プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
全塗装かと思った・・・
frontfender repaint
これで失敗するようなら再度剥離に再塗装をかさねる必要がありますが・・・
剥げたところの段差を控えるために、剥げたところの周りの塗装を水研ぎで削り地金の周りをスムージングします。
何より大事だった面のラインは若干崩壊しますが仕方ない。

サフからまず吹いていきますが、
新しく塗る場所と前までの場所に段差をなるべく作らないように、マスキングテープを傘にして新塗装をフェードアウトさせるのです。
もしピッチリ貼ってしまったら地獄がお待ちしております笑
frontfender repaint (1)
さらに、サフをふいた部分と本塗装の際を目立たなくするためには、傘を広げて前の塗装にかぶせる必要があります。
剥れかけのマスキングテープの開き具合に注意してみてください。
そして、これをやったために出来た新塗装と前回の塗装の色の濃さの違いによく注意してみてください。
これもうまく行けば綺麗に目立たず出来るとは思いますが、今の技術じゃあ精一杯で。。。
frontfender repaint (2)
出来上がりました。あまりにも硬く考えすぎて、ボディラインばかりを気にしていたのでどうしようか悩んでしまいましたが、この際その道を捨てるしかありませんでした。
もういいんです・・・笑



カスタムミニカー | 2010/04/08(木) 22:14 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

matra m530 lx 19702


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。