プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
目に見える修正?
12-6-10-1 (1)
エスパーダ…苦戦中ですがなんとか様になってきたような・・・
主にサイドシルだけど、今日はバンパーをトライしました。
横からみた写真をみると、どうもバンパーが出っ張りすぎというか、オーバーサイズというか。
形をそのままに、若干シャープにしつつ少しずつ引っ込む感じに削りおとしていきました。
顔つきはだいたい想像つくようになってきたかな。
12-6-10-1 (2)
他にもいじっているのでどうにも揃わないけど、バンパーだけ見てもらえばそのサイズは一目瞭然だと思います。
色を塗ってないのでまだ想像でしかありませんが、こんなもんだよな。
あと何より製品の気に入らない点はエッジの部分を走るパーティングライン!
これが面の変わり目で出っ張ってきてしまっていて全体にやせこけたようなイメージに感じませんか…
製品としてはここを走らせるのは妥当だし、こうにでもしないとピシッとしたエッジが出ないのもなんとなく想像はつきますが、個人の製作ともなれば一目散にやっつけるべきですね。
12-6-10-1 (3)
ついでだからサイドシルの角度。
実物の写真、特に白い固体を眺めるなりこれ以上と想像します。
12-6-10-2.jpg
12-6-10-1 (4)
下が製作中。製品版の無表情なサイドの面ときたらイラっときますよね!笑
なにしろダイカストが薄くとても悩ましい作業です。実際角度をつけたことで底辺はどんどん磨り減って短くなっています。
もちろんこれではとても実車のディテールを再現したとは言えないので、プラ板でつなげていきます。
もしくはこの部分を削るところまで削って新規に付けたし、の方が簡単だとも考えてます。
まぁこれがサイドシルだから良かったものの、ピラーだったら素人には修正不可能だった訳で、良かったなぁと思ったりして…

デイトナ(未完成)、365GT2+2などで比較的この作業には慣れています。

12-6-10-1 (5)
なんかクリヤーにやられて塗装が割れてきてしまったので、気に入らない点も含めて修正中。
この上からまた黒塗ります。でも、もう少し紺寄りの色がいいかなぁ。
それより左がオリジナルの状態。
これは違いが明らかでしょう。kenzo君にオリジナルを頂きました。ありがとう。
今となっては手に入らないルッソ。ゆくゆくは右の姿にしてやろうと思ってますが…

車体が真っ黒なので見づらいと思うけど、このフォルムの違いをみてください・・・
貧相なサイドの面が全体的に骨ばったイメージをつくってます。
バンパーもそれを際立てているという・・・

いっそうバンパーを削ってボディの面出しに専念したのは正解でした。
バンパーはあとから付け足していったほうが満足のいくモデルが出来上がるでしょう。
狂った位置についたバンパーを可愛がって残しておいても仕方ないです。
12-6-10-1 (6)
雨滴状にふくらましたサイド面は真上からみると納得がいくボリューム感を作っています。
こうしてルッソのふくよかなラインが生まれるのだと思います。

12-6-10-1 (7)
で、こうなるわけ。
テールエンドも1mm以上は付け足してるんだけど、もう少し長くても良かったか?
一応、バンパーを付けた姿をみるなりスマートすぎる印象があるので、次回、もし2台目があれば克服したいですね。
ルッソの完成は楽しみですが中々たどり着かないなぁ…笑
カスタムミニカー | 2012/06/10(日) 23:55 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

matra m530 lx 19702


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。