プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
エスパーダ
12-6-16 (1)
サイドシルをプラ板に変えるところからパテでエッジを立て、本塗装まで今日ですべてやっちゃいました。
おかげで真夜中の塗装作業となりましたが。
12-6-16.jpg
色はグリーンメタリック、いわゆる黄緑のような鮮やかなメタリックにしたいと思っていたのですが、
初期型でほんの少数見られるこのゴールドに緑を入れたような淡い色に興味が持っていかれてしまい、結局当初の考えとは違う色で完成を目指すことに。
他にも、本当に地味目でどうでもいい感じのブラウンメタリックが非常に落ち着いていて雰囲気がよく、そっちも悩みました。
まぁ1台目です。この感じで何台か作りたいところ。
12-6-16 (3)
サイドシルは元々の部分を大げさに斜めに削り上げて、のりしろとして活躍してもらいます。
そこに0.5mmのプラ板を瞬間接着剤でくっつけて、面と合うように極限まで薄く削ります。
プラ板なので、もともとの金属よりもはるかにピシッと仕上がり美しいラインが出せました。
両方のオーバーハングまで走るプレスラインが違和感なく流れているでしょう?
12-6-16 (2)
オリジナルと比べると同じ車幅でも、ワイド感に違いがあります。
ワイドどころか薄べったく、姿勢も安定しましたね。表情も見えてきたし形は順調。
ただ、色としてはエスパーダの中でも少ないカラーリングを選んでしまったことが完成まで雰囲気が不透明で心配。
12-6-16 (4)
エスパーダ、美しい車です。60年代、なるほど未来の車はこういうのだよね、っていうとっぴよしの無いデザイン。実際は定かではありませんが4人が余裕を持って乗れる空間を最優先に考えた上で、今までにない全く新しいフォルムが生まれている所が機能美的で納得できる形だと思います。
4人乗ろうとも、スポーツカーとしての意識も殆ど消えていないし、どのシーンに合わせてみても似合う車なんじゃないでしょうか。
はやくデティール編に行きたいです。
久々に大幅なリメイクです。
カスタムミニカー | 2012/06/16(土) 00:31 | Trackback:(0) | Comments:(2)
か・な・りカックイイ!!
2012/06/16 土 20:57:18 | URL | えんすー少年 #-編集

カッコいいでしょう!
ただ、まだやっぱり色もまだ悩みますし、あらゆる箇所に修正したいポイントがあります…
2012/06/17 日 00:52:25 | URL | ベルトン #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

matra m530 lx 19702


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。