プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
夢みるデイトナ
12-3-19 (3)
ようやくベルリネッタもここまで行き着けました。
元スパイダーのデイトナです。あまりにも酷い出来のKyosho製デイトナの屋根から後ろ半分を、同じくKyosho製のスパイダーに被せました。
12-3-19 (2)
スパイダーをリアのタイヤハウスの半分のところで切り、同じくクーペのほうからAピラー付け根からタイヤハウスの後ろ半分までを組み合わせるという荒技ですばらしいルックスのデイトナが組みあがりました。
見てのとおり言わなければわからない程ソツなくくっつきました。
12-3-19 (4)
欲をかくならば勿論初期型のフロントで仕上げたいところですが、欲をかかず後期型で組むことでまず達成しなければならない目標へ向けてみました。
ただし後期型もアメリカ仕様なんかにしてみれば、これがまた良い味を出してしまうのではと、あえて赤でも黄色でもない変な色を選択。変といいつつ一番の好物はゴールド/ブラウン系ですね。
12-3-19 (5)
そもそも切ったところで美しくないリア周りも、しっかり手入れをして見れる様に手を加えてます。
アンダーパネルをしっかりと整えて製作してやれば、ここまでデイトナらしいスタイルに復元できます。
12-3-19-1 (1)
なんといっても自分としては待望の365のベルリネッタ。
綺麗に繋がってても不安なので製作中壊れないか心配です。
12-3-19-1 (2)
こんな感じでスムージングを行い
12-3-19-1 (3)
アンダーパネルはプラ板の0.5を一枚でここまでもって行きます。
さすがに繋ぎ目にはパテを使います。
本来は4本出しのマフラー部分はえぐれていますが今回はのっぺらに作って省略。
横だしのレーシングカーとは違い隠れるのでそこまで作りこまなくてもいいかなと。
12-3-19 (1)
最低なオリジナルと比べ、ここまで曲線に富んだ豊かなラインになりました。
毎回散々こけ落としてますがいつ見ても嫌いなミニカーです。
さて。喜んでる場合ではなく・・・窓ガラスの取り付けに頭をひねらせてます。
カスタムミニカー | 2012/03/19(月) 19:15 | Trackback:(0) | Comments:(4)

こんにちは~

すごいですね~デフォルトかと思いましたよ!
どうやって繋ぐんですか!?
2012/03/20 火 13:04:28 | URL | Dino #-編集
これはすごいね!!
カックイイよ!!

ワイヤーホイールでいくの??
2012/03/20 火 18:40:19 | URL | えんすー少年 #-編集

先に述べておくと残念なことにまたしても計画失敗でした。
Aピラーがもちません。

ただし、今回かなりいい線いっていました。
まず、次回やるなら窓パーツの取り付けをしっかり確認してからやることにします。
つなぎ方としては紙を補強材として瞬間接着剤でつないだだけです。だいぶもちはいいと思いました。
もう一度やるべきだと思います。
2012/03/21 水 22:12:16 | URL | ベルトン #-編集

かっこいいですか!
結局失敗だったけど、
次こそは…

ワイヤーでいくつもりだったんだけど、スピナーの形状がどうみても時代があっておらず格好悪いですよね。
でもワイヤーホイールだとミニカー的にかなり個性が強いね。
2012/03/21 水 22:14:29 | URL | ベルトン #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

matra m530 lx 19702