プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
石膏ギブリ
13-6-20 (3)
石膏ギブリです。
だいぶ間が空いてしまいましたが、昨日からひっさしぶりに製作を続行しています。
こんどもっと大きなものを作りたくて、その前に小さなこれ(1/28だったとおもう)でフォルムを追求することにしました。
ということで、以前は細部までこだわろうと、モールドを引いてみたり、ライトを作ってみたりしたのを全て埋めて、美しい姿を再現する事に重点を置いて製作を続けることにしました。
てなわけで、細かい所を抜きに、大まかな形と、最低限の特徴のみに絞ってどこまで表現できるかやってみようと思います。
前回との違いは低いプロポーション。かなり屋根を削ってみました。
そして一番の特徴がこの車の場合このグリルだと思ったので思い切りえぐり取ってみました。
そしたら何と格好のいい顔立ち…笑
以前まではバンパーをどうするだの色々考えていましたが、グリルのみに簡素化したら何か良い感じになった。
13-6-20 (1)
光の向きに寄る所ではあるんですが、こんな風に光っちゃってしまったりするのはいいのかなぁと疑問に思います。
こうしてみるとエンブレムがあるからですが、イソ・グリフォに共通する迫力が生まれました
マングスタのような雰囲気も持ち合わせていますが、これらは共通するモチーフから生まれたと考えるべきでしょうか。
とにかくこのライトが格納されるグリルにハイライトをおきたいのですが、まだまだ試行錯誤が続きそうです。
13-6-20 (2)
全体のバランスとしてはまだ少し難点があります。
これも表現の一つとかんがえればそれですが、サイドウィンドウの最後とフェンダーが薄すぎる所。
あくまでも低いプロポーションを殺さない程度に、もう一度フェンダーを盛りなおす必要があるのかもしれません。
とりあえず石膏は面白いのですが、以前の様に細かい作業には適しておらず、この程度の表現までに留めるべきなのかもしれません。
あとは石膏のマットホワイトが作る明暗の強弱に任せて、形を浮かび上がらせようという方法で…
ただしホイールはしっかりやりたい気がするんですよねぇ。
カスタムミニカー | 2013/06/20(木) 23:43 | Trackback:(0) | Comments:(0)
アメリカ仕様
13-6-18 (1)
後期型のモデル。アメリカ仕様。たぶん4900ccのSS。赤でボラーニのボルトオンタイプのホイール。
よくあるスタイルのギブリを再現します。

アメリカ人からしてもアメリカ仕様はお気に召さないみたいですが、
これはこれでいいと思います。
真っ赤のボディにちょっと奥まった位置に付くワイヤーホイールが中々洒落てます。
見慣れてくると赤のボディにアンバーのウィンカーがマッチしていて気に入ります。
ただしこのタイプについてるエアバッグ的な発想の仰々しいステアリングは中々好きになれないなぁ…笑
なにしろそのステアリングだって2個作ったけど愛着わきませんでしたからねぇ…
ステアリングはベーシックな奴が一番ですね。
13-6-18 (2)
昨日の写真に写ってた奴を剥いだわけではなく、剥離材が無いので以前剥がしておいたストックを使って作っています。
カスタムミニカー | 2013/06/18(火) 00:51 | Trackback:(0) | Comments:(0)
掘り当てる
13-6-17.jpg
マーキュリーの箱の中に2台、ジャンクのカゴから2台、今回やり直そうと思った2台。
いくつか近い色合いの物はありますが、明度のバランスからいくと失格だったり、やっぱりこの色にはこだわりたいしいくつ作っても思う様なものが出来ない。
偶然前塗装した奴が生き残っていたとはいえ、こんなに再塗装せずに残してあったとは…笑

なにが問題かというと、写真になった色からじゃ判断し難い色っていうところ。
どこかでレストアしている外国のスレッドにも書いてあったが、画面上でドラマティックな色に見えるが、実際はさほどではない、という一言にこの色の本性がある気がした。
実際にはかなり彩度の低い色のようだ。

さて次こそは成功させよう、2台はこの色にするとして、そのほかはこの色から開放しないとなぁ…笑
カスタムミニカー | 2013/06/17(月) 01:54 | Trackback:(0) | Comments:(0)
回転セブン
13-6-16-1 (1)
13-6-16-1 (2)
13-6-16-1 (3)
13-6-16-1 (4)
13-6-16-1 (5)
13-6-16-1 (6)
13-6-16-1 (7)
13-6-16-1 (8)
13-6-16-1 (9)
13-6-16-1 (10)
大磯の恒例行事を観戦しにいってきたんですが、今日初めて撮ってきた写真をみました。
回転ポイントは非常に良いパフォーマンス場所です。
このセブンは写真で見ても綺麗にずっとテールスライドさせたまま回転しています。
セブンの場合、車がクルクルしててみていて面白いのもありますが、
なによりオープン故に車の動きとドライバーの動きが一目に見られるのも良い点だと思います。
車・イベント | 2013/06/16(日) 00:49 | Trackback:(0) | Comments:(2)
mangusta
13-6-16 (3)
買ったんですよ、せっかくだからオリジナルの状態もあったらいいなと思って…
コーギージュニア。
こんなモデルでも欲しいと思ったらすぐに見つけられる、さすがヤフオク。
僕昔からこのモデル探してたんだよなぁ…
コーギーjrってこうも簡単に発掘できるもの?たまたま?
即決だったのですぐ手に入ったのです。

ということでこれがモデルです。
13-6-16 (2)
さて違いを、といいたいところですがあんまりやると古いモデルをリスペクトしている自分の心も傷つけかねないので並べるのはよそうと思ったのでした…笑
13-6-16 (1)
もう大体いいんであとは細かいライト周りだのを作らなければいけないのです。
カスタムミニカー | 2013/06/16(日) 00:36 | Trackback:(0) | Comments:(0)
予想外によさそうだったので
13-6-4 (5)
なんか研ぎ出ししたら車体が大きいせいかいつもよりも綺麗にみ見える…
となると、ちょっと屋根のへこみが…笑

13-6-4 (3)
ということでパテ盛開始!!!!!!!
今から?今からです!
13-6-4 (4)
砂浜で転倒したみたいになりましたが。
13-6-4 (2)
こんなふうにして、細心の注意をはらい平らを求めていきます。
やる前に屋根の塗装をはいでおけば更に完璧ではあったのですが。
というのも、アクリル絵の具は塗料ではありませんからクリヤー層を削りきってしまうと絵の具層になります。
絵の具は削られる力に弱いのでそのまますぐプラスチック面に突入するため、段差が出来るんですよ。
まぁ、クリヤーが厚い事にかけてはいたんですが。。。どのみち屋根の塗装を剥ぐことになったらどのみちどこかで段差が出来るという事です。
13-6-4 (1)
ここでサフ登場ですね。サフも際はきっちりとマスキングするとそれだけで段差になっちゃうのでフチを半浮かしにして境目ができないように工夫します。
これで乾燥したら塗装が乗っていない部分にサフが残るように工夫して磨いてやればいいんじゃないかなぁと思うんですが。ほんのちょっとの段なんですよねぇ・・・このまま塗ってようやく目に付くぐらいかな…
あと一手間くわえてやれば屋根を復活させた甲斐があるんですけど・・・

あと今日はボンネットとホワイトウォールのタイヤを真っ白からクリームに変更。いい感じ。
今回ボディはテカテカだけど裏返すとあんがい状態が良くない感じを再現するので、タイヤも若干黒ずんでるほうが望ましいわけです。
さてこれを「火の玉」にしようかどうしようか・・・技術的にも…笑
カスタムミニカー | 2013/06/04(火) 00:32 | Trackback:(0) | Comments:(0)
へこみ屋根
13-6-1 (1)
レベルの1/25マーク。
悩んでた末に後がつかえたので一気に塗装色決めてやってみました。
黒です。いやーシンプルが一番です…
もーいろいろありました。埃は入っちゃうし、まぁ1/64から考えれば体積が増えた分こうなるのは目に見えてたんだけど、落下したりして大変たいへん
落下してほんの瞬間的に救えたボディは屋根に少し前回の絵の具が付着したりスレたりしただけですんだけど、ボンネットの救出は二の次だったのでしっかりとベッチャりひっついて終わりました。
まぁ二種類入っていたボンネットのうち1個が終わっただけだし…不本意ながらルーバー入りのほうを選択せざるを得ない。

車輪はめ込むのだって一苦労でした。これ本当にこんなに力入れないと入らないの!?
って思ってたら組んだシャーシが分離したり。仕方ないので穴ほじり開けて組みました。
13-6-1 (2)
研ぎだして2度目のクリヤーですから艶は結構でましたがこれも結構大変な思いでした・・・
なにしろおっこちてあーだこーだしているうち、良くない事はわかっていつつも白熱球で強制的に乾燥させなければならなかったため、気づかないうちに溶かしていましたよ、と。
まぁーこの程度へのカッパです。直しもせずそのまま仕上げて何食わぬ顔してれば平気。
落っこちたのもへこましたのも製作過程の歴史です。長い目で見ます。初めてのプラモデルだし…汗
ちなみにサイドスカートは2種類あったので好みの長い方を選択。若干刷りあわなかったのでパテで埋めました。

後がつかえてる、というのも他にやりたいプラモデルが出来たからです。
アメプラもやってみたかったしカスタム・マークは大好物ですがそっちに気がとられてます。
カスタムミニカー | 2013/06/01(土) 23:30 | Trackback:(0) | Comments:(0)
matra m530 lx 19702