プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
カラーボ・バートン
play art alfa carabo
先日のフリマにて買うことが出来た1つ、プレイアート、ホンコン製のカラボ・バトーンです。
ベルトーネの英読みと思われますが、このミニカーの箱には間違いない、バトーンという表記がしてあり、有名です。
ちなみにこれも綺麗な箱入りでしたが、よくある箱タイプなので写真は無しです・・・

ところでAMXってアメックスって読めるの???
ランボルギニ・ツューラってのは流石に読めない無いはずだが…
昔の読み方はやっぱり今とは違うんだよね。
play art alfa carabo (1)
初期型のレアなツーピースホイールは、いつものてっちんではなくクルーガー風のアメリカンな感じのもので、スポーティな感じがお気に入りです。
何より、仕上げの甘さはプレイアートの大事な味付けであることは確かなもの、
しかしそのボディのフォルムときたら一流です。
あの後期の大きなビッグタイヤによってそのフォルムを大きく損させることの無いこの初期のモデルは、なりに価値をつけるべきミニカーですね。
ティポ33と同じシャーシなんだそうですが、このスタイリングから、その大きさを想像するのが非常に難しい車で、
ぜひとも実車を見るべきものだと思います。この車をみるのも一つの課題かもしれません。
見に行かなくちゃ(笑
play art alfa carabo (2)
いつの日だったかカムシンベースに、カラーボカラーリングを纏ったミニカーを作りましたが、
やはりカラーボでやりたかったのが事実です。カラーボのミニカーが見当たらず、それでもどうしても形にしたくカムシンの手を借りて作ったのがカラーボカムシンでした。


色のバリエーションは数えきることが出来んくらいの量があるように思います。
中でもメタリックの綺麗なこの色はかなりアタリ度高いです。プレイアート製ミニカーはあったら、買うべし、
色を選んで買うことは殆ど出来ないことです。カラーボに程よくマッチしておりミニカーの個性も強く感じます。

これが一番の収穫でした。プレイアート・アルファロメオ・カラーボ 金型はたぶん自社のオリジナルです。
値段は700円、初期のホイールが箱付きですから並の安さではあります。
ホンコンに魅了される人たちがいるなら、是非このカラーボは手におさめておく必要があります!笑

イタリア車系 | 2010/04/06(火) 18:52 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

matra m530 lx 19702


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。