プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
1966
lotus europa 1966 type46 serease1 (2)
なんと箱の中に入っていたのは新作エブロ・LOTUS EUROPA1966
凄い!これはほしかったもの・・・しかし手の届かぬ価格帯のためあきらめていた物です。
本当に嬉しい。

ここからの眺めは素晴らしいですね・・・左ハンドルもバッチリ。
1/43ですが、これを見て心が和みました。1/64でのSr1製作はハラハラしますからねぇ・・・
lotus europa 1966 type46 serease1 (1)
オールドイングリッシュホワイト・・・いつの日か隣に乗せてもらったときを思い出します…
あの瞬間 どれだけシリーズ1が素敵な物だったのかが解った時のことです。

京商製の同スケールSPと並べてとも思いましたが、あまりにもスタイリングが違い、
並べると更なる違和感を感じてしまうので2ショットは叶わずと。
シリーズ1って逆にエリート等と並べたほうがシックリと来る気がしませんか。
lotus europa 1966 type46 serease1
完璧なボディライン、ライトの堀も最高だし…
フルオリジナルのシリーズ1最高に魅力的です。
シリーズ2以降のサイドに糊代が付いているもののこれ以上のモデルってもう出ないでしょう、シリーズ1という車の中で。
手元にあったほうが絶対にいい!
手に入って良かった・・・
lotus europa 1966 type46 serease1 (3)
大好きなウィンドウライン。
ゆるやかな曲線を描いてフロントウィンドウに行く場面はこの車で一番好きな部分です。
そのピラーの下の余白も綺麗にまとめてあり、いつ見てもいいなぁと思います。
lotus europa 1966 type46 serease1 (5)
ロータスの特徴的な前上がりを上手く捕らえています。
フロント、サイド、リアに掛けて全てボディ下面のラインを円を描くように繋げてあるんですよねぇ~
かっこいいなぁ~
この横姿みてると、タイヤ無くていいんじゃない?とか思ってしまうのはシトロエン好きだからか?笑
lotus europa 1966 type46 serease1 (6)
スペシャルになるとサイドのメッキモールドによって極端にリアエンドがあがってるように見えますが、
こうしてデザインの元を見ると納得いくよね。
ルノーエンジンもフランス好きには魅力に思える。
あ、そういえばアルピーヌエンジンを載せようとしてる方がいたんですが、完成したかな~?見に行きたいなぁ~
lotus europa 1966 type46 serease1 (9)
つい写真多くなってしまうんですが、
やはり作り込んであるモデルってどう撮っても楽しいね。
こうしてみてると、財産があるなら1/43を集めたくなるのもわかりますねぇ・・・


lotus europa 1966 type46 serease1 (8)
これは本当にすばらしい1台。
新車のシリーズ1のミニカーまで頂いて本当に嬉しさでいっぱいです。
やはり手にとって、色々と思い出す事ばかり。
ヨーロッパ大好き少年の時代が懐かしい・・・シリーズ1を思い出すときはいつもこれを眺めていそうです。
本当にありがとうございました。
イギリス車系 | 2010/03/11(木) 21:06 | Trackback:(0) | Comments:(2)

遅ればせながら、卒業おめでとうございます。

lotuseuropa.blog13.fc2.comの方には、やはりヨーロッパでしょうと思い、ネットで注文してみました。
ダブらなくて良かった、良かった。

2010/03/12 金 00:16:19 | URL | ワイキキ #aenvJJGQ編集

どうもこんばんは。
ありがとうございます。卒業できてよかったです。
いつ見ても可笑しなアドレスの様に思いますが、こうしてミニカーを見るとやはり今でも好きな気持ちがあるように感じます。
何か縁があったらヨーロッパ・・・笑

これだけ高価なものだと・・・ダブったら大変ですね。
しかしながら、今回実はダブりひとつも無し!だったんです。

あと先日のランチアはペニーのページで紹介されているそのものの様ですね。
あれを見て実車を知ったので、
あれがこれか!と思うと嬉しくて仕方ないです。
今回はどうもありがとうございました。
2010/03/12 金 01:31:00 | URL | ベルトン #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

matra m530 lx 19702


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。