プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
クーペボディの時代
11-2-9 (1)
1948
11-2-9.jpg
1962

 という具合で、車のボディ形状も大分移り変わりの激しい時代だったようです。
14年の差があるのですが、今ではさほど変わりようは無いはずです。これが良いあれが良いの定規は無く、それぞれで良い物を決め作っていくわけですから発展の余地ある時代は車が伸びのびしていたのも頷けます。
166MMの方はとりあえずこうしていく内に完成の度合いを自分で決めるだけの段階になったので、そのうち終わります。肝心なフロントライト周りは166というよりチシタリア系の顔つきというか・・・笑
 ルッソの方はボディラインが中々上手くいきませんね。ボディ前半分は大体完成ですが、窓下の途中の峰後半の部分から先納得行きません…
リアのタイヤハウス上面あたりは改善すべきです。で、更に悩ましいのがどう見積もってもリアのオーバーハングが足らない・・汗
短い。これはバンパーをつけてもたぶん短い・・・
足せばいいとは簡単に言えた事ですが、半筒状になっている昔のフェラーリのリア周りに足すのって至難ですよね。上部分一箇所のみとかなら出来るのですが、これは1周しなくちゃいけないので、製作中にすら崩壊するような強度しか出せないのです。悩ましい。

しかし、もうひとつ大きい悩み事はホイールですよね。
ボラーニのワイヤーホイールと来たらこの車の高級感を損なわせる事なくキラリと足元を決めているわけです。
このホイールじゃちょっと表現不足・・・笑
編める物なら本気で編みたいくらいですが・・・ワイヤーを。

カスタムミニカー | 2011/02/10(木) 02:06 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

matra m530 lx 19702


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。