プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
色褪せと白足しはやっぱり違うのかな?
11-1-15.jpg
というのが、試したくなったのですが・・・黒ボーラを作るときも青か何か足しましたが、今度は堂々白を入れました。
白も二通りあって、白と、ミキシングホワイトです。2番手の方を今回使いました。
このミキシングという文字通りなんでしょうが、白よりも色づきにくい色なんです。
で早速、如何に。
まぁいいんでないかい笑
黒いエキゾチックな車は大好きですが、何かこう、真っ黒でギラつくのは実は苦手なのですが。
これくらいだとギラっとした周りに薄く白が光に反応してますので、以外に柔らかい色合いで好みかもしれません。黒ってこの程度でもピカピカになるんだぁという結果は何回か経験しましたが
やっぱり本当に綺麗に研ぎ澄まされた塗装面で無いと何かショボいのも確かだね…
指紋も目立つし、今度から白入れて黒の鮮やかさを下げてみようと。
11-1-15 (1)
中学生の頃は黒い車に赤いシートが上品だと、ずっと思ってたのですが、ここ最近はアクが強いし飽きっぽそうかなと思うようになって遠ざけてましたが、
久しぶりに赤いシートで塗ってみました。たぶん、この車では初めてです。
あわせて内装の黒部分も灰黒に塗りましたが、やはり大事なのがこの赤で、
赤を塗った後じょじょにクリヤーレッド(インクのことですけど)を混ぜていって最後はインクだけで吹きました。
これで皮っぽい、こう透明感があるような感じの独特の質感になりました。
乾いてからはそれほどでも無いけど。明日クリヤー塗れば完成でしょう。(内装は!)
カスタムミニカー | 2011/01/15(土) 23:16 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

matra m530 lx 19702


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。