プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
250以前のフェラーリ!
10-10-5 (2)
フリマなのでしっかりと(?)欲しいものを買ってしまった。
探していた166だ!!!
値段はお世辞にも安くない、むしろ高い・・・
ヤフオクで買えばその道では誰も知る者のいない166、100円でも買えますが…

しかし運良く2台も買えて
今すぐ!というのが買ってしまった理由なのです。2003年のもので既に手に入るときも久しく、
買える時に買っておこう、ということです。
10-10-5.jpg
嬉しすぎて勢いよく1台塗装剥いでみました
1948年式のボディ・・・この良さがわかる様になるのも、時につれてでしょうか。
以前は恥ずかしい事に250SWBとすら区別つかない・・・くらい無知な領域でした。
本格レーサーの166MMはフェラーリ初でルマンも制覇したとの事、もちろんMMとはミッレミリアを言うそうです。
この時代の宝石自動車チシタリアにも通ずる彫刻的なデザインは戦後間もない頃のものとは到底思えぬほど。
イタリアって・・・汗
フロントラインにおいてはその後のACブリストルなどと共通するものを感じますが、
流石はフェラーリというべきか、お手本としても良い傑作だったのかなぁと
10-10-5 (1)
クライマックスというべきリアエンドの堀。まさに粘土を削りだして作ったカタチといった風合いですが、
それをそっくりそのまま板を叩いて作り出してしまう職人の技術力。

デザインの最良の時代50~60年代とはまた違うアプローチが効いており、これもひとつの時代感を感じさせます。
またひとつ作りたい物を見つけ出してしまいました・・・

10-10-5 (3)
続き。タイヤサイズを小径のものにするため、ホイールのタイヤを止める出っ張りを削って取り付け。
これだけでも結構な作業に感じますが・・・気が重い。
フロントの車高が適正になって見栄えも上がり、さらにリアタイヤに太いものをつけていたので
スマートな細いタイヤへ変更。
足回りをカチッときめればもう殆どいうこと無しでしょう。
カスタムミニカー | 2010/10/05(火) 20:57 | Trackback:(0) | Comments:(2)

スルー出来ずに思わずこちらにもコメントを…。

166MMいいですね~ルッソも好きですがこれも好きです。が…バルケッタですが二台あるなら一台はぜひバルケッタに
2010/10/10 日 21:44:51 | URL | Dino #-編集

どうもこんばんは。
こめんとありがとうございます^^

166MM、久しぶりのWANTED車種だったので久しぶりに嬉しい買い物となったのでした。
ミニカーに価値が出なくともレアなので探すに時間掛かりました。

スパイダーもいいですよね。フェラーリのバルケッタの伝統の始まりでしょうか、
やはりこの車は欠かせませんね。
完成しなかったら勿体無いのでクーペモデルがもし出来上がったらやってみるかもしれません。
2010/10/10 日 23:35:39 | URL | ベルトン #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

matra m530 lx 19702