プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
新年

あけましておめでとうございます。
新年のご挨拶を頂いておきながらこちらからのご挨拶が遅くなって申し訳ありませんでした。
それでは、今年もよろしくお願いします。今年は去年より文章を残しておきたいですね。


買って間なしにエンジンを壊して今年に入って友人の御父様の修理工場へ行ったところです。
多分、オイル上がりで車検時に入れ替えたオイルが全部なくなってて気づかず走ってたらメタルの異音を聞き取りようやく気づいたという訳です。

そんなわけで車に対して特に書くこともなくなり(たくさんあるわけですが)
これも多分僕が買った時には既に載せ変わっていたと思うので、三つ目!?のエンジン。。

壊れてる最中でもそれ用のホイールを見つけたのでとりあえず変えておきました。ウィリアムズレプリカ。

自転車はとりあえず純正のリムがかなりへこみがあったりしてブレーキにも影響があるので最近のアルミをとりあえずはめておきました。
Rigida製のクロームリムなのですが、
これが調べてみると中々ない…!
年式でブレーキが当たる部分の模様が異なるために、僕の年式の模様のはいつまで探して待てばいいのか見当がつきません。
買ってから違いを知ったり奥が深い…
へこみがあっても、部品が高年式に変えられてた…よりもオリジナルであれば手元にあってほしい感じ。

で、泥除けは亀甲模様でクラシカルなのが良いけどこれはオリジナルではありません。黒いラインが入ってるとこまでは一緒なんですけどね。これも兼ねなんだか独特の雰囲気が出ちゃってて、これはオリジナルじゃない!だの程度が悪い!とか散々気にして今まで購入に踏みとどまってたのに結局雰囲気で買ってしまうという。
向こうの自転車やさんが外されてた泥除けなんかをできる限り近い状態に戻してくれたって感じが滲み出ててちょっと好きなのです。
ライトはあんまり見ない白いシビエだし、泥除けの上に着くキャリアも形同じだし!!

年代違いでもいいので真っ直ぐなリムがあったら、欲しいなあ。
ウィリアムズのホイール履かせたりオリジナル意識がかなり落ちているこの頃…こんな事も少し前じゃ考えらんない事なんですが。。
いずれにせよ、乗り物は走らなきゃ意味がないということで、とりあえず走れるようになった自転車に乗って車が治るのを待つことにします。
スポンサーサイト
フランス車系 | 2016/01/09(土) 23:54 | Trackback:(0) | Comments:(2)
matra m530 lx 19702


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。