プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
マセラッティ ボーラ Nero
maserati bora nero
完成してから大分時間が経ってしまいました。この1台は9月中旬には完成してましたが、
写真の撮り方に悩み・・・
挙句いつもの場所ですが。
黒はいつもスプレーでしたが、今回始めてエアブラシ。

絵の具の黒の種類は沢山あるのですが、黒と白を混ぜた時にどう色が変化するかが違いのひとつです。
黒に白を入れて灰色になるのは当然ですが、それが青っぽいか黄色っぽいか等の変化があるのです。
さてこの黒はじゃあどうなのかというと
使っていたスプレーが茶系の黒だったので、青系の黒でいってみました。(たしかそんな色合いだったような・・・笑
maserati bora nero (1)
ボーラの一番美しいアングルでは無いでしょうか。とはいえ写真でしか見たことないんですけどねー笑
フロントとリアのオーバーハングのバランスに加えウエストラインが緩やかなS字を描いており非常に気に入っています。これは黒なら余計に引立つ部分でもあると思います。さらにステンレスのルーフで重要さに気が付かされます。どこにも無駄に伸びた線が無い、プレーンな印象。
サイドスクリーンの分割はこれもデザインされておりボーラの美しさをものにしているのです。

上品なセンターキャップ付きのホイールが余計に個性を強くしていて、
これ以外に無いマッチング。キャップを外した状態の車も軽快さがあっていいですが、やはりこれでしょう。
キャップ部分はメッキデカールを貼り、カッターで合わせて切っていきます。
中央に向かってへこんでいく形状のものもこれ以外にあまり無く、おおきな特徴とも言えるでしょう。
maserati bora nero (2)
さてこの車の賛否を大きく変える部分がテールランプの造形で、唯一好きかきらいかを左右する部分。
しかし市販前のボーラってテールランプが違うんですよね。
初期ベルリーナ用のだと思うんですが・・・大きさは変わんないと思うんですが主張が弱いんですよね。
テールランプの供給の具合でイメージを全部変えてしまうというのも大げさな話と思うかもしれませんが、
スポーツカーの壊れやすいイメージを少しでも改善する意味で量産パーツを奢ることが多かったそうです。
とはいえです。魅了されてしまえばそれまで。そんな細かい事気にならないということです・・・笑

そんなテールランプはギブリに付いているランプの端を斜めにカットし、
ランプの彩色をボーラ風に塗り替えたものを使っています。ランプのカタチはギブリの物の方がよく似てるので、
使ってみましたが・・・中々いい感じ。
あとマフラーもちゃんと4本取り替えて・・・汗
maserati bora nero (3)
あとは完成間近のU.S仕様とのショット。
どちらも違ったシーンを思い浮かべて楽しめますよ。

カスタムミニカー完成車両 | 2010/10/06(水) 19:15 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

matra m530 lx 19702


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。