プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Le mans CLASSIC

一番見たいなっていう車を絞るのは難しいけど、やっぱり300S。









ロングノーズのが格好いいと思っていたけど、ショートノーズ!ステキ!
しかもこのビビッドな赤の方はグリルがきらびやかに仕上がってて綺麗でした。
300s以外にも、A6、ティーポ61、63と…豪華でした。
バードケージは流石にかっこいいんだけど、ツボだったのが63で、
残念なことにこれら二台の走行シーンはプラクティスでしか見れなかった…
300sやA6は最後のレースでも元気な活躍が見れて、走行中の写真もたくさん撮れました。
不調で「そういえば」あれ走ってない!みたいな車も、後々写真を見返すとありますねえ…
ブレッドバンも、最終戦で途中で止まっちゃった。。。
車・イベント | 2016/12/27(火) 22:16 | Trackback:(0) | Comments:(3)
1965 Peugeot PX8



こっちは街が似合いそうな自転車です。
ロードタイプの派生という位置づけか、セミコルス車と呼ばれているようです。
px50の方がまだあまり乗ってないからか、乗り味はこっちの方のがクセがあり面白いように思います。
あまりグローバル意識がなく、国内で発展した感のある妙な感じがいいです。
他の自転車には乗ったことがないから、比べるものがありませんが、
気に入ったものに乗れるのは幸せな事だと思います。
自転車 | 2016/12/18(日) 23:11 | Trackback:(0) | Comments:(0)
Le Man CLASSIC
lm0501 (24)
もう今年もそろそろ終わりそうですが今年、とうとう夢の舞台へと足を運ぶことが出来ました。
なかなか更新できずにいたのですがこの際何の加工もなしに画像をどんどん載せていこうと思い立ちました。
夢の舞台とはルマン・クラシックです。日本では見られない数多くのレーサー
そしてなんといってもそこはルマン。すばらしい旅をすることができたし、こうして思い出を持ち帰ってこれて良かった。
しばらくアップが続いたらよいのですが。続きを読むにて乱雑にとりまくった写真の一部を見ることが出来ます。
続きを読む
車・イベント | 2016/12/18(日) 00:52 | Trackback:(0) | Comments:(2)
1964 Peugeot PX50







フロントバッグも買ったので走ったら楽しそうです。ブレーキレバーがギドネットのままだと、握りが制限されて危ないなと思ったんですが載せて走ってみるとそんなに悪くありません。
なるべく自転車を改造したくないのでロードレーサータイプのブレーキレバーは結局買わなそうです。
譲ってもらった時は、失礼にも水色ともつかぬ実に形容できない色がヘンテコと思ってたんですが、タイヤも付いて、鞄も置いてみるとなかなか雰囲気が良い気がしてきました。見慣れてくるとこれでないと!という具合に奥ゆかしいものがあります。
今日は前輪の振れ取りを行いました。リムはよくてもタイヤが上手く真円をうまく描けません。タイヤ装着ってこんなにたいへんなんですか…笑

当時の状態にしたいので、グリップもオリジナルのsufficit製のゴム製グリップが良くて(バーテープですらないチープさがフランス的)、ようやくバーとステムごと手に入れたものの…
ブレーキレバーどうやって通せばいいのか、通せないからゴムグリップ外さなきゃいけないのか、外れるのか…と考えるうちに使用を断念しました。

が、最近見たら日本のアマゾンにSOYOとかいうメーカーから、ピスト用ロンググリップなるものが売られていました。
これで良いんじゃ!?と期待を込めて必要な4つ分を買ってみました。
模様こそ違いますが、雰囲気はオリジナルに準じております。
このオリジナルのバー一式はそのまま大切に保管して、いま使ってるバーにとりあえずつけてみようと思います。
楽しみ。
自転車 | 2016/12/17(土) 23:01 | Trackback:(0) | Comments:(0)
matra m530 lx 19702