プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
これだけでOK??
10-10-12.jpg
要修正箇所だったフロントアンダーパネルらへん。
プラ板と瞬間接着剤だけでここまで持っていきます。0.5mmを2枚、最終的な厚みは1mmに達しました。
柔らかいアールと、斜めに接着しているので1.2mmから1.5mmほどフロントが重たくなっています。

接着は瞬間接着剤を全面的に塗った後、プラ板をサッと置いて指で圧力接着します。大分硬くついているので、
その後のヤスリ加工も心配なく行えました。ヤスリは鉄やすりでプラ板の切断面を削り落とした後、
紙やすりでスムージング。これだけで大分ボディとつながりが見えます。

なんと言ってもこのオーバルシェイプに寸詰まりのフロントラインですよね。
最初は無知だったもんで、ドローゴのロングノーズを再現しているのかと思いましたが、
これでかなりオリジナルらしいラインになってきました。
10-10-12 (1)
1.2mmほど厚くなったフロントセクションだけで、こんなにボディのつながりが確認できるようになりました。
強烈なオーバルシェイプに、更に薄っぺらいフロントのお陰で、かなり誇張された表現に感じられるのが欠点でしたが、これなら許容範囲だと思います。
なんといってもこれをやっただけでかなり本気なラインになったじゃないですか。
10-10-12 (2)
この眼差しは間違いなく250LMそのものだと思うのですが、如何でしょうか。
ただしここまでやってしまうと悔やまれるのが鋳造ホイールという点ですね。
やっぱりワイヤーホイールこそこの車の個性を引き立てますよね。でもそれでも、
ワイヤーホイールで素晴らしいものが見当たらないこのサイズのミニカーでは致し方ないことなのです・・・
10-10-12 (3)
166MMは少しずつお顔と、それからリア周りの修正を行ってます。
この車は逆にフロントの厚みが気になったので少し減らしています。


10-10-12 (4)


カスタムミニカー | 2010/10/12(火) 22:36 | Trackback:(0) | Comments:(2)

これだけでOKですてか最近更新が多くて嬉しいです…
2010/10/13 水 01:50:08 | URL | Dino #-編集

どうもこんばんは。
コメントありがとうございます。

結構かっこよくなったかな?これを買ったとき、なんか似てないなぁと思った部分でした。
なんか顔が小さい感じですよね。


更新は・・がんばります笑
2010/10/13 水 18:35:17 | URL | ベルトン #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

matra m530 lx 19702


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。