プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
マンタレイ'64
manta ray
ガレージオフにて、珍しく珍しいものが置いてあったのが目に入りました。
正直それだからといって1050円を払って帰ってきたというのも無駄遣いな話ですが、
その中身がまた、見たことあるショーカーだったので、つい買いたくなってしまいました。
manta ray (1)
この白いのがマンタレイ。
1964年のオークランドショーにてチャンピョンを獲得したというショーロッドです。
僕が読んだモデルカーズの中にこの車が載っていたのをよく覚えています。

おおー懐かしい!とか思って急に思い出しつい買ってしまったわけです。
じつはカスタムカーとかホットロッド好きだし・・・笑
manta ray (2)
しかしこの車
エンジンはフォードの289をコブラチューンを施して載せてあるのですが、
それはともかくシャーシは何とマセラティ4CLTという40年代のF1です。勿体無!とか思いつつも、
たしかにホイールの裏から覗くブレーキの造形がまさしく40年代50年代のF1のものです。

プレクシグラスのキャノピーは開くのですが、固定できません。
本物は自動で開くのだそうです。
manta ray (3)
左右非対称のボディはアルミの叩き出しのハンドメイド。
このマンタレイを作ったディーン・ジェフリーズという人はモンキーズのGTOを作った人らしいです。
orange crate
もう1台は知らない車ですがOrange Crateとかいうマシーンです。
オレンジ色した'32フォードセダンらしい。
orange crate (1)
色が鮮やかで中々気に入ってます。
1座席にしてある、と箱に書いてありました。
なんか激しく作り込みがいいわけですが、
orange crate (2)
遊んでたらボディ取り外せることに気が付きました。

うぉー!
もう中身なんてまるっきり別物の怪獣じゃないですか笑
アメ車系 | 2010/05/16(日) 21:11 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

matra m530 lx 19702