プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
リアを作って
12-22-1 (1)
以前よりプレーンな印象。2回目だから、以前の荒削りな部分(本当に荒く削られた部分も指す)が無くなったから、見栄えも良い。このリアバンパーだって、カッターの切り落としでしかなかったのを、ちゃんと角を落として細くも形が整ったもので、サイズに見合った仕事は出来ていると思う。
まだまだ課題はいくつかありますが、それにしても違いは歴然だな。
実は色にツヤが無かっただけではありません。使う材料も変えて工夫しましたし、
接着剤は瞬間接着剤からエポキシタイプの瞬間接着剤に変えた為、仕上がりが接着剤は目立たなくて綺麗。
なるほど、いくら上手にやろうとしても接着材がムリ言ってたのか。
乾くのが速くてその分急ぎ手で作業、これじゃやっぱり仕上がりに余裕が無くなってしまうのか。
お金も無いので既にある物でしか作れないのですが・・・このエポキシの接着剤だって実は・・・引越しの手伝いで家にあったものを了承得て貰ってきたものなんですよ・・・
ミニカー集めるのだってお金掛かるけど・・・それより材料代が何もならない。1mmプラ板が買えたから、やっとフロントバンパーもプラ製に変えれた(以前は針金なんだからね!)貧乏は辛い。
それだけじゃない。少しずつ使えば1台に使うクリヤーの量も減ってしまうでしょ、こういうの作るのにはある程度材料代が掛かるものなんです。
エアブラシも平気で使ってるけど・・・高いものの筆頭ですよね。コンプレッサーも必要。
12-22-1.jpg
色々と進展を与えるのも道具次第。しかし、それを縛るのも道具次第と言った様子で、
どんなに技術的な力を持ってしても道具が不完全だと出来ないんだという事にも何回も直面しました。
今度こそ製品よりも高い品質の物を作ってみたいところです。
今回の発展は接着剤。これはホームセンターで売っている2液性の物。改めて接着剤に恐れ入りました。

でもね、これからはじめる人がいるんだったら、まず最低限の物を手にするところからはじめるのが大事ですよ。
最初っから「これがいいらしい」と思うものを根こそぎ買っても使えないと思う。
それに自分が作るものだから、人とは異なる部分は多いし、こういうのは作っているうちに自分がこういうのが有れば・・・と思って探すのが良いんじゃないかと思う。

あともう少しですが、外装が終わったら今度は見逃していた内装を。
セパレートタイプのヘッドレスト、デイトナ風ステアリング。
ハンドル作るのはもう正直しんどいですが、これはやらないと行けない・・・
カスタムミニカー | 2010/12/22(水) 23:12 | Trackback:(0) | Comments:(2)

こんばんは。

ほんと道具は大事ですよね~前に建築関係の仕事やってて営業しながら簡単な作業なら自分でやってました。先輩にも言われてましたがほんとに道具は大事でした。あるかないかで仕事が違う違う…。まぁ無ければないなりに創意工夫が生まれるのですがね
2010/12/23 木 19:40:43 | URL | Dino #-編集

どうもこんばんは。
道具は・・・手にすると、こんなに楽に出来ることだったのか・・・と唖然しますよね笑
幸いなことにルーターが家にあって、そのお陰でケガも無く何台も何台も分解することに成功しているのも確かです。手持ちのドリルでやるのは今でも気が引けますね・・・

あ、メール送らせていただきますね。
2010/12/23 木 23:57:11 | URL | ベルトン #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

matra m530 lx 19702


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。