プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Maserati Mistral
12-5-31 (15)
今回のイベントでのナンバー1はマセラティ・ミストラルでした。
日本では珍しい車種ですが、マセラティのトラディショナルGTっていうのもポイント。
年式としては後期型のギブリと並行して販売していた頃のものだと思いますが、
鮮やかなブルーメタリックということもあって、そのキャラクターに大きく変化を与えていて素直に格好良かったなと思いました。
12-5-31 (14)
6時に起きてエントリーリストを見るなりBMW507と、超レア車種に目が眩みましたが、
やはり僕にはイタリアンGTがどつぼでした。
神奈川を7時に出発して八王子経由で軽井沢へ向かい、結局ゴールしか見れませんでしたが・・・

フルア製のスポーティなハッチバックスタイルなんですが、特徴的な部分が多いですね。
正面から見たときいつもニコニコのスマイル姿に目が行ってしまいましたが、
実物をみるとそれより若干高めのルーフに大きく湾曲されたピラーが美しかった…
12-5-31 (16)
エアベントが開いていました。どうやらカブリオレには無いみたいなので、室内に送り込むのかな?
なかなか開いてる姿も貴重なので今後の資料としてもグッド。
12-5-31 (17)
インテリアの細かい造形に品があるのがさすがマセラティですねぇ・・・

しかし、シートに目をやるのを忘れていました・・・
不覚。メキシコやインディはリアシートが特に美しいし、ギブリのヘッドレストの無いシンプルなシートは外から見ても格好いいのに。
12-5-31 (20)
Etypeと2ショット。60年代の変わった組み合わせでなかなか良い感じじゃないですか。
テールランプは後期型なのでだいぶ表情が違いますね。
初期型の細長テールの、ジョルジョの石膏像みたいな厳つい顔つきに見慣れてるとこのおしとやかなランプに和まされますね。
12-5-31 (1)

12-5-31 (2)

12-5-31 (3)

12-5-31 (4)

12-5-31 (5)

12-5-31 (6)
ゴール手前でのショット。6気筒の低いサウンドとともに走ってきます。
こうしてみると、ギブリに通ずるラインがあるなと思ってたけど、斜め後から見るとカムシンのルーツらしき部分も見受けられますね。
イタリア車系 | 2012/05/31(木) 22:30 | Trackback:(0) | Comments:(6)
でもやっぱりスパイダー??カブリオレ??
の方がカックイイかなあ!!

自分はクーペ派なんだけど、ミストラルの屋根なしにはやられたね!!
2012/05/31 木 22:45:01 | URL | えんすー少年 #-編集

屋根無し+ハードトップがやばそう・・・
ギブリもそうだけど、まるっきり違う方向のフォルムになっててみるとビックリするほど格好良い…

スパイダーも見てみたいなぁ。
2012/05/31 木 23:39:23 | URL | ベルトン #-編集

ミストラルのボディー内部の詳細は、今ウチの外注先の鈑金屋さんに入庫中です。
外装総剥離していますので、普段見ることの出来ないところをじっくり観察できます(^^)
2012/06/01 金 06:08:31 | URL | SACHIO #-編集
元来インジェクションですが、わざわざキャブレーターに換装するキットもあるようで、悩みはつきません・・ どのビンテージも例外なく、カブリオレよりもクーペが美しいと思いますが、mistralは例外の一台だと思います。
2012/06/01 金 20:45:12 | URL | GTA #-編集

SACHIOさんどうもこんばんは。
ミストラルのレストア風景は画像では時折みるけど、実物ともなれば沢山発見がありそうですね。
ずいぶん前の話になってしまいますが、カーグラフィックありがとうございました。
じっくり読んで記事にしようと思います。
2012/06/02 土 01:07:00 | URL | ベルトン #-編集

たしかに3500の途中からGTiとなってインジェクションですね。キャブモデルって本来無いんですよね?キャブキットは賛成な感じもしますが、早々インジェクションを導入したドイツ車にしても、キャブに換えてしまうケースが多いそうなので、そのまま残してあるのもずいぶんと尊重されそうです。

まだスパイダーモデルを見たことが無いので評価し難い部分ですが、ミストラルのスパイダーはそのまま通用しますよね。もともとルーフがあった車をそうとは思わせない程にそつ無く作り上げるのはバランスやボリューム感を整えて仕上げるのは難しいはずです。
クーペからスパイダーへと、見る順序としては間違っていないのでこれからのイベントで見れるか期待です。
2012/06/02 土 01:21:56 | URL | ベルトン #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

matra m530 lx 19702