プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
3度目の正直!!
front screan 2
1枚目
front screan 2 (1)
2枚目・・・・
いやいややり始めはこんなものさ!(笑
そうして自分をなぐさめてでもいないと出来上がらないよ。
しかも製作中大事なイエローの車体に大きく傷を負わせてしまうし、いやいやだが技術革新につながるはずのこのパーツのためなら、目を瞑ろう。
front screan 2 (2)
3枚目!
うまく行きました。「3枚も作れば」といってしまったからには、やっぱり3枚目でキチッと決めてこそでしょう。
三度目の正直とはなんと素晴らしい名言なことか。
形、曲線具合、寸法ともにぴったりで100点です。自分で言います!笑

上の2台はクリアーでとめてありますが、これは置いてあるだけです。いいものできた!
front screan 2 (3)
やった甲斐ありました。これだから新しいことをするのはやめられない。やめるわけにはいかない。
後はメッキのモールをどうするか、本当に接着方法はクリアーで問題ないか、などを経て完成になります。
フロントが一番難しいと思う、後のサイド、リアはなんとなくでいけるはず・・・?

こうして1台の完成までにかかる時間が増えて、どんどん大変になってくのですが、
でもやるべきことはやるのが一番だね。これで問題箇所の大きな一つが消えた気がします。
カスタムミニカー | 2010/04/02(金) 00:43 | Trackback:(0) | Comments:(2)

おはようございます。やっぱりトライ&エラーは大切なんですね三回で上手くいくなんて流石俺は失敗ばかりでスクラップ工場化してきてます
2010/04/02 金 08:53:54 | URL | Dino #-編集

どうもこんばんは。
大切です~。塗装するにも、パーツの組み立てもそうです…失敗は今も続くし、これからも続きます。ただ、そういうものだと思い、やるようにしています。
完璧を求めるにも、最初から完璧はありえませんからね!!
どんな醜いものでも、その失敗を次のミニカーで気になる部分や悪い部分を変えていくといいです。
そうして、1台作ってまた1台作って、の繰り返しでだんだん物が作れるようになるものだと思います。
2010/04/02 金 22:53:40 | URL | ベルトン #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

matra m530 lx 19702