プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
BMW M1
11-12-7-1 (1)
最近忙しくてあんまり更新してないですが、更新する時間をはぶいて作ることはしています。
275ショートですが、リアが完了しました。薄くしたバンパーはやすっちいメッキまで落として、塗装による再現ですが、そんなに悪くはないかな・・・テールランプもHアイズひっくり返して使用。
リフレクターの際限度も高いですよ。
そしてお気に入りの低空飛行マフラー…
TourAutoをみていてむしょうに作りたかったマフラー。実際、こんな低くて大丈夫!?
なにしろ、マフラーの上から向こうの景色みえますけど!っていう感じで、出発する瞬間バキ!って、擦ってるやつもいました笑
11-12-7-1 (2)
あとはナンバーと、グリルの細工のみですね。本当、かっちょいいモデル作っちまったぜ・・・
いやぁ機会があったらショートノーズまた作りたいなぁ。
11-12-7-1 (3)
ワイヤーホイール仕様のバンパーつき。
ワイヤーホイールのパターン違いに気をつけて!ショートノーズはリムに一定の本数をかぶせる形のデザインなんだけど、
ロングノーズではこっちのがいいね、リム内部に納めるタイプ。
ちなみに250LMではフロントにリムにかぶさるタイプ、後ろにはこのタイプと分けて使う場合もあったり、
その例に習い275で再現する車体も少なからずあります。
275になるともうすでに鋳造ホイールに移り変わっている時代であり、
実際モデルでもそれなんだけど、なにしろ出来が悪くて、トラックホイールみたいに不細工。
11-12-7-1 (5)
んでもって、3台目、これはバンパーレスのマグホイール仕様。
マグホイールは206コンペツィオネから。タイヤをRSRに譲ったのでこっちには14インチの太いディノのやつをつけました。
なんでいきなりこんな台数作ってるかというと、TourAutoの映像を見て惚れ惚れしてしまったから・・・
以前からフェラーリだったら275?というくらい好きだったけど、どうも出来が悪いモデルなもんでやる気がでたのははじめてだったりして・・・笑

11-12-7-1 (4)
調子のりまくりでとばっちり受けたデイトナ。
おおう、わかるかい?
ホイールベースが狂ってるのは、前後のアンダーパネル整形したから、、、、
これが!!!!!!どーんなに大事な修正なことか!この部分がばっさり切り落とされていたら、どんなにつまんない形になってしまうのか!
はっきりいって後ろは画期的なほど変貌を遂げていますし。
フロントのもっとも低い部分がサイドの下を上回っているのが気に入らないところだけど、
もうすこしリサーチが必要だね。
あと、もちろんボンネットとフェンダーの峰も不自然なくきまっているのは、デイトナを作りたくても作れないいつものウップンをここで解消してるって所。
この形でオリジナルのデイトナにしたことを想像したらデイトナではなくただのおにぎりでしょ…
コテコテのオーバーフェンダーで身を包んでもバレバレですよ~。。。
11-12-7-1 (6)
ま、それはさておき、やはりレーシングカーというのはカッコいいですね。
BMWM1のproCARは本当に美しいレーシングカーですね。この年代のレーシングカーのベストではないでしょうか。
計画がもっと熟成されていれば、もっと成績になったのに勿体無い。プロカーというワンメイクが主だったのは本当に勿体無い。もう気持ちが高まってとうとうノーマルを作るつもりがフェンダーに完全なオーバーフェンダーを・・・!
935をはじめ、512などとル・マンにも参戦しました。やはりそれらには及ばない性能であったのは事実、
ただし!この甲高いM1サウンドは一度生で聞きたいね!1本の太いマフラーは事あるごとに火を吹きまくりで、もうなんかいろいろかっこいい。
ルマン・クラシックやニュルのイベントですさまじい音を撒き散らして走っている様子をみればこうして作りたくなるのも必然といえましょう。
11-12-7-1 (7)
カラーリングはもうすでに決まっていて、CASSANIの、白と黒のやつ・・・1/18を持っているからね。
で、しかもドライバーがなんといってもH.J Stuckなとこだ。
スタックは3.5CSLやカプリなど70年代のレーサーの中でも有名な一人だ。
そして個人的にはスタックはBMWとの組み合わせが非常によいと思うし、まさか持っているミニカーがスタックだとは知らず、気がついたときは相当喜んだ。そんな最高の組み合わせのマシンが存在するんだから、それを再現しない手はないだろう。ほかにも、カラーリングでいえばいろいろあるが、迷わずそれと決める理由が存在する。

自分で作ってるミニカーをみていうのも可笑しいが、なんてかっこいいんだろう・・・
カスタムミニカー | 2011/12/07(水) 11:49 | Trackback:(0) | Comments:(3)

こんばんは。

m1、既にカッコイイ!!

>自分で作ってるミニカーをみていうのも可笑しいが、なんてかっこいいんだろう・・・
@いや、スゲー分かる。その気持ち。
2011/12/07 水 23:39:24 | URL | たーまん #-編集

どうもこんばんは。
M1、たしかミニカーが発売して、その頃からこうしてみたいとか考えはあったのですが、ようやく実現となりました…
面の識別用のマーカーが見苦しい制作風景だけど、もう良い線いっていて早くサフまでいきたいと気が早まります。


理解していただけて嬉しいです^^
やはりこういうのは自分の興味の向くままにやるのが一番ですね。
2011/12/08 木 01:20:45 | URL | ベルトン #-編集
両面ポリッシュ加工は設備がなくお引受けできませんが
ナチュラルダイヤモンドによる両面加工対応
スチールホイールと比較して軽量
燃費節約に効果あり好評
http://item.rakuten.co.jp/1147shop/c/0000000256/
2012/05/07 月 12:27:16 | URL | 恵有 #HdXTMQ3I編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

matra m530 lx 19702


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。