プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
最上級のステアリング
ghibli spoke 2
・・・やはり、
極めるべきところだと思う。

内装を作るなら、それはロールバーを越す存在感で、
窓の透明感も手助けして内装はかなり見栄えの良い状態で、
それなら是非ともあの窓から覗くきわめて小さいハンドルを見て欲しいと…
ghibli spoke 2 (5)
この前かったステンワイヤーを丁寧に丸め、
以前と同じアルミ製のスポークを自作し接着。

ワイヤーはたしか0.3だったっけ?
真ん中のホーンボタン1.5mm。これを裏からブルーに塗ってやれば、
まるで宝石のように輝くと…言う寸法。
ghibli spoke 2 (9)
こうして出来上がっていくわけですが!
ピンセットの先と比較してわかるとおり、工具はあって無いようなものです。
殆ど手先を頼りに接着します・・・

接着が完了してから色をのせていきます。
ghibli spoke 2 (6)
まずは仮組だ!
ghibli spoke 2 (8)
おーーーー!

・・・笑



ghibli spoke 2 (7)

ghibli spoke 2 (1)

ghibli spoke 2 (2)

ghibli spoke 2 (3)
完成し、何事も無かったかのように、
あたかも最初からあったみたいに付いているならそれが成功ということだと思う。

この車のステアリングがまた、細くて大きい径がかっこよくて、
そのイメージが非常に上手く再現できました。
ハンドルっていうと車にとって重要なものの一つで、
それもこの年代のステアリングには味があるのです。

ghibli spoke 2 (4)
そろそろ旅立ちの予感。
もうこれも見納めだぞ~…
カスタムミニカー | 2010/06/05(土) 23:06 | Trackback:(0) | Comments:(4)
スゴイ真円ですね。リムの細さと径の大きさもバッチリだと思います。これは、デイトナにも似合いそうですね。
2010/06/06 日 10:45:56 | URL | GTA #-編集

こんばんは
こんないいもんだと今までのミニカー全部に付けたくなるのでは?…
2010/06/06 日 19:13:00 | URL | Dino #-編集

どうもこんばんは。
これは銅線巻いてコイルを作る実験に見習い、巻きつけで真円を作りました。
デザインカッターの後端がコーン状になっていたので、そこで序所に絞って大きさを整えています。
しかも塗装してしまえば繋ぎ目などは何も見えないです。

おぉ!確かにデイトナにも使えそうですね。
初期型の穴無しが素敵です。

2010/06/06 日 21:37:53 | URL | ベルトン #-編集

どうもこんばんは。
そうなんですよね。
窓の透明をみて全車作り直したいくらいに思いましたし、ハンドルもクローズドボディの車は本当に適当なので作ってやりたいです。

ただ、かなりの根性が・・・
2010/06/06 日 21:39:19 | URL | ベルトン #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

matra m530 lx 19702


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。