プロフィール

 ベルトン

  • Author: ベルトン


  • FIDERAL MORK

    1956年の2CV AZ(ボディ)をレストア中!
    興味ある人はみにきてね!


    picasa
    ギャラリー
    今までの日記の中の写真を大きい写真でみれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
イベントはしご・ランチア フラミニア編
12-10-21-1 (20)
よい車を多く見るために苦労を惜しんではいけません。
なので、ラ・フェスタ ミレ・ミリアと、大磯のランチアのイベントを2件回りました。
朝は9時からランチアイベントへ行き、午後の2時ごろからは箱根を登りラ・フェスタの車たちを待ち伏せ。
流石に大変でしたが…(それを更に遠くのえんすー君はもっと大変だったでしょう…)
車2台3人で行ってきました。

先に今日のこのイベントのマイ・ベストを載せてみます。
12-10-21-1 (25)
中でも気に入ったのはやっぱり行く前から見て見たいと思ってたこの時代の車たちでしょうか。
フラミニアはピニンファリーナのモデルとザガートの2種類。
スポルト・ザガートは何とシリーズ2とシリーズ3の2台がいました。更にラ・フェスタのほうではシリーズ1まで見れたので、すべてのボディタイプが一日で見れました…笑
12-10-21-1 (32)
美しい後姿はその目的によって全く異なるんだけど、どちらも素敵だった。
ピニンファリーナのクーペは日本じゃかなり珍しいはずだから、いい機会だったなぁ。
いたるところに品の良さが伺えて、見ていて飽きないのはやはりランチアの特徴なんだろうね。
12-10-21-1 (40)

12-10-21-1 (35)

12-10-21-1 (24)

12-10-21-1 (59)
セダンタイプのクーペでとてもおとなしいスタイル。
同じシャーシでスポルトやカブリオレ、クーペなどメーカー同士競争させちゃうんだからランチアってなんて贅沢なんでしょう…
ピニンファリーナのクーペのハイライトはやっぱりウィンドウの枠がそのまま後のフィンにむかって流れていく部分ですよね。たいへんモダンなアイディア。当時の人の考えが描かれたように伝わってきますね。
厳格な姿をしっかりとつかんだ上に独特の個性を丁寧に作っている感じは流石ピニンファリーナっていう奴です。

12-10-21-1 (55)

12-10-21-1 (53)

12-10-21-1 (38)

12-10-21-1 (37)
スポルト・ザガート。最後のコーダ・トロンカのモデル。SuperSportです。丸いお尻も後期になるとザガートの先進的なデザインはこの車にも取り入れられたんですね。
で、今まで写真で見ていたときはどうにも気になって仕方なくて、わざわざ手を加えなくても…って思っていましたが…!なんという格好よさ!素直に気に入っちゃいました。いやむしろ感動しちゃったよ!このイベントでのマイ・ベストはこれです。
フロントフェイスもすべて異なりますが、このお茶目な表情はやられた。


12-10-21-1 (28)

12-10-21-1 (101)
この車、大きさもこの時代の車にしては結構大きく、それ故にとてもいいたたずまいなんですよ…
後姿に限っては若干上に向けて絞ってコーダトロンカにするという、極限に難しい、というか考えもしない方向に面が向かっていて、それが斬新で凄いよかった…しかもこの形にする為にリアウィンドウまで違った!どんだけ凝ってるんだ!
もうビックリしちゃってしばらく目の前を歩けば張り付いて写真撮ってました。


12-10-21-1 (63)

12-10-21-1 (30)

12-10-21-1 (29)

12-10-21-1 (49)
こんなクーペのルーフラインにもぐり込んで、シートに乗り込んで走ったら最高の気分なんだろうなぁ~
なんて、久しぶりに想像に華咲かせる車を見ました。やーやっぱり、僕はイタリアのグランドツーリングカーがすきなんだな。
しかも車はやっぱり実際に見てみなければわからない、を実感させられました。

エンジンはV6、ヤーノが設計したアウレリア用のV6が世界初なんだってね。
そう考えてみると、もうクラクラしちゃうよねぇ。

シリーズ2の写真も撮ってきたんだけど、それはまた明日もう一度ラ・フェスタの方に行ってシリーズ1ももう一度写真撮って来たいのでその後にしようと思います。
車・イベント | 2012/10/22(月) 01:22 | Trackback:(0) | Comments:(2)
このピニンファリナのクーペ好きです。自分の好きな色に塗ってさりげなく運転できれば最高です。ショーカーのフロリダなら文句ないですが、このクーペで我慢します??? ボディラインも素敵ですが、このフェイスもいいですね。フェラーリ250GT-Eといい、このタイプのマスクが好みです。
ザガートも一度この目で見てみたいです。
2012/10/22 月 22:41:24 | URL | GTA #-編集

どうもこんばんは。このクーペはおしゃれですね。
紳士なイメージが見ていて心を和ませます。
今回は湘南の青い景色に白が似合っていましたが、黒とかグレーのモノクロもよさそうだし、メタリックの淡いカラーリングもよく似合いそうです。
フロリダってプロトタイプだから1~2台かと思ってたら結構種類ありますね。ランチア特有の観音開きのピラーレスが美しいです。それを思うとこのフラミニアのベルリーヌが通常のドアに変わってしまっているのは残念…

250GTEもフロントがいいんですよね~。かえってこの手のクーペは埋め込まれたランプじゃない方のがいいのかも。 僕はPFクーペがいいなぁと思います。飾り気が無くて主張が少ないのに目を引く形が気になるので見てみたいです。

ザガートは他2種はバンパーレスだったので、本来のスタイルでの評価が出来ませんでしたが、
それを差し置いてもこのSuperSportはいい形でした。
2012/10/23 火 02:32:55 | URL | ベルトン #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

matra m530 lx 19702


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。