プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
166MM、250TR
11-8-28.jpg
ホイールが良い物が無く困っていた166ですが、困っている間に塗装にハゲ作っちゃったり、
グリルの部分を細工していたらもろに塗装剥いでしまったりグダグダなものとなってますが、
これに最後のワイヤーを入れてみました。んーこれもなかなか。
フロントを若干ワイドトレッドにしてるので後へ向かってのスタイルが中々凛々しい。
これも250TRとの相性が結構いいじゃないかと思うんですが、
この間にこれは大事って言える車って何だろう?あっても模型には無いわけだけど。
11-8-28 (1)
これは初期のやつ。プロトに使ったライトの修正方法を利用して市販車でもやってみる事にしました。
注文カラーはグリーン、Verde Gemma Metallizzatoと言う色です。
前にも2台この色にしましたが、やっぱりまだ満足もいかなかったしこれもいい機会だと思います。
ワイヤーホイールはボディ作るときのイメージで付けてますが色との組み合わせを考えるとやはりオリジナルのカンパでしょう。

これらの写真は海外から引っ張ってきた生産がはじまった直後の奴と思われる(のと、そう名乗っているもの)
間違い探しと思って見つけてください…笑
Maserati_Ghibli_042.jpg

Maserati_Ghibli_026.jpg

518599_255956208_Original.jpg

455300.jpg
長いこと探していると結構見つかるものです。やっぱりそれなりに現存しているんだなぁ。
どこがどう違うか!は僕も明確にわからないんだけどさぁ、
1枚目はアゴのエアスクープが無い。
2枚目はアゴのエアスクープが不自然な開き方で無理やり開けたんじゃないかと推測。
3枚目はボンネットのエアダクトが無い、4枚目もありません。
最初期の頃の車ってどれも、なんか奇妙な感じがして見てて楽しいんですよね。2CVのAタイプも、ヨーロッパのSr1も。なんなのでしょうかこの感覚は。
カスタムミニカー | 2011/08/28(日) 02:55 | Trackback:(0) | Comments:(2)
ギブリ完成が楽しみ!!
2011/08/28 日 22:02:01 | URL | えんすー少年 #-編集

どうもこんばんは。
あとどれくらいかけてしまうかわかりませんがよろしくです。
これらの中でも古いタイプにしようと思ってます。勝手ながら。笑
2011/08/29 月 23:17:24 | URL | ベルトン #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

matra m530 lx 19702


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。