プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
TIME UP!
ガシャーン!!
ferrari dino 206gt (1)

ferrari dino 206gt

ferrari dino 206gt (2)

ferrari dino 206gt (3)


ferrari dino 206gt (4)

花瓶が割れるような気持ち。
これ落としちゃったんですよ汗

ガーーンって感じなんですが。滅茶苦茶綺麗な色で存在感も驚くほどだったのです。
たったの2~3mmの傷。たったの。これがどうにしたって直せないのは確かなことなのにね、
何か落ちた後も磨いてるんですよ笑
ハッと気が付けば目の前には大きな黒い壁がはだかっていて

なんで落ちたか?もちろんピカピカだからだよ笑
そして磨き終わった後も磨いている、これはメタルカラーがボディにまで飛び火したため。
アルミカラーが粒子が軽く、生渇きだと他箇所に飛び散るんですよね擦ると。

でも、実はさほど気にしてないんですけど・・・色の作り方もわかったし、
ツヤの出し方もまた出来る事で、どっちかと言うと落ちたときに吹っ飛んだリアバンパーが痛い笑
見当たらない泣


当分またこの存在感を見れないのが残念ですが、この際剥がして「玉に傷」だったボンネットの部分まで総剥離してしまおうと思います。あぁまた工程が増えたw
ferrari dino 206gt (5)
彼に窓をつけることだけでも出来たら、落ちる前にクルマとしての塊感も見れて良かったんだけどね。
黄色には206の特徴であるフューエルキャップもつけてあったりと、僕としては大満足。

オレンジの方が結局先の完成か?それともこれも落下するのか??
ワックスをしておくと、滑りやすく危険ですねやっぱり。
でも利点もあるんです。ワックスをしておけば塗料の飛び散りや汚れも塗装面に密着せず、拭きおとすだけなので、
これだけは本当に何事にも変え難いありがたさなんですよね。どっちを取ろうか。



少し休め。笑
カスタムミニカー | 2010/12/16(木) 00:12 | Trackback:(0) | Comments:(2)

こんばんは

やっちゃいましたかしっかし手で持って滑るほどってよっぽどピカピカのビカビカだったんですね
でも、次は更に良いものが出来るのでは…?
2010/12/17 金 19:18:05 | URL | Dino #-編集

実は作業をやっているうちに持ち方が雑になっていたのかもしれません。要注意ですね。
結構完成目前でしたが、やればやっただけ良いものに変わりますし、もう一度全力でやるチャンスだと思います。
次はもっといい物狙います笑
2010/12/17 金 23:52:03 | URL | ベルトン #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

matra m530 lx 19702