プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
458スーパーイタリア
11-9-1.jpg
たまには新車だって作る時があるもんなんですねぇ。自分でもびっくりする様な車種ですが。
458イタリアです。題に書いてある”スーパー”は自分で勝手にくっつけてますが、
やはり400スーパーアメリカという車が格好良い物でして、その、あの姿を見て400”凄いアメリカ”というネームセンスにすら惚れ惚れする物があるわけです。どこが凄いアメリカだったのかわからないけど、あのスポーツカーは
何処と無くホッソリとしたフロントライトカバーが見せる表情がたまらなく好きなんですよね。
その後のえぐりライトの車より一足先なだけはあり、カタチが何処となく愛嬌があるんです。
で、そんなオマージュの意味を込めて?????お送りいたします今回の458スーパーイタリアは、珍しく新しい車にしてはフォルムとシルエットだけは綺麗だなと素直に受け入れられるスタイルだと思います。
11-9-1 (1)
だけは!と言うのにはやはりワケがありますね。何しろライト類が全体をバラバラにしちゃってるのは少し残念なポイント。細かいディテールはやはり昔の車のようには上手くいかないのでしょうか。
うすべったいフロント周りが余計にそれを惜しく見せてしまいますね。それとアピールポイントであろう、ライトの形にそって折り目を入れたボンネットとバンパーの間に出来る隙間は眉毛効果を狙ってるんでしょうが勿論いただけないポイントです。最近のフェラーリのトレンド、円柱テールランプも個人的にはどうかな。
でもそれにしてもこれは魅力がある車ですね。3台くらい見ましたがやはり全体の形が格好いいっていうのは、大事だからね。発売当初のスタイルが一番流麗な事を考えると、今このモデルを手にしておくのは正解だったと思います。

ところでこれが何で2台も同じ色に塗られてるかと言うと、
友人と模型作りして遊んでいる途中彼に注文しておいた458をゴールドに塗ってみたらたいそう気に入ってもらえたので、もう1台もはがして2台ともゴールドにしたっていう訳。
1台は既に生乾き状態で旅立ちましたが、次に会う時にはどちらも完成して並ぶ事を期待していてください。

カスタムミニカー | 2011/09/01(木) 23:15 | Trackback:(0) | Comments:(2)

こんばんは~

現行物とは珍しいですね~w
確かに自分も458のシルエットは最近の物にしては好きです。
ほんとライン類が残念ってのは全く同意です。
さてこの黄金色、どうなるか楽しみです。
2011/09/02 金 20:32:37 | URL | Dino #-編集

いやー少し気になってたんですよね。
割と出来良さそうだしと

で、手にしてみたら色塗り替えるだけで十分な感じなので、本当に色の塗り替えだけです。
好きな車であるとは言え本気で向き合う事はしない感じの笑
でも、何故かもう1台スペアボディがあるので色塗って遊ぶには良いですね。何しろああしてこうしてと頭を巡らせる必要が無く楽です。
そして458が世に出回りきる前に、イメージカラーに染まっていないうちに、色々な色を作るのは手だと思います。
2011/09/03 土 00:18:00 | URL | ベルトン #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

matra m530 lx 19702