プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
Restration

完成しているシャーシに未完成のボディ被せたらレストア中みたいな風情。
初期型のアゴに穴が空いてないタイプの奴です。
ホイールにスピンナーはオシャレ。
こんな感じで普通にシルバーにしたら新鮮でシンプルでいいんじゃないかと思います。
スポンサーサイト
カスタムミニカー | 2014/01/28(火) 00:17 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ムダの多い車

実物をちゃんと見てないのに言ってはいけない事だが、パッと見カッコ悪いスポーツカー。
乗用車ならまだしも、スポーツカーを格好よく作れないなんて、魅力ゼロじゃないですか。
今やどれとったって性能は対して変わらなく良いのに、それでいて姿だけでも差を付けようって、何でならないんでしょう。
めちゃくちゃ意味のないお飾りの線が多くて飽きっぽい。無意味。
スポーツカーが淘汰されても文句言えない現状です。
新型と言う話題性のみで、後々はどうなるのでしょう…
イタリア車系 | 2014/01/27(月) 23:39 | Trackback:(0) | Comments:(0)
マーク

ガレージオフへ入ってみたら、有りました。いつも通りのウィンドウショッピングだったのでお金を持ち合わせておらず、財布の中にあった一台分のお金と、それから306の中をかき回して集めた3台分のお金合わせて4台買えた!!笑
真ん中の真っ黒のはマイカスタムですが、周りの彼らが今回の入手品。
状態は悪く、400円の値からみればお得感有りませんが…
ちなみにあと一つ49と2つの51は泣く泣く見送りました…

火の玉でベーシックなスタイルのこのモデル、昔欲しかったんだよねえ。
でも良くみると模様が近代的で好みじゃないような。赤いてっちんはグッド
HWのマーク雰囲気よくて大変気に入っております。
できたらオリジナルのラウンドテールにしたいんですけどね。
アメ車系 | 2014/01/19(日) 22:51 | Trackback:(0) | Comments:(0)
AZAM

これは2月のフランス旅行で、帰りの空港で買った本です。
この他に2CVの雑誌、もうひとつありました。こっちは雑学的であっさりした内容ですがそちらの方はレストアが主題、でもビリビリに破けてたんで買わなかったんだよね。いま思うと後悔


特集はちょうどよくAZAMでした。
これは前開き以外はぼくのと同んなじなんだよね。

これは参考になりますねえ。
シリーズ通してこれだけしかカラーリング無かったのね。
Citroen 2CV | 2014/01/13(月) 15:30 | Trackback:(0) | Comments:(2)
2CV AZL

シトロエン/プジョーディーラーにて、こんなものをお買い物。
欲しかったノレブの2CVの赤!
FBMでは一箇所しか売り物がなく、しかも2000円だとよ!

驚きのディーラー価格は525円。

このボンネットで赤はどう?と思うと思いますが、めちゃくやちゃ可愛い。
60年代にあった朱色がモチーフな様で、色自体の再現度も高い。
いやー本当に欲しかったので、外国から輸入も考えましたがまさかディーラーでこの値段とは。

灰色をXDR2さんより、プレゼントでいただいていたので、個人的にノレブはそれで十分、とも思いましたがカラーバリエーションって、いいね笑

こんな感じで車に置いていたので、灰色ををお家に返して赤をここに設置する予定。
灰色、目が片方なくしちゃったし…(´Д` )
Citroen 2CV | 2014/01/13(月) 14:59 | Trackback:(0) | Comments:(2)
新年国産旧車勉強会

エスハチの記事でぼやいたら中古屋で友達が買ってきてくれちゃいました。
なんとゆう親切!しかもどれにしようか悩んで結局電話で決められず
こうなったと。笑

新品価格が1785円と到底手を出せる値段じゃなかったのを、今思い出しました。こうして手に取るといい出来。感心します。凄く精密。
もう何もしなくていい雰囲気。この安心感ときたら改造しなくて済むので気も休まります。

年式順に紹介しましょう、これが1500。トミーによると後期には後ろ座席がない2シーターなんだと。特徴なのでそこはチョット残念に思えましたが、色も良くてセンスばっちし
そのまんまMGBの様で、これを言うのは難ですがミニディンキーのMGBを手にとってるかのよう。

シリーズ中一番気に入ったのが1600。
こりゃー美しい!色も本当に最高だと思いませんか!エスハチのメタリックはがっかりでしたが、これは塗りも整ってて綺麗。
雰囲気抜群です。
付け替えが出来るトップは、2000からハードップを頂戴しました。こっちのが色とマッチします。ホイールキャップ外せばこのまま日本GPにいそう。
初期型最高フルオリジナル最高の自分にはこれが心にフィットします。

年式を追って見るとあの繊細さはどこに!といった感じの2000。
これでもローウィンドウでレアな初期型2000ですが、色のせいか、ホワイトリボンじゃないからか、それにこの無愛想なグリル…日産は本当昔からこうなんだよなぁ…って
でもこの感じが一番馴染みあるんだよね。

付け替えできるオープントップがまた両親的なんですよねえ。
オープンカーでも年中開けてるのは嫌味という奴で、気分転換にこうして外せるのが理にかなっています。
オープンの横姿なかなか綺麗です。
そいやどこかのイベントの帰りに雨が降る中帰っていく1500か1600の赤が美しく見えた事を良く覚えています。

内装はびっちり作り込んであって惚れ惚れしてます。しょっちゅう作ってるステアリングがこの出来なのには感激します。そう、その気になればプラパーツなんだからこれくらい出来るはずなんですよね。

思いがけずお気に入りができました。
これは1785円って頷けなくも、ない気もする。ただ僕には無理な金額帯なので惜しい事してた…

大きくヒケをとってしまった2000も含めて全種類揃えて良かった。非常に勉強になりました。
というわけで2000は左ハンドルにしたいんだけど、この内装の出来栄えじゃ、手を出しづらい。
それより雨の中の赤いオープン…気になってしまってます
写真探してみよう。
国産旧車 | 2014/01/07(火) 01:04 | Trackback:(0) | Comments:(0)
エス

エスロクのが好きでしたが、売ってたのをみて買ってみました。
本当はフェアレデーとどちらか悩みに行くつもりが、そっちは売り切れ
でこれにしました。
この情けないホイール。
トミカの残念なところ。

京商のオープンからホイールを拝借
京商のはいつもいつもオーバーサイズで悩まされますが、トミカのは小さすぎです。
しかしタイヤは例に漏れずでかすぎだったのでトミカの元々のを引っ張って装着
表情でてきたかな。

本当はキャップなしがいいんですけど…
エスロクの方もやはり大きさが気に入らないので考えないとなあ
国産旧車 | 2014/01/05(日) 01:33 | Trackback:(0) | Comments:(2)
matra m530 lx 19702


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。