベストアングルから眺められなくて残念だったけど、やっぱりかっこよかったね。
ランプ類に黒い巻物がしてあって黒ずんでいたのは…
かなり遠くからの参加で、本当に来てくれてありがとう!って気持ち。
スポンサーサイト
車・イベント | 2012/10/25(木) 21:54 | Trackback:(0) | Comments:(8)
ラ・フェスタ アウトゥンノ
12-10-21-1 (1)
2件目のイベント。目玉はやっぱりマセラティ200Sですね。
エントリーリストの中で一番気になる車でした。マセラティだし。
この車は最近本国のミレ・ミリアの方にも出てたようですね。
もーこれには興奮が抑えきれませんでしたよ。パッと見えた瞬間からおおぉやっと来た!って感じでした。
ファインダー越しであったのが残念かもしれないけど、通り過ぎていくとき…
スラーと空気をなでるように去って行ったのがとても印象に残りました。美しい…
ヴィンテージフェラーリのレーサーにも負けぬ魅力があったのだと確信しました。ほんとに。

12-10-21-1 (2)
芦ノ湖の神社の辺りで撮影しました。あと少しでゴール地点。
少々時間が前後しますけど、この頃はまだ最初のほうで、明るかったんですが…
もー最後のほうは殆ど写せませんでした。芦ノ湖の森林地帯はまるで光源がありません。走ってきてもライトの光がまぶしくてまともに撮れませんでした…がっくし。
12-10-21-1 (3)
レコルト・モンツァ!超かっこいいです。
こういうイベントだとアバルトが多いのでいいんですよね~。
車高を低くしてあるみたいで格好がレーシーでした。
12-10-21-1 (105)
アルファロメオ6C2300。やはりイタリアのクラシックは格が違う。
当時誰が運転していた個体かわかりませんが、横のフェラーリ・エンブレムが雰囲気いいですね。
12-10-21-1 (106)
これは色がいいね。ル・マンクラシックでもこの色の走ってましたね。あれもMGなのかな?
ブリティッシュグリーンよりも映えますね。他にもMGは多数出てました。

12-10-21-1 (107)
バンディーニは個性が強い特有のフェンダーが外され、
その可愛いスタイルを見ることが出来ず少し残念。このスタイルの方がこの車のオリジナルなのか、そもそもサイクルフェンダーがあったのか僕は殆ど知りませんけど、ちと見てみたかったんだよなぁ~
あえてフレンチブルーなのがいいです。
12-10-21-1 (4)

12-10-21-1 (5)
7cvもいました。
本国だとDSの最初期やAZも参戦しているので、是非ともこんな感じで出てほしい所…笑
色がこれはメタリックなのか!?いいセンスでした。びしっと決まってて、スポーツカーに混ざっても何も違和感が無いのは流麗なスタイルからか?いやいや当時どの乗用車より出来が良かったから。
1938年式らしいんですけど、かなり早い時期のモデルですね…珍しい…
12-10-21-1 (103)
親近感があるフレンチ・レーサー。
DB HBRだそうです。ゆくゆくはルネ・ボネに続いていくわけだけど、このエンジンパンチが効いてて良い音でした。
もーめちゃくちゃ可愛いスタイルをばしばし考えてるこの頃のDB、昔の人にも可愛らしく見えたのかな。
12-10-21-1 (108)
前に富士でシルバーのSVZを見て以来、大ファンなんですよね。
この色もイタリアンでいい。この超希少なアルファロメオを、何と2台も見てしまうだなんて、日本はなんて恵まれているんでしょう。SZとなって、完璧なプロポーションを得るわけだけど、
このプロトタイプとも言うべき姿がまた、興味をそそります…
12-10-21-1 (104)
アバルトの中でも結構、色とりどりカラーリングが揃う車でもありますね。
こちらも綺麗な水色…超カッコいい…音がまた素敵!やっぱりアバルトはいいね!
しかもこのカラーリングで超レアなAmadoriのホイールを!!!!
車・イベント | 2012/10/23(火) 03:10 | Trackback:(0) | Comments:(2)
イベントはしご・ランチア フラミニア編
12-10-21-1 (20)
よい車を多く見るために苦労を惜しんではいけません。
なので、ラ・フェスタ ミレ・ミリアと、大磯のランチアのイベントを2件回りました。
朝は9時からランチアイベントへ行き、午後の2時ごろからは箱根を登りラ・フェスタの車たちを待ち伏せ。
流石に大変でしたが…(それを更に遠くのえんすー君はもっと大変だったでしょう…)
車2台3人で行ってきました。

先に今日のこのイベントのマイ・ベストを載せてみます。
12-10-21-1 (25)
中でも気に入ったのはやっぱり行く前から見て見たいと思ってたこの時代の車たちでしょうか。
フラミニアはピニンファリーナのモデルとザガートの2種類。
スポルト・ザガートは何とシリーズ2とシリーズ3の2台がいました。更にラ・フェスタのほうではシリーズ1まで見れたので、すべてのボディタイプが一日で見れました…笑
12-10-21-1 (32)
美しい後姿はその目的によって全く異なるんだけど、どちらも素敵だった。
ピニンファリーナのクーペは日本じゃかなり珍しいはずだから、いい機会だったなぁ。
いたるところに品の良さが伺えて、見ていて飽きないのはやはりランチアの特徴なんだろうね。
12-10-21-1 (40)

12-10-21-1 (35)

12-10-21-1 (24)

12-10-21-1 (59)
セダンタイプのクーペでとてもおとなしいスタイル。
同じシャーシでスポルトやカブリオレ、クーペなどメーカー同士競争させちゃうんだからランチアってなんて贅沢なんでしょう…
ピニンファリーナのクーペのハイライトはやっぱりウィンドウの枠がそのまま後のフィンにむかって流れていく部分ですよね。たいへんモダンなアイディア。当時の人の考えが描かれたように伝わってきますね。
厳格な姿をしっかりとつかんだ上に独特の個性を丁寧に作っている感じは流石ピニンファリーナっていう奴です。

12-10-21-1 (55)

12-10-21-1 (53)

12-10-21-1 (38)

12-10-21-1 (37)
スポルト・ザガート。最後のコーダ・トロンカのモデル。SuperSportです。丸いお尻も後期になるとザガートの先進的なデザインはこの車にも取り入れられたんですね。
で、今まで写真で見ていたときはどうにも気になって仕方なくて、わざわざ手を加えなくても…って思っていましたが…!なんという格好よさ!素直に気に入っちゃいました。いやむしろ感動しちゃったよ!このイベントでのマイ・ベストはこれです。
フロントフェイスもすべて異なりますが、このお茶目な表情はやられた。


12-10-21-1 (28)

12-10-21-1 (101)
この車、大きさもこの時代の車にしては結構大きく、それ故にとてもいいたたずまいなんですよ…
後姿に限っては若干上に向けて絞ってコーダトロンカにするという、極限に難しい、というか考えもしない方向に面が向かっていて、それが斬新で凄いよかった…しかもこの形にする為にリアウィンドウまで違った!どんだけ凝ってるんだ!
もうビックリしちゃってしばらく目の前を歩けば張り付いて写真撮ってました。


12-10-21-1 (63)

12-10-21-1 (30)

12-10-21-1 (29)

12-10-21-1 (49)
こんなクーペのルーフラインにもぐり込んで、シートに乗り込んで走ったら最高の気分なんだろうなぁ~
なんて、久しぶりに想像に華咲かせる車を見ました。やーやっぱり、僕はイタリアのグランドツーリングカーがすきなんだな。
しかも車はやっぱり実際に見てみなければわからない、を実感させられました。

エンジンはV6、ヤーノが設計したアウレリア用のV6が世界初なんだってね。
そう考えてみると、もうクラクラしちゃうよねぇ。

シリーズ2の写真も撮ってきたんだけど、それはまた明日もう一度ラ・フェスタの方に行ってシリーズ1ももう一度写真撮って来たいのでその後にしようと思います。
車・イベント | 2012/10/22(月) 01:22 | Trackback:(0) | Comments:(2)
石膏ギブリ細部
12-10-11.jpg
今回はルーフの緩やかな面取りを見直し。
ついでにバンパーをプラ板で仮に製作しリア周りのスタイルを見ていきます。
12-10-11 (1)
年式はトランクのラインが複雑な67年にしてみました。トランク上部をえぐり出し、ミウラの様なスポイラ―形状にしてあります。
これが為に余計ルーフのラインが後半一歩手前らへんでモッサリしちゃうんですよねぇ…急に勾配がきつくなってしまうからですが、よく様子をうかがって丁寧に削っていきました。
京商のモデルとは違って窓が別パーツではありませんから、ここらへんは融通がききます。
12-10-11 (2)
リアの車高が低くなっているのでこうしてみると後ろがキツいんですが…
こういうふうにして、細部に手を加えていくにつれここが、あそこが…と、頭を悩ませるポイントがいくつも出てきます。
パッと見ればギブリの形してはいるんですけどねぇ。今のところ大きな欠点も無いように思いますし。
12-10-11 (3)
実車を十分に観察してあたらしく発見した箇所はこのルーフのなだらかなライン。
シャープな面をいっそうエッジを効かせて見せるためのアクセントとして、ルーフの両脇が逆湾曲しています。
本当に細かな部分で、べつに今やんなくてもいいのではと思うんだけど、
やはりこういうディテールっていうのは作者の拘りじゃ無いでしょうか。
石膏は真っ白ですから、なおさらこういう部分もしっかりとらえておきたい部分です。
12-10-11 (4)
ルーフが仕上がるにつれ、リア・オーバーハングが迫力に欠ける点となってきました…
多分バンパーから下の角度が問題かなぁ。
トランク部分を付け足すか、下回りを削るか。とりあえず削って短すぎに感じたら盛り直そうと思います。
Maserati Ghibli | 2012/10/11(木) 01:35 | Trackback:(0) | Comments:(0)
石膏Ghibli
12-10-7 (2)
タイヤを円形に深く掘り込み、少し失敗して削りすぎたところはありますが、
タイヤとボディが離れてきました。失敗して丸くなってないところはまた盛り付けて削ろうと思います。
主にフロントのアンダーパネルを削り、ぼってり感をなくしてみました。
この部分、市販仕様のダクトがあるタイプにしようと思いますが、造形的にプロトタイプのプレーンボディの方がいいのかなぁ?とりあえず残しています。
12-10-7 (1)
タイヤハウスの形をF/R整えたので違和感がなくなりました。
んーこのリアの眺め、やはりバンパーがないと物足りない感じ?
リアの下回りももう少し高く切り上げちゃっていいかも。
Maserati Ghibli | 2012/10/07(日) 15:21 | Trackback:(0) | Comments:(0)
matra m530 lx 19702


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。