プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
自己満足を楽しむ!
10-12-7.jpg
いやー自分が楽しまないで誰が楽しむんですか、自己満足なんだからとことん楽しまないと・・・
そういうわけでどんどん進んでいきますディノ206GT。
この黄色はボンネットにアラが一箇所あるのが玉に傷!まさにそれ。。。
でもこの際許してください~
というわけで、超綺麗鏡面仕上げになってしまった黄色号。
そうそう、ザラザラの表面を磨いて整えるより最初っからとろっとした表面磨くほうが遥かに効率よくピカピカに出来るんですね。まぁ当然かもしれないけど・・・
僕はクラシックな雰囲気には間違いなくビカビカは似合わないなぁと、せめて自分が作るミニカーくらい素朴に仕上げたいところですが、こういうのもやってみると凄く楽しい・・
切が無い磨き術!いやある!下地が顔を出した瞬間だ!!!!笑
とは言え今回はバチが当たることは無く、ワックスまでしちゃいましたよ・・
塗装箇所も殆ど無いですし。
10-12-7 (2)
いやーここまで徹底したのも初めてか、磨いてる途中白い強烈な光が傷かと勘違いして泣きそうになってね!笑
はははっ!
こんな大口でいると本当に傷が付きそうだ・・・というかもう既にルーフ後端やっちゃいましたが・・・・爆
いそいそとタッチアップで誤魔化しとこう・・・汗
とは言えあれですねアレ、綺麗なボディラインは綺麗に輝いてると気分いいですね。
ビカビカ趣味も何となくうなずける。
なんかハイライトが綺麗に一本の線になっている辺り、なんかホッとします・・・
ただこういう白い光の下ならいいんですが、ゴチャゴチャしたところへ置くと凄い反射しちゃって。
普通に売っているミニカーでも、旧車の場合ツヤが綺麗過ぎるうえに、塗装も分厚く風格なんてあったものじゃないから、これ以上はやる気にならないかなぁ。

これも完成したら行っちゃうし、その方が黄色を指定してくれなかったら黄色は作ってなかったはずなので、
この色を見てやっぱりやって良かったなぁーとか思いますね。
日本人ディノ好きだし、中でも黄色好きだよね、僕にもどうやらその感性があったようです。

完成したらほぼ一生見れないから今のうち愛情を加えておきましょう~
10-12-7 (1)
オレンジも同じところまで行きました。
ガレージのなかで写真撮りましたが、プラ板を上にかぶせて照明で照らしたら綺麗な光になりました・・・
明るいので、色が少し明るめになってます。どっちの色ももう少しくらめ。
というかこれも磨くとぜんぜん雰囲気違いますね、以前の状態でずっと見ていたので、ツヤがあるとこんな違うのか・・・汗

ディノって誰もが小さい頃から知っている車で馴染みがあるはずですが、僕もその一人で、
昔々ディノのミニカーがどうしても見当たらなかったあの頃を思い出しますね。
こうして作るベースが手に入るだけでも今は非常に恵まれてるのがわかるよね。
なんか作ってるのも不思議な気分~
10-12-7 (3)
そして遂にこの隠しモデルも完成が近づきつつある!
これも作ってて楽しかったな。

カスタムミニカー | 2010/12/07(火) 02:37 | Trackback:(0) | Comments:(6)

こんばんは。
ビカビカですね~完成の画像がめちゃくちゃ楽しみです
2010/12/07 火 23:34:20 | URL | Dino #-編集

ライトとバンパーが付きそろそろ全体像が見えてきました~
黄色のピカピカって色がもともと明るいだけにあまり目立ちませんが、やっぱり良く見ると綺麗、って結構近くでも見れていい感じ・・・

オレンジの完成像はもう知ってる通りという感じなので、黄色を先に進めています。
2010/12/08 水 01:27:58 | URL | ベルトン #-編集

このアイアンの画像見て、昔ブコフで立ち読みした「ハイウェイの狼」って本の表紙を思い出しました。
あれは確か、赤いC3の左前が描かれてた様な…って試しに検索してみたら……全然違うしっ!

でもこの表紙、ベルトンさんは要検索かも。
内容はクルマにちょっと拘ったハードボイルドで、好き嫌い分かれますけどね
2010/12/08 水 22:59:11 | URL | nao #DR5k3gzs編集

返信が遅れてしまいすみませんでした。
アイアンってnaoさん好きな型ですよね。
僕もやっぱりC2とどっちが良いか悩みましたが思いいれがこっちの方が強かったです笑

ハイウェイの狼・・・調べてみましたが、赤いコルベットと思われる物を見つけました。
なんかウラッコみたいなバンパーですね笑
そういえば一度だけ、車に拘ったというか小道具にお話を展開させていたアメリカが舞台のロンサムカウボーイなんて言うの、家にあったものですから読みましたが、妙に車が出てくるだけで嵌りますね笑
本は読みなさいとよく言われつつ、あまり呼んだことが無いのですが、少しずつ読み慣らさないとなぁ。
2010/12/10 金 01:04:45 | URL | ベルトン #-編集

お、あれウラッコですか?
自分はてっきりギブリかなーと思いました。
コルベットでは無いとおもうんですけどね
でもウラッコにも見えない様な…カムシン?

せっかくなんでもう一つ
北方謙三の「傷だらけのマセラッティ」なんか如何ですか?
タイトルに惹かれて読んでみましたが、なんかコテコテでクサくて面白いですよw
出てくるのはギブリじゃなくて、四角い奴でしたが。
2010/12/10 金 05:17:18 | URL | nao #DR5k3gzs編集

あ、C3指定じゃなかったんですね笑
ギブリでは無いかもと、思います。どっちかというとカムシンはリトラとボンネットのラインは共通ですので、ライトのみを見るとウラッコのほうが近いかも。

傷だらけのマセラッティ・・・
凄い題名ですね。内容もなんとなく想像できそうですが、四角い奴とはクアトロポルテとかキャラミとかでしょうか?
なんかちょうど似合いそうですね。
2010/12/11 土 20:07:00 | URL | ベルトン #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

matra m530 lx 19702