プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
容量が一杯です
じつはここ最近更新が途絶えてたのも、この事が原因である。
パソコンが重い・・そうそうもともと後付で足せばいいやと、ハードディスクは小さい物を取り付けていたのだった。
そのためデフラグをするスペースが無い、じゃあどうする・・・笑
つまり写真や音楽等データががさ張りどうにも出来ない笑

ハードディスク足しました。解決!ついでにグラフィックボードも変えてもらいテストドライブも快適!
新しいパソコン買ったような感じです。
いやー参りましたね。写真を一枚取り込むのも心情厳しいものでしたから、開放感のいいこと。

10-11-25 (1)
と、紹介が遅くなってしまって非常に申し訳なかったのですが・・・実は誕生日当日荷物が届いたのです・・・!
送り主様は毎度、お世話になっているXDR2さんからでした・・・
これは!と思って無我夢中になって中身を覗き込むとシェルビーの顔が見えるじゃないですか・・・

これは光栄なことに・・・誕生日に欲しかったGT350のミニカーを頂いたのです。
それもただのGT350ではなく、Rと付くレースモデル。
シェルビーコレクションの1台です。
10-11-25 (2)
リアバンパーを削ぎ剥ぐほどに野生心あふれる一台に仕上がっているのだ。
ホイールもメッキリムが輝かしいレーシング用の奴ですね。トルク何とかとか言う・・・
このホイール大好きなのですが名前思い出せないのが悔しい笑
この時代のアメ車といえばこれですよねー。

この写真では少しわからないですが、フェンダーも叩き出しで膨らませてあるのがカッコいい。
これこそレースカーなんですね。当時はとにかくこの方法が多くつかわれます。

10-11-25 (3)
以前からGT350のミニカーは欲しかった。なんといってもレースのイメージが良いんですよね、
GT500には無い魅力の部分なのでしょうか。アメ車スケール故、家にあるミニカーと並べると少しでかいのですが、
実物もでかいからね。ボンネットの高さが結構あり迫力のあるマシンです。
ベタベタなのはそれでカッコいいですけど、この感じはこの時代のアメ車にしか無い存在感で非常にすてき。
10-11-25.jpg
427S/Cも入ってました・・・
カラーリングはレプリカみたいな感じに仕上げてあるのですが、細かく見ていくとシェルビーらしい雰囲気をかもし出した不思議な1台です。
この色を上手く説明するなら、アメリカ人の性格を挙げて言うのがいいでしょう、
他の人と同じには乗っていられず、カラーリングを自分好みに塗り替えた、という設定が決まってます笑
パールイエローのホットロッドに有り得る色合いは、雑誌に載ってそうな感じのオリジナリティがあるミニカーに纏まっています。

10-11-25 (6)
365GT/4とも並べて競争シーンもかっこいいと思うのですが、それが無いので
以前XDR2さんに譲ってもらったデイトナ・クーペを・・・
いやしかしこの組み合わせはこの上無くいい具合。
どちらもチリのあっているけど旧車らしい穴の開いた感じがいいですね。
ドアなんか薄々で、鉄板一枚を曲げて作ったような、ドアの閉まる音が聞えてきそうな様子。
10-11-25 (5)
何といっても幸せに感じるのが、僕の想像をそのまま形にしたようなこのボディとパーツの使い方でしょう。
京商のものと並べるのも・・・と思うかもしれないけど、
これが実はシェルビーコレクションのが数段上なんですよ。

何がどうに違うかって。
まず発展していった最後のモデルなわけですから、最初期の顔つきは殆ど見られないのが427の特徴になるのです。
大きく張り出したリアはたしかに大きいのですが、京商のモデルって完璧に頭から289の存在を忘れて作ってるんですよ。
あくまでも発展していってこうなったのですから、289のボディラインを忘れたら427は完成しません。
このリアの造形を良く比べてみてください・・・
この京商のリア周りをそのまま289のスムーズなリアに削った所を想像すると、
どうしてもお尻全体がアリさんみたいなデカさになってしまっていて、完全に踏み違えているのが解るというところ。289の以前にも色々モデルはありますが、こう比べると非常に解りやすい間違いなのです。

何でだか京商はコブラに熱を加えており、1/12まで作ってしまった程。
コブラはオレに任せろ!と言わんばかりのラインナップだったので思ったとおりに踏み外していたのは痛かった・・・笑
どうしてもこの部分が気に入れず、ずっとしまいっきりにしてたこのミニカーでしたが・・・

シェルビーコレクションのこの1台のお陰でまたシェルビーというキーワードが頭を駆け巡る・・・

10-11-25 (4)
どうですかこの完璧なライン・・・
上の文を見るとガラッと印象が変わるでしょう・・・これこそシェルビーに特化したメーカーの技なんでしょうね。
こっそり家でぼーっと写真を眺めてる僕とは違って本気で仕事にしているわけですから、やはりやる事が違うね笑
ましてはシェルビーの中でも最重要のコブラだから、こうなるのもうなずけるかも。

これは・・・この先も気になるメーカーですね。ジックリ見ると驚くほど情熱がこもってます。
いいものを頂けたと感じます。たぶん外国から運んでくれた物なんだと思うのですが・・・
素敵なプレゼントをありがとうございました。


アメ車系 | 2010/11/25(木) 22:30 | Trackback:(0) | Comments:(2)

ベルトンさん、こんにちは~
遅いコメントですみません。

気に入っていただけたようでよかったです(^^)
ベルトンさんの文章読んでたら、Shelby Collectiblesのコブラがますますお気に入りになっちゃいました(^^;

京商のコブラは「なんだかバランス悪いような…」とは感じてましたが、やはりちょっと変なんですかね。

ちなみに京商USA2のDaytona Coupeについては、某所の情報によると、
----------
当シリーズに関してでございますが、細かな仕様等は社外秘でございますのでご公表は出来ませんが、メーカーの認証を得て製作をさせて頂いております。

今回も同様、シェルビー社を含めまして全てのメーカーから製作許可を得ておりますので、これ以上のことは申し訳ございませんがご返答できかねますのでご了承下さいませ。
----------
ということだそうですよ(苦笑)
2010/11/29 月 11:58:33 | URL | XDR2 #WO/m/JBE編集

これは本当に嬉しいですね。
写真見た限りでは気がつけなかった程に喜びあふれる出来栄えでした。
GT350の箱具合も最高に良いです。
カラーリングも捻くれ効かせてない正当なイメージが綺麗・・・


それとは対照的に京商のがっっっかりな返答には残念ですね。
ただの商売なんですねー。
余計に見る目を失ったような・・・
逆にコンビニ担当ではなくモデルカー担当とかに言いつける事出来ないのかな?~笑
これを見てみぬ振りはマズいですね、
CM'SのS4もサイズの見直しをした辺り、素直でいいと思いましたね。
ま、いいんです。
もうギブリは発売されたことですし笑
2010/11/29 月 18:28:40 | URL | ベルトン #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

matra m530 lx 19702