プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
3/3 リペイント
こんなに塗ってばかりなのは、暇がたくさん出来てしまったから…
今日はドライビングスクールは寝坊して行けなかったし。

にしてもエアブラシは面白いです。絵の具の異変が起こらないか試しているだけだったのですが
だんだん本格的になってきちゃった。
2103.3 repaint (3)
以外にも塗装剥離をするのは今回初だった、ジュリア・スプリント。
当時の映画の写真を参考に、ただの赤ではなく
赤、黄色、茶色、いろんな色を混ぜ合わせた色を塗りました。

京商のオリジナルの赤を見ると目がチカチカしてくるよ(笑

滅茶苦茶気に入りました。「赤いアルファは日本だけ」ですが、映画の中にも赤いアルファは居りました。
ただ、日本の赤とはまた違った赤で。
これは経年変化が起きてほしくないなぁ・・・

2103.3 repaint
2台目はフィアットディノ・スパイダー
イタリアのフェスティバルに写ってたオレンジを再現しました。
にしてもディノスパイダーは鮮やかな色が引立ちますね。
2103.3 repaint (2)
いつも作ってる気がしますが(爆


メラク。
今回は志向を変えて、イギリス人好みのこの色(わからないよね笑
GBにある旧車に見られるカラーです。特にオースチンやローバーなどの70sには純正色にもこんな感じのがあるみたいです。

2103.3 repaint (1)
だけど色んな色を混ぜていくと赤は赤でもたくさんの色合いがあります。
京商のは赤は赤しかないんです。
もっと色に幅があると並べたときの感動も違うんじゃないかと思うけどね。

この250LMは、赤・こげ茶・蛍光ピンク・イエローを本当に少しずつ加えて作りました。
蛍光ピンク入れると暗い色でも陰影の部分が鮮やかになるんだよ~。面白い。

カスタムミニカー | 2010/03/03(水) 17:02 | Trackback:(0) | Comments:(2)

凄いなぁどれもイイ感じの色ですね。自分はカスタム始めたばかりでなかなか上手く塗れなくてトライ&エラーの繰り返しです(T_T) にしてもスプリントを惜しげもなくカスタム出来るなんて羨ましい~
2010/03/03 水 20:43:42 | URL | Dino #-編集
どうもこんばんは。
ディノスパイダーは少しだけ失敗寄りに仕上がっちゃいましたが、それ以外は思ったように出来ました~。

ジュリアは新車時から家にあるものです。
いつかのカスタムのためにこの時アルファに費やした金額もギブリ並でした(笑

って、やっぱり結構な額するんですね、
今知りました。しかしベースにしたのは勿論黄色ですけどね。

あと、トライ&エラーは大事ですよ!!
今塗り終わったジュリアは上手くいったけど、これが発売した頃に塗ったジュリアの塗装は正直良い物では無かったですから・・・
2010/03/03 水 21:02:53 | URL | ベルトン #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

matra m530 lx 19702


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。