プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
GT40とミウラ
11-2-5.jpg
ニューイヤーミーティング戦利品は結構ありますが、3台も揃ってゲットしてきたこれ、GT40.
フォードGT40なんて何処のメーカーでもあるけど、最初期をモデル化したメーカーは殆ど無い、しかもこの大きさで言うならたぶん、マッチボックスのみになると思います。
レギュラーホイールの初期バージョン、そしてその後のモデル2台。
レギュラーホイールっていうだけでも古び方が全く違うのです。
マッチボックスのスーパーファストの悲しい所はジャンクになると…って所ですよね。
タイヤは2個しか残ってませんが。
11-2-5 (1)
GT40ではありますが、1964年当時の姿はどことなく貧弱で、フェラーリを打倒することはありませんでした。
それどころか特徴的な初期型のフェイスが原因によって空力性能に不利な面が強く、ルマンテストディにおいてフロントを浮かせてクラッシュします。その後の改善によってこのフロントを持つ車両はたぶん現存していません。
現代人の目からどこが空力に問題があったかは、大体想像の付くところではありますが。
こうして全く歯のたたないGT40はその頃フォードと強い関係があったシェルビーに開発を任せてMk-Ⅱとなったそうです。
初期型はなんと言ってもこの「ボラーニワイヤーホイール」。開発当初はハリブラントのマグホイールでは無くこれだったのも特徴的。ってことで早速ホイール換えましたが・・・笑
結構フォルムは良いし色塗りぐらいはやってみたいところですね。ホワイトにダークブルーのボンネット・・・
ただし、本当の最初期ってスポイラー形状のリアエンドでは無いんじゃないかな?資料不足は今も昔も変わらないようです。
11-2-5 (2)
向こう側のドアが無いドジャンクなミウラもマッチボックス社製。
わいききさんのブログで1stを見て以来中々いい形だと、思っていたのでドアが無くとも嬉しい。
色はスーパーファストの物だからゴールド。透けるルーバーからはエンジンがありません。
GT40には有るのに・・・ということで1stは必ずゲットしようと思います、ジャンクを笑
ミウラとGT40は大きく関係する2台。ミドシップの車の例としてGT40は大きく参考となったみたいです。
11-2-5 (3)
それにしてもミウラのゴールドを知らしめたミニカーといえば、このモデルであったであろうと思います。
中々いい色で、ドアが無いのは残念ですが、とりあえず飾っておくにはいいミニカーだなぁと。
とにかく、ミウラっていう車を世界中の子供達に魅力を伝えようとしてるかのような、圧倒的な存在感はあります。たぶんお陰でミウラにあこがれた少年が多かっただろうと。
この時代、1/43ではソリドもポリトイも全カウルが開閉!どこのミニカー会社も、これぞ!とばかりに競作となったようです。
当時の人間でなくともその凄さは想像できるところであります。

一応“ジャンク”コレクターですので、これは改造せず置いておきます。
ミニカー | 2011/02/05(土) 23:14 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

matra m530 lx 19702


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。