プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
'49Merc
12-7-15.jpg
前々から欲しかったマーキュリーカスタム。
もちろんカスタムベースとして欲しかったのです…やはりこの手の車は自分の好みに仕上げていくものですから、
数種類カラーバリエーションがあっても自分好みの物は自分の想像の中にしか無い物だと思います。
以前買った、黄緑のマーキュリーはそのカラーリングが非常に格好よくて自分の好みの範囲以外の良さを知った結果でありましたが、今回手に入れたこれは黄色いまろやかで鮮やかな塗装以外、あまり見どころが無いのかなぁ…
12-7-15 (1)
とは言えカスタムベース。手ごろな値段の物で手に入る物が欲しかったので丁度よかったです。
それでも1000円ちょっとオーバーするのは、カスタムも金に物いわせて、といった感じで、こういうのあまり好きじゃないけど…
まぁこの精密感、色を塗り替えるだけで十分な雰囲気を漂わせている感じ。たまりません。尻の伸ばした辺りが特徴ですけど、僕はオリジナルの丸尻のがいいかな。
と思ったら!M2マシーンからチョップトップしたマーク出てんのね。こっちも欲しいかも…笑

というわけで、好みに仕上げます。黄金のファイヤーパターン、火の玉仕上げが理想だけど、製品であるんで
黒か白、モノトーンの単色で塗ろうと思ってます。あっさり。

12-7-15 (3)
ブログイメージ的にはこっちの方が主役な感じしますがね。ホットウィールってこういうのも作るようになったんだねぇ。トライアンフも大分気になってたけどいつでも買えそうなので買ってないんです。
ドレもこの手のシリーズは素晴らしい!そして今回の914-6!
車種的にもおお!っといった感じなんだけど、その仕上げ!
アメリカ風のレーサーに仕立てた、他には無いモデルのスタイルが特徴的か。
ウィンドウシールドをかろうじて残しておいた為にそれほどUSルックでないんだけど、リアのタルガトップをばっさり切り落として仰々しいロールバーをぶち込むこの具合はまさしくアメリカでしかできない特別なスタイル。
ピラーのみ残して屋根を切り落とす手法が914に存在するかは初めて見たのでわからないけど、格好良いです。
どうでもいい感じのフロントスポイラ―、ラダー付きのリアスポイラ―も良い感じ。
914の製品としてかろうじて原型を留めておいてやった、と言った感じだけど十分にオリジナリティーがあります。
12-7-15 (2)
914と言えばカスタムパーツで沢山の種類があった車種です。フェンダーの形だけとっても種類が豊富だし、
フラットノーズ等の大きくフォルムを変えてしまうパーツもありますね。これらの多くは現在殆ど現存してないようですが、これがまた、レースにも出てたりして面白いですねぇ。70年代後半には914も935さながらのスタイルですさまじい事になってました。

モデルとしては80年代のミニカーをオマージュした作りで、透明パーツ一体のバンパープロテクターがいい表情を生んでいますね。カラーリングもなかなか渋くて好きです。
モデルの題材としては当時のレーサーというよりは、時々アメリカのヒストリックカーレースに参戦しているような、近年のスタイルといったイメージが強いですね。

とにかく、この手のミニカーはホットウィールにしか出せない味があるので、今後どんどんこういうの追及してほしいですがねぇ。


カスタムミニカー | 2012/07/15(日) 01:25 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

matra m530 lx 19702


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。