プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
さぼり気味
11-1-23-1.jpg
いまテスト期間でして、少し休みました。昨日一つ大きいテストが終わったので、帰ってきて少し続きを進めました。
3度目のクリヤーです・・・本当は2度で決めようと思ってたのに、あちこちが剥げて塗装がめくれてしまい。
仕方ないのでそこら中をリタッチして修正。ボディを洗浄した後は触れないので、触れないように修正します。
リタッチの後洗うと、リタッチした部分が色落ちして意味が無いのです笑
黒ですから、やはり塗装面は綺麗目がいいですし、1回塗って磨いて、再度クリヤーしまた磨く・・・を繰り返している内梨地はほとんどみられなくなりますよ。
さらに今回の色の場合、綺麗であってくれないと効果があまりありませんので結構クリヤーは慎重です。
11-1-23-1 (1)
まぁまだグリルも付けてないし、この小さい物体が黒だと殆ど形がわからないんですよね。
とは言え、黒は1つ持っておくべきだと思います。黒だとやはりボーラがステンレスの屋根もあったりしてわかりやすいかなぁ。
ボディを磨いているうちに窓枠やドアノブ等の部分は殆どメッキに近い輝きとなります。
こういう出っ張った部分は磨いてれば自然と色が剥がれますし、そのまま磨き続ければ色を塗る工程も無く美しい仕上がりになります。ただ鉄ですから、磨いたら早いうちクリヤーコートしましょう。
ホイールはいつものホワイト・シルバーでは色的にマッチしないので、珍しくメタリック塗料で塗りました。
後のホイールはずっと前に作った黒(いまは青)の時に使ったメッキホイール。
後は仕上げに墨入れをして・・・

3回目のクリヤーですがまたエッジ部分の塗装が居なくなりそう笑
カスタムミニカー | 2011/01/23(日) 12:12 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

matra m530 lx 19702


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。