プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
frrari 250lusso 2
250Lussoもまた、作りたい1台としているけど未だに完成する目途がつかない!!!
しかも少しずつミニカーの時間は削ろうと思っているので更に!笑

frrari 250lusso 2 (1)
パテを盛ってサイドを豊かにします。
マッチボックスのルッソの、上から見たらラッコさんも実は間違ってはいないと思う・・・
フロントが思いのほか大きく、続くリア回りはだんだんすぼまっていくのである。
だからこそ角度によってみせる形はいろいろになってくるし、これが真四角状にもしなっていたら・・・

パテの一番盛った部分はフロントホイールアーチ後ろ。
ここを頂点に、フロントオーバーハングへ、そしてリアエンドへと緩やかに円を描きました。
さてまだ終わりません笑
ここからも長いだろうと。

ferrari 250lm 11
特有のスーパーレッドの塗装を剥がして現れた鉄肌は思いのほか正確で、
関心すら出来る1台だと思われる250LM。
完全に目の内にいれていなかったこのミニカーがここまで素晴らしいフォルムだったとは恐れ入った。
それはリメイクの1台と比べれば明らか。
ferrari 250lm 11 (1)
右はリメイクで出た250LMをリペイントした1台。
この紅色は僕のお気に入りの色だっただけに、欠点に気づいた瞬間はショックでした。
この微妙な色合いはいつでも出せる自信が無いだけにへこむ・・・笑
この真上からの目線なら誰だって欠点と思うでしょ、リアの終わり方!!!!笑
こんな真四角だとゾッとしてしまう・・・!!真四角だとどういう見え方になるかと言うと、
斜め前から見たときリアエンドが中々終わってくれません。撃沈。

左と右を比べれば車の枠は大きさなのに!こんなに大きさが違って見えてしまう。
リメイク版とは何だったのでしょうか。ディノといい、あまり良いとは思えないかな・・・
リペイントしてしまっただけにガッカリです。やるならこっちでしたね。
ということで今既に色がはがれているわけですが、
いまさら166mm等必死に探してみています笑
old系は全部色剥がしてみようかな。


※ちなみにこの2台はフロントエンドが違う個体を再現しているんですが、
いまいちリメイク版はどのタイプをモデル化したのかも正確ではないです。
Citroen 2CV | 2010/09/29(水) 21:26 | Trackback:(0) | Comments:(2)

ベルトンさん、こんばんは、お久しぶり。

1番下の250Lmの画像は右がフェラコレ7で左がフェラコレ2(もしくはダイドー)って事ですよね?
もう、違う車みたいですね。どちらが実車に忠実かはボクには分かりませんが、左の方が好みです。リヤもそうですがサイドラインもフロントも丸みがあり、カッコイイと思います。、、、ああ、フロントエンドが違うモデルだから違っててイイのか(爆。
2010/09/30 木 23:14:53 | URL | たーまん #-編集

どうもこんばんは。お久しぶりです!

250LMは右が7で左はダイドーです。
当初ダイドーの250LMはあっても買わなかったくらいだったので、ショックでした・・・
しかも7でこれと同じような事をしようとしていたので尚更危なかったです笑
サイドの丸みに合わせフェンダーラインの峰が絞られており非常に綺麗です。
真上から車を見るという事は殆ど出来ることではないです・・・しかし前と後と横から見たときと同じくらい重要だとも思います。
フロントエンドは実物だとたぶん左のがライトカバーより先が少し長めに取られているみたいです。
でもこの250LMのラインは中々のものです!カッコイイ!

なんだかこうしてみると7のモデルはやっつけ仕事多いですね汗
512など持っていませんが、どうだったんでしょう…って感じがします。
2010/10/01 金 01:13:45 | URL | ベルトン #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

matra m530 lx 19702


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。