プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
第3回 ミニカーブログ博覧会
ferrari daytona lanborghini miura maserati ghibli (3)
1260×1890




初参加のイベントです。
第3回 ミニカーブログ博覧会
今回は3度目で、黄色いミニカーが対象らしいです。
なんとカスタムミニカーOKと素晴らしい内容でしたので、早速製作開始!笑

ferrari daytona lanborghini miura maserati ghibli (6)
1967 Lanborghini Miura P400 京商1/64
ferrari daytona lanborghini miura maserati ghibli (4)
1967 Maserati Ghibli 京商1/64
ferrari daytona lanborghini miura maserati ghibli (5)
1971 Ferrari 365GTS 京商1/64


ferrari daytona lanborghini miura maserati ghibli (1)
今回の主役は珍しくミウラです。3台並ばせることになったのは成り行きでなんですが笑
製作途中だったミウラはまだ塗装前でした。銀かなー、ボルドーかなーと悩んでいましたが
この博覧会にあわせ「あ、じゃ黄色で」

どこまでも成り行きまかせですが・・・爆
相当気合入っていました。その後ミウラは何とか完成に間に合い、昨日出来上がりました。
じゃあとの2台はというと、
デイトナも手元にリペイント後放置された状態のまま置いてあり、ちょうどよくこれも黄色笑

ferrari daytona lanborghini miura maserati ghibli (14)
このデイトナを部品からパーツの作り直しまでを昨日から今日までに終わらせ、
とうとう3台のライバルが終結することになりました。
当時最速といわれたイタリアのスポーツカーたちです。
ギブリは黄土色のものが完成しているのでそれを使って何時間もかけて写真撮ってましたが、
なんかギブリだけ既に完成した奴じゃ拍子抜けするわ。。。と
で、またまた黄色に塗ってあった1967年式の最初期を再現した奴が放置されてあったので、
窓を取り付け、パーツを一時的に他のものを拝借・・・


ということで一気に3台も新しく完成したミニカーを載せるという!
今までやったことないよこんなこと!!笑
とにかく3台あれば写真の量も3倍なので重い・・・笑

ferrari daytona lanborghini miura maserati ghibli (2)
で、思ったことですが
当然主役だったつもりのミウラも影が3分の1です。
ま、それはいいとして、

このミウラの塗装は絵の具です。学科の授業に古典技法という内容があり、
そこでは当時の技法と道具で絵を模写します。
絵の具を顔料から混ぜ合わせ作るのです。

このミウラに使用した絵の具は土製顔料で、土から出来ています。
イエローオーカーとネープルスイエロー
ネープルスイエローは以前までナポリの火山のあたりで採れたらしいですが、
最近は既に手に入らないので、科学物質から作ってるらしいです。
この、独特のくすんだ黄色がミウラによく似合います。
ferrari daytona lanborghini miura maserati ghibli (10)
以前みたミウラの色・・・本当の黄色すぎて、味気ないを通り越すぐらいのものでした。
lamborghinicoupbis4toiloj9.jpg
化学物質ならそんなに色に変わりよう無いでしょうが顔料の採掘地とかによっても色は違います。
ちなみに当時の写真を見ると写真の効果のせいもありますが
まっ黄色にはとうてい思えませんよね。
顔料の特性とか知ってみると、当時の色を作るのは至難の業ですね。
たぶんカラーコードは頼れませんから、勘でいくべきかもしれません。
ferrari daytona lanborghini miura maserati ghibli (9)
ボディは高揚の薄っぺらな表現が利いた京商第2弾の奴がベースです。
ペンチでフロントとリア共に曲げなおし、さらにパテとプラ板を用いてアンダーパネルを製作。
だいぶふくよかでいい形が再現できました。
ホイールに至っては、P400向けのホイールとは思えないデザインでした。
選んだ結果同じ弾のハラマのホイールを流用、そうそうこの雰囲気が大事だね。

まつげが重要なP400、ただ黒くぬっただけでは物足りないので、一本一本を筆で引いて行きました。
またグリルも少し押しが強く、初期型らしい繊細さに欠ける物があり、
削って縦の長さを減らしています。
車高はリア下がり。さらにノーマルよりもトレッドを縮めてあります。

ここまでやっておけば原型と比べるのも楽しいです。
また後で写真載せようと思います。
ferrari daytona lanborghini miura maserati ghibli (11)
ギブリは1967年式、プロトタイプに近いボディをもった最初期と思われる1台を再現しました。
そのボディはアンダーパネル上にグリルが無く、またボンネットにもエア抜きが無い非常にシンプルな構成の車です。
ボディはいつもの如く綺麗に整え直してあります。ボディの黄色は3台のうちこれだけスプレーです。
タミヤのスプレーに上からのクリヤーは吹いていません。
これが曲者。塗装がガムテープみたいにゴミや塗装カスを拾い上げ綺麗に保つのも困難です。
タミヤのスプレーは信用ならぬ。
グリル形状、テールランプ、ホイール塗り直しなど細かい所をいったら言い切れ無そうなくらいだ笑
ferrari daytona lanborghini miura maserati ghibli (8)
実車はアメリカにありますが、ナンバーはフランスのものを選んで付けておきました。
向こうで言えばシングルナンバー並になるのかな、文字数が極端に少ないです。
やはり手を抜いて以前作った物にしなくってよかったなぁと笑
3台揃い踏み間に合ってよかったです。
ferrari daytona lanborghini miura maserati ghibli
そしてデイトナです。これも絵の具ですが、オレンジ味も強い色に仕上げました。
本来ここで3台そろえるなら、GTSではなくGTBが妥当ですが、なかなかデイトナのクーペは出来上がらず;
しかし上手く言うなら、ギブリとミウラはサーキットには縁が無かった車たちですが、
デイトナは当時活躍した1台です。

そこで少しキャラクターが違うデイトナも、GTSならば上手く個性の違いを出せるようにも思えました。

ferrari daytona lanborghini miura maserati ghibli (7)
非常に美しいリアスタイルも、京商にしては珍しく的確なラインを出せていたので無改造です。
ただホイールの大きさが問題で、GTBのものを使いました。
それとともに高かった車高を落とし、トレッドもリアのみナロー化してあります。
スラッとした印象を与えるための小細工です。
パーツは長らく放置した結果見当たらず、殆どをGTBのジャンクから流用しました。
F/Rバンパーも、加工して装着したくらいです・・・笑
ferrari daytona lanborghini miura maserati ghibli (13)
このマフラー4本出しがいつもながら厳しい笑
フェラーリはマフラーの本数と、斜めカットのエンドを作るのが大変です。
この写真ならリアナローもわかりやすいかも。
京商は逆にリアを張り出させていましたが、暑いです。リアが広がって見えてしまうと、パッと見たときの印象が全く違うものになります。
本来ならシートにヘッドレストがある年式ですが、なんか好みで削ってみました。
オープンだと、ヘッドレストが無いだけで大分スッキリです。近年はヘッドレストから後ろをデザインするのが主流だけど、AC289のロールバー無しみたいな、
ドライバー丸見えも良いものです。
ferrari daytona lanborghini miura maserati ghibli (12)
3台並べられてよかったです。
どれも上手く黄色でそろえることが出来ました。しかし、ボディラインの違いとそれにあわせた色合いには気合を入れました。
まだ製作記などもありますが本日はここまで…
カスタムミニカー完成車両 | 2010/07/03(土) 21:00 | Trackback:(0) | Comments:(18)

黄色の花咲く。。
3美人の共演-
草の影が とってもステキ-。
彼女たちの歌声が聞こえてきそうです…。

「メルヘン」賞に一票!
2010/07/03 土 23:27:09 | URL | AZ #-編集

こんばんは、Model_Carです。

黄色と一口にいっても幅が広いんですねぇ。
改めて、色を考える機会になったと思いました。勉強になります。
2010/07/04 日 00:09:32 | URL | Model_Car #-編集
こんばんは!
これまた力作ですね!
ミウラの若干枯れた色合いもいいです。

なるほど、これは手間がかかりましたよね。

私は「技能賞」に1票です。

ギブリもいつもの通り素晴らしい出来です。

ご賛同頂き、ありがとうございました!
ぜひ楽しんで下さいね!
2010/07/04 日 00:13:36 | URL | 70sとむ #-編集

こんばんは。
まず最初に、
もし違っていたら申し訳ないのですが、ベルトンさんって以前某サイトの掲示板でカスタムミニカーを投稿されていたのではないしょうか?

それにしても、ミウラの塗装が絵の具だなんて・・・
自分も以前、絵の具で塗ったことが合いますが、すごくひどい出来になった記憶があります・・・
2010/07/04 日 00:46:46 | URL | t #T0ca3UNU編集

AZさん
はじめまして。3回目にしてはじめて参加できる機会に恵まれました!
かなり苦戦しながらの作業が続いたのですが、やった甲斐ありました。

Model_Carさん
初めまして。黄色も数多くあるようです。
原料をたどっていくと種類は多く、それらに赤味等好みに調整していくことを思えばかなり色幅は多いです。この世界もかなり奥が深くて笑
かなり面白いです。

70sとむさん
こんばんは。
あまった時間を使って残りの2台まで勢いで作っちゃいましたが、無事間に合って一件落着といった気分です。

ミウラの枯れた色は、黄色の似あうミウラの中でも僕が一番気に入った色合いにしてみました。イタリアと黄色って意外と関係が深い気がして、この頃黄土色の車が多かったです。黄色を良く知ってる国なのかも!?

ギブリは少し汚れが付着していて気になりますが・・・
とにかく以前からやりたかったトリオを、
同じ黄色でまとめて撮影をすることが出来る贅沢さを味わいました。

2010/07/04 日 00:46:55 | URL | ベルトン #-編集

tさん
こんばんは。あ!そうですたぶんそうです笑
作るミニカーの波長が合わず雰囲気破壊してた気がしますが、あの頃はまだ塗装も出来なかったような・・・笑

絵の具を使う利点は多くあります。
匂いが無い!笑
とか、掃除も水で楽ですし、
色の調合も手馴れているので塗料より自分は好きです。
これをエアブラシにて吹き付けます。

メタルプライマーさえ吹いておけば、
その上から黄色を塗っても問題無いし、クリヤーで固めれば塗料と変わりないです。
凄い面白いですよ!!
2010/07/04 日 00:50:46 | URL | ベルトン #-編集

ベルトンさん、こんばんは、はじめまして

屋外ロケは2人目でしょうか?
しかも結構似たシチュエーションだったような
逆に珍しいのかもしれませんね
ミウラ、ギブリ、356と渋いチョイスですね!
屋外もなかなか面白いですねぇ
2010/07/04 日 01:02:44 | URL | overture1975 #-編集

どうもこんばんは。

屋外ロケは大好きでして笑
色は自然光にあてたときが一番映えると思ったので、山登って写真撮りに行ったり
が!結局これらの写真玄関前なんですよね・・・笑
自転車で登ってただならぬ苦労を背負っていたはずが・・笑

たしかに似た車種で驚きです!こういう偶然も嬉しいですね。
2010/07/04 日 01:21:10 | URL | ベルトン #-編集

こんにちは、はじめまして。以前から拝見させていただいてました!

ずっと思っていましたが、素晴らしいカスタムのウデをお持ちで!
過去記事の、ハンドルの細かい作業なんかただただ驚きと感動、
そして自分には真似できないなという思いでした笑

今回の三台もcoolですね。
デイトナのバックショットがツボです!
2010/07/04 日 17:54:57 | URL | HIROKI #JalddpaA編集

どうもこんばんは。はじめまして。
以前からとは・・どうもありがとうございます。

ステアリングの技はどうして出来たものか笑、目で見るのも恐ろしい大きさですが、これがついているとやはり気分がいいんですよね。

お気に入りの3台を並べて撮ることが出来て、いい機会にめぐまれました。
ただ自分はやはりギブリ派なのですが、
これをみて皆さんはどの車派かなーと想像するのも楽しいです。
フェラーリを筆頭に、それと肩をならべようとするミウラに、それらとは一線違うキャラクターでアピールしたギブリと、やはりこの3台の関係は美しいです。
2010/07/04 日 18:59:53 | URL | ベルトン #-編集

こんばんは。
コメントありがとうございます。
カスタムもされているんですね~素晴らしいと思います。
またお邪魔しますね。
2010/07/04 日 21:20:06 | URL | E.P. #-編集
綺麗なリペイントですね。

タミヤのクリアー、確かに何処からともなくゴミを引き寄せますよね(笑)

オイラは最近198円の怪しいクリアーを使ってますが、結構いいですねw
たまに相性が悪くて溶けることがありますが(^^ゞ
2010/07/04 日 21:48:44 | URL | ゆんける #-編集

こんばんわ!
はじめまして。。

これがカスタムなのですね!
1/64でここまで細かく!!

自分も最近リペイントに挑戦しておりますが
なかなか上手くいきません。

また色々と教えてくださいませ。

やっぱりミウラは黄色がいいですね!!
2010/07/04 日 23:03:52 | URL | すぶた #-編集

E.Pさん
こんばんは。ブログみていただいてありがとうございます。カスタムしたミニカーを外に持っていって写真撮りました。わりとよくやるのですが、雨の中は初めてでした笑
またきてください~。

ゆんけるさん
こんばんは。
リペイントは大好きです。その後の組み立てと塗装剥離は少々疲れ気味ですが笑
塗装が好きすぎて塗ってそのまま放置が多いです・・
タミヤのペイントは少したよりにならない、は前から感じていました。やっぱりプラモ作るだけで精一杯なのか。。。

すぶたさん
こんばんは。
カスタムするとともに、その車の重要な部分と、メーカーの間違った解釈を自分の好みに修正していくのが非常に楽しみなのです。

おぉ!リペイント挑戦してますか!!
なんていうかやっぱり何台もやるうちに上手くいくです。僕なんか気泡だらけだった・・・昔の失敗を思い出すと苦しいですね笑
とくに塗り方は人それぞれで、自分にあったやり方を見つけるのが一番近道だと思います。
ぜひ続けてください!リペイント・・・
2010/07/05 月 01:06:04 | URL | ベルトン #-編集

ベルトンさん、こんにちは。はじめまして!

なるほど!黄色のクルマがまければカスタムすればいいんだ!ってベルトンさんのような腕があればの話ですよね。

ボクは、黄色のクルマが2車種しかなく悩みました。

それにしても、アングルを変えた3台の揃い踏みショットがクール!

とてもカスタムとは思えない自然に受け入れてしまうミウラのくすみ感、しっかり強めに色調をコントロールしたデイトナなど個性に合わせて着色するあたりも素晴らしい。
「技能賞」に一票!
2010/07/05 月 12:40:17 | URL | ADかんちゃん #hFcWAQH.編集

どうもこんばんは。
はじめまして。ベルトンです~。

まさか作り途中の方向まで変えちゃうとは自分自身思いもよらない事でしたが、黄色が3台もそろえられてよかったです。
それもカスタムで・・・って、これらの車種すべて黄色元からあるんですよね笑

ミウラがスポーツカーに革命を起こした事、
時は少し遅れマセラティから新型スポーツカー、しかもそのエンジンはレーシングカーからの引用で、
それに負けじとフェラーリも新型を出すというスポーツカーの歴史に残るトリオでした。

色も気分と同じ、そのときの気持ちで決めますが、しっかりとした方向を考えて塗るのも楽しいです。
技能賞・・凄い恥ずかしいですが本当嬉しいです。
2010/07/06 火 00:08:55 | URL | ベルトン #-編集
こんばんは!はじめまして。
遅れ巡礼申し訳ありませぬ。
しかし...こりゃスゲェ...
特に通常概念を超えた塗装技術...この色合いはフツーじゃないです!
私も技能賞に1票です。


2010/07/06 火 23:39:50 | URL | れいちん #JalddpaA編集

どうもこんばんは。
いえいえどうもありがとうございます!

塗装は色が好きだったので気合はいりましたよ~。色がテーマならこりゃいいぞ!と・・・
技能賞ありがとうございます。
2010/07/07 水 21:28:49 | URL | ベルトン #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

matra m530 lx 19702


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。