プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
いやー写真がね
写真無しに日記書けないのは辛いね、毎日見て何も更新できないのは心が痛む笑
画像 028
いやー作ってますよー久しぶりに。こういうのは一度離れると本当に作業はかどらんですね。
ただしやはり目の使いすぎが問題も大問題、あまり熱中しないように気楽にやってますけどね。
しかしやはりギブリを作るのは良いですね。
これを作るのに削り始めからかなり時間掛けてます。変わりようから言うとそんな大した差異は生まれませんが
作る手間はあのディノ並なんです。プレーンなボディ造形はほんの少しのミスが後々幻滅しそうな程ひどくみえてきてしまう。これが特徴的かな。
とはいえ丁寧にやる、これが一番ですよね。今回は初めてですよ、こんなに紙やすり使ったの…
今まではナイフと鉄やすりで直線的に曲面を生み出した後、スムージングに使う程度でした。
よって塗装後の段差も酷いものでしたが。
これだけ細かい削り上げなら、割に綺麗に仕上がれるかな、と期待してます。
画像 027
ほんの少しした事が雰囲気に影響しますが、こういう角部分は特に要注意です。ギブリってこの部分少しブランクがあるんですね。いや、前からやってはいたんですが
これがやり過ぎると気持ち悪いし、やってないと尖っててまた印象が異なっちゃう…汗
ここより重要なのはやっぱりフロントのリトラクタブルの脇の角だよね・・・
あの部分って実際に見比べることが出来ないのでアレですけど、みんな表現が異なっているのが悩ましい。
もともと少量生産だと仕上げは手に頼る面が多いはずだし、たぶんですが皆最初っから少しずつの違いがあったのかな~?
今回のフロントもまた、今までとは違う表現で、ギブリを作ってます。
これは黒、心に黒と決めていますが最後まで心が動いてしまいそう。
黄色にグリーンメタ、ブルメタ、良い色いっぱいある中で、黒を塗るって実に難しい。でも黒のつもりで筋彫りをいつもより深く太く引いています。
そろそろ1台でもいいからミニチャンプスの1/43でもやってみたいんですよね。

そうそう今度はメラックの希望があったので、メラックも作る予定。
カスタムミニカー | 2011/01/12(水) 00:37 | Trackback:(0) | Comments:(2)

おはようございます

一度離れると中々はかどらない…全くそうですよねうちにも中途半端が何台あるんだか

メラックよろしくですm(_ _)m
2011/01/12 水 05:55:59 | URL | Dino #-編集

どうもこんばんは。
中途半端な車の台数も半端ないですが…
完成間近の奴をどうにかしたいです。最近はこの中途半端なのからどうにかしていこうと、あまり分解はしてません…
コブラとかやりたいのはいくつかありますけどね。

メラクもお待ちください~。
出荷が1年待ちとか良くやってしまうんですが早いうち完成させます…笑
ただしメラクのボディは良く出来ていて特に手を加えませんから早くできるとは思います。しばしお待ちを。
2011/01/13 木 00:46:00 | URL | ベルトン #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

matra m530 lx 19702