プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
窓の練習もかねて

11-4-12.jpg
去年から格闘してる窓ガラスの作り変えですが・・やはりまだ難しく。
1台のみ置き換えに成功したまま終わってて、自分の家には1台もまだ、窓ガラスの交換をしたモデルは無いです。
難しいんです。ホイールを新造するんじゃなければ、多分この工程が一番難易度が高いのではないでしょうか。
何しろ作るからには綺麗に出来なくてはならないのです。
接着剤の後がふちにこびりついてたり、隙間だらけだったり・・・
恐ろしい程、ていうか真面目にこれは怖いです。
11-4-12 (1)
ギブリの窓の取り付けとは違い、旧式の窓ガラスの固定法なので、250LMで練習。
窓枠の下が余白で出来ておりお陰でそこを根こそぎ接着面とすることができるので、結構強いです。
割と綺麗にできましたし、窓のアールも上手いように固定されてるみたいです。
マスキングとって見ないとわかんないんだけどねぇ

250の窓製作の理由は、窓は厚みがありますし、なにしろふるい窓形式なので色々見栄えしないんです。
普通のままではどうしても他のモデルとの間に劣りを感じると・・
それに250系のステアリングは屈指の優美なステアリングであり、それを再現するのは必須であったので
窓で見えないとか寂しいですし。
実はサイドの引き戸のみ置き換え予定でしたが真っ先に作ったのがフロントスクリーンかよ。。
11-4-12 (2)
ささいではあるけど、車高とトレッドの調節をしました。
うぉう!!美しいプロポーション!
本当に、0.2mmに満たない程度の調節と、F/Rトレッドのびみょーな関係の事あって、伸びやかで表情に似合った姿勢を保ちました。
加減を知らずつい落としまくってしまうのがオチですが、このサイズだとどこまでも小さい数字が影響しますね・・・
このボーラはかなりいい線まできてるぞ~
適度に重量感も生まれたし、後はホイールキャップのメッキカバーつけたら凄そうです。
最近ボーラも同じタイプばかり作っててSSにでもしてみようかとも思いましたが、
まだ奥は深いなーこの車も。
カスタムミニカー | 2011/04/12(火) 01:18 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

matra m530 lx 19702


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。