プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
BMW1600GT
最近おもっていたことですが、街を歩いていて前からフェラーリがやってきても前みたいな感動が得られない。
少しずつ薄れていくものなのでしょう。僕がもっともっと小さかった頃には、ハコスカを目の前にしてわめく様に喜んでいたのも今じゃ懐かしいです。
しかしその感動が薄れるって言うのは僕としては寂しいことです。前のようにちょっとしたことでも喜びを感じたいものですね。


しかし僕にも感動を与えてくれるものはまだ街に潜んでいました…

bmw 1600gt
この後ろ姿、場所はBMWのディーラー。
思わず声を上げるほどの出来事になりました。
bmw 1600gt (2)
しっかりディーラーの人に許可をもらって写真を撮らせてもらいました。
ディーラーにこんな風に出入りするのも失礼かと思ったりもしましたが
いえいえ意外と想像以上にいい返事が返ってきてよかったです。
bmw 1600gt (4)
もとはドイツのグラスが作ったクーペでした。
ボディはフルア、そしてBMWがメーカーを回収した後にBMW1600GTにリネームして1年間のみ生産が継続されました。
BMWの生産台数は1255台、グリルにはグラスを取り払ってキドニーグリルが付けられたのが特徴です。
そしてテールランプもBMWのものが付いているので、意外と見分けはつきますね。
ちなみにエンジンは1600TIのものへと返られたのでした。

bmw 1600gt (3)
もとはグラスとはいえ、中々上手くフィットしているエンブレム。
最高にカッコいい1台です。BMWの中でもたいへんレアな1台です。日本にあるとは。
しかもばったり見かける幸運。
bmw 1600gt (1)
リアに向かって少しずつエッジを効かせていくリアエンド。
さらに少し高くアレンジされたクーペラインはドイツ風といったところでしょうか。

今となってはいくつも残っていない超希少車なので、こうして身近でみることが出来たのは素晴らしいことです。
以前BMWにM1が止まっているならディーラーに入ろう!と冗談まじりに思ったことはありましたが、
まさか1600GTがいるとはね。びっくりしました。
ドイツ車 | 2010/07/23(金) 23:14 | Trackback:(0) | Comments:(3)

ご無沙汰しております。

街中で思わぬクルマに遭遇して感動することってありますよね!

私も今日、出先の月極駐車場にて偶然’72クーダを見かけ、幸せな気分に浸ることができました♪


しかし、BMW1600GTとは凄すぎです!

ディーラーで遭遇というのもビックリ!


私は実車にお目にかかったことはなく、数年前に広告で売り物を見た記憶があるだけ。

その時もビックリしましたが…。

日本に何台あるのか気になりますね。
2010/07/24 土 22:38:57 | URL | きんとん #-編集

どうもこんにちは。

こんな素敵な車、見ようと思っても見れないのに!凄い感覚です。この日は祖母の家をたずねに家をでたのですが、まさかグラースに会うなんて。
72クーダも素敵ですね。
クーダは一番好きなまっするカーですが、
まだみたことないです。

1600GTが日本にあったのは初めて聞きましたが、
でうやら正規輸入車??
ステッカー類が昭和でした。
2010/07/25 日 11:50:57 | URL | ベルトン #-編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/01/16 木 18:55:22 | | #編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

matra m530 lx 19702


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。