プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
インテリア
maserati interior (1)
シートは3500GTのヘッドレストを取り除いたものがそれらしいです。
この車はその後またヘッドレストが付く前のものなので、ミニカーについてるヘッドレストは取り除かれます。
先代の車両についてたヘッドレストを取っ払うというのも斬新な考えですが、
ヘッドレストは・・・無いほうがいいよね。
かたちにもこだわって削った後、なんか表面がざらざらしてるので全体にヤスリがけし、
エアブラシで塗装します。
なかなかいいかたちです。ちなみに実物は黒いパイピングが施されていましたが、
なんでもこの大きさでは少し無理を言うらしく・・・笑

で、左の黒い物体は紙を黒く塗ったもの。
maserati interior (2)
ドアの内張りは薄く削り、ボディ側に接着しました。
こうすることによって意味が成すのかわかりませんが、しっかりとドア側に接着され印象はいいです。
そして、上に写ってる黒い紙を下にひいて・・・

ええ!紙使うのかよ!って自分自身唖然としそうですが、
考えてみればプラスチックなんかよりも経年変化少ないのですよね。
これをシートの後ろのトランク内に敷きます。
maserati interior
なんか内張りが出っ張っていてダッシュボードでつっかえてしまう笑
仕方なくダッシュボードはこのように引っ掛けて固定します・・・
なんか物凄い泥沼にはまったな自分!笑
maserati interior (3)
で、意外と良い感じに収まっちゃったわけですが笑
あれですね、やっぱり中を良く見せる為に窓をあれこれしているので、内装をがんばっちゃうと凄い見栄えいいですね笑

ちなみに今日片側しかやってないウィンドウも右側やってみましたが何故かうまく行きませんでした笑
また明日。
いやぁ、そうこうしているうちに痛まなければいいんだけどなぁ、ボディ・・・
凄い心配。

そのために一応この色の缶買って来たのですが・・・
ひやひやしますね。でも出来上がりが楽しみ~。
なんか作ったこともないのにレジンキットを組み立ててる気分・・・素敵~。
外で写真撮ったら実物みたいに写ったりしないかな・・・爆
カスタムミニカー | 2010/05/10(月) 02:29 | Trackback:(0) | Comments:(2)
こんばんは。紙をフロアマットに利用するのは良いアイディアと思いました。確かに経年変化は少なそうですね。江戸時代、いや、もっと昔の紙もちゃんと実在するわけですから・・・。たしかに非常に精巧なレジンモデルをみているようです。窓枠の処理も、ステンのワイヤーだけで無く、ドア側は塗装しているようですが、うまくいっているようですね。やっぱり、塗装が大事ですね。
2010/05/11 火 20:23:04 | URL | GTA #-編集

どうもこんばんは。
自分も、そういえば本なんて何年も・・・笑
というところに目を付けて、ためしてみました。内装に使われている素材がプラスチックだとすると、本当に近年に出来たもの、しかも熱や経年変化に弱く、そう思うと紙の方がその先何年ももつんですよね。
紙を使うなんて工作みたいで嫌でしたが、考え方を改めると偉大な存在です笑

窓枠ですが、うまく技を使い分けてみました。写真で見るよりもはるかに細かいので、見栄えはそれなりに悪くない?とは思いますが・・・
それにしてもフロントも、リアも一応組み方は思いついているので、そろそろ窓が全体に付くんじゃないか!?と思うとワクワクが止まりません!
オリジナルの窓の出来と比べてみたいものです。
2010/05/11 火 20:44:29 | URL | ベルトン #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

matra m530 lx 19702


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。