プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
2CV⑤
11-8-15 (1)
まあこの部分は比較的簡単な部分でもあり、ボディの面としては最も拘り易い部分でもあります。
4ライトと呼ばれる4枚窓のタイプの2CVは今となっては現存数が少なく、この部分の面を磨いてるとあぁ!AZなんだなぁ~と思います。しかも、屋根の部分に繋ぎ目も無い。これも特徴であります。
11-8-15-1.jpg
この窓の雨どいの部分もこだわりたい所ですよね。
この細かな筋とかは彫刻刀の丸刀で塗装を落としていきます。
ついでに言うと、この道具でスポットの穴を拾っていきます。
この部分、パテを盛って埋めてあり・・・汗
僕は車の、製造過程に起こるパネルのうねりやギャッピングとか、こういうスポットの穴とかには拘りたいので、全て掘り出していきました・・・

まだ横から見た部分にしか手をつけていないので窓枠が来るあたりのパテを落としきれていないので雑に見えますねぇ。今度行ったときは窓枠周りを攻めようかしら。
ば、バルクヘッドが・・・バルクヘッドの下が・・・こ・・・ここ・・・埋めちゃってあって・・・汗
11-8-15-1 (1)
まぁやりたい気持ちはやはりリアパネルに集中したくなりますが我慢。
両面が繋がったらさぞ見栄えするんでしょうが、フロアもまだまだやる事だらけであります。
素人とは言えサイドシルを先にやってから上をやってしまってイタい目にもあったので我慢でしょう
我慢。
いやぁーそれにしてもこの部分にもAZなんだなぁという気分になれる要素がありますね。
この部分56年までらしいね。
Citroen 2CV | 2011/08/15(月) 18:51 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

matra m530 lx 19702


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。