プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
赤3台
10-11-27.jpg
ジュリアのスプリント2台、GTAの方は窓を取り付け。
本当はレーシーな引き戸式のサイドウィンドウがいいんですが、後からそうしようと思います。
とりあえず形にしましょう、という感じ。
隣のGTはようやくジュリエッタ用の大きいサイズのホイールに変装できました・・・
これ、撮影時はジュリエッタから拝借していたものの、ジュリエッタの完成で再度もとの状態へと戻していたんです。
このホイールやっぱり似合うなぁ。
10-11-27 (1)
サーキットで本物を見てきました。なんかこうあるんですよね、雰囲気が・・・笑
今のテクノロジーで作ったレプリカの方が圧倒的に速いでしょうが、やっぱり本物は偉大だなぁ・・・
しかもその車は当時の雰囲気を良く残した車だったので、見栄えがとても鮮やかなものでした。
このモデルは特にツヤも要らないと思うんですが、磨いたほうがいいのかな?
10-11-27 (2)
250LMもこんな様子。ライトカバーまで行きました。
ライトのえぐれ部分はボディ同色またはこのシルバーで塗られたものと種類があるのですが、
以前作ったものはボディと同じ色でしたので、シルバーで塗装しました。
が、ライトカバーをつけると境界が見えなくて精密に作った意味があまり無い・・・笑
もうすこし暗いトーンで色を乗せてくと区別が効くのかも。
それにしても手を加えていないボディはなんとも味があり、見ていていい感じです。
フェンダー裏も艶消し黒で塗ったりしたら、ボディがはっきりして良い具合になりました。
250LMらしい表情もそろそろ完成してきましたが、結構順調ですね。

250LMは275LMとも言われるらしいですが、なんか275LMの方が響きがいいなぁ笑
いや、やはり250系列で呼ぶ方が優越感があるのか?
カスタムミニカー | 2010/11/27(土) 14:27 | Trackback:(0) | Comments:(2)

こんばんは

LMのフェンダー内のブラックアウト化ってかなり効果があるもんなんですね勉強になりました
2010/11/27 土 20:22:40 | URL | Dino #-編集

やっぱりボディの質感とくると、
この頃の車、物凄い薄々ですから、こうして表現するのも似合っていたのかもしれないです。すっきりした感じが気に入りました。
2010/11/28 日 00:08:00 | URL | ベルトン #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

matra m530 lx 19702


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。